南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

削沢の滝 (さくざのたき)

                                           栗原市の滝

 宮城県栗原市にある花山湖から国道398号線を秋田県境に向かっておよそ20km登って行くと、仙台藩花山御番所跡に到着します。
 そこから右折すると、かつてランプの宿として名をはせた湯ノ倉温泉に至る道があります。
 その道は花山三大瀑布といわれた大地滝・白糸ノ滝・削沢の滝へ通じる道でもありました。

 2008年6月、岩手宮城内陸地震により、この道は崩壊し、発生した自然ダムによって湯ノ倉温泉も水没。
 以来、今日までまったく手がつけられないまま放置されてきたのです。
 温泉がなくなったことにより、一帯には誰も住む人がおらず、おそらく道路を復旧することはもうないだろうと思います。
 
 そうなると我々の関心事は、残された三大瀑布がどうなってしまったのか、ということです。
 そのままの姿で残っているのか、はたまた跡形もなく完全崩壊を起こしてしまったのか、あれこれwebを探っても現在の状況がどうなっているのかさっぱり分かりません。

 行こうと思っても、南三陸からでは距離があり過ぎるし、崩壊地を乗り越えながら進むのでは大地滝と白糸ノ滝へはたどり着けない恐れもありました。苦難の行軍が想像できます。
 しかしかつては幻の滝といわれた削沢の滝までなら国道から近いし何とかなるんじゃないの、行けるだけ行ってみようかということで連休を利用して現地までやってまいりました。
 以前にも何度か来たことがあったので、道中何の迷いもなく到着。

 現地に到着してみて、現実は考えたほど甘くはありませんでしたね。
 削沢へ行くにはどうしても一迫川を渡らなければならないのですが、橋は崩壊したまま。
 渡河しようにも水量はハンパでなく、まさしく激流。もう絶対無理です。下から登る計画は早くもとん挫してしまいました。

 下からだめなら上があるさと、今度は国道から回り込み、滝の上部へ。

DSC05650.jpg

 「あったあ!!!」
 しかし、ここをどうやって降りるというのか?
 「ギョエエエエエ!!無理・無理、ぜってえ無理だってば!」
 あまりの急斜面。スラブ状になってベロベロな岩壁で手掛かりになるようなものがありません。
 高さがあり過ぎて一歩踏み外したら確実にあの世行きです。
 滝の両壁は激しく崩壊して、下に巨岩が積み重なっています。
 
 「こりゃあ無理だな。俺達のレベルじゃ危険過ぎる。」と早々に断念することにしました。
 「でもよ、せっかく来て、滝まで見つかったんだぜ。それをおめおめと引き返すのも何だかなあ。」と気仙沼隊員。
 「探したらどっかに何とかなりそうなルートがあるんじゃねーの?」と釣り師。
 「あろうがなかろうが、あんたらにはどうにかなっても、俺にはたぶん無理だ。」とニーハオ。
 「んじゃ、俺が行くから黙って見てろ。」と気仙沼隊員。
 「そういうなら、俺も。」と釣り師。
 「え~っ?じゃ俺も行くかあ。死んだら後を頼むな。」とニーハオ。
 「しょうがねえなあ、そんじゃ俺も。」としぶしぶながら小隊長。
 「どーぞ、どーぞ!」と他の3人。

 冗談はともかく、いったんバイクまで戻り、ヘルメットや登攀用具をかかえて崖の上に立ちました。
 なるだけ樹木が生えていてブッシュの多そうな斜面を選び、連結した80mのザイルを投げて降下開始。
 ハーネスで支えられているので安全は確保していますが、こんなシチュエーションはほとんどないので恐怖感で身体がガチガチでした。
 ほかの3名から比べれば、小隊長ははるかに重い分ザイルへの不安もあります。
 降下するのはいいとして、登るのはどうすんべとチラッと頭によぎりました。

 われらウスラバカ軍団と違って、常識ある皆様にはけっしてこんな真似をしていただきたくないです。
 正真正銘非常に危険なロケーションですから。ミスったら死にますって。
 良い子のみんなも絶対マネしないでね。おじさんたちはスペシャル・アホ集団なんですよ。

DSC05645.jpg

 滝下に降り立った滝見隊各隊員。恐怖感覚めやらぬ小隊長。
 ニーハオも青息吐息。無事に降下できたことが信じられない様子。
 先に降りた2人はなんてことないとニタラニタラ笑っておりました。
 
 遂に震災後初めての削沢の滝を目の当たりにすることができました。
 岩手宮城内陸地震以降では初UPではないでしょうか。

DSC05627.jpg

DSC05635.jpg

DSC05638.jpg

 実測35mの大滝です。すごい。
 しかし周囲の荒廃ぶりもまたすごかった。
 webで見ていた秘境の滝、あの美しい滝の姿はどこにもありません。
 鬱蒼とした森に包まれていた光景はなく、ただ殺伐として無残な姿をさらしているだけでした。
 大崩壊から丸5年、この滝が再び緑に覆われるには、あと何年必要なのでしょうか。

                       
                        削沢(さくざ)の滝   削沢→一迫川→迫川→北上川




  1. 2013/05/05(日) 23:15:47|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

宮城県北の滝

                                           栗原市の滝

 どういうわけか、内陸の滝を訪れると、そのほとんどで水質が悪く、落胆することもしばしば。
 たまたま我々が行く滝だけそうで、他は皆きれいなのでしょうか?
 上流に何か人工物があるわけでもないのに、言うに言えないようなひどい色をしている流れもちらほら。
 これではどんなに景観の良い滝でもだいなしです。
 くつろげないし、長く居ようとは思いません。

 今回訪れた栗原市の滝もそうでした。
 2か所ばかり回りましたが、どちらも水源がため池。
 だから水質に関してはじめからまったく期待していませんでした。
 しかも、それ以上の落胆が待っていようとは・・・。

 まずは、綱木川の滝。
 あと1.5キロほど北上すれば岩手県という、県境近くの川です。
 地図にも滝マークが載っているので、水質はともかく、ちょっとは期待を持ってでかけました。
 川とやや離れた林道からはその姿がまったく見えません。
 滝の音を聞き分けられる気仙沼隊員に先導してもらいましたが、いくら進んでも「わがんねなあ」と首を傾げるばかり。
 もうどうしようもない。炎天下のクソ暑い中、脂汗をたらしながらヤブコギをして川に降りました。
 そしてようやく発見しました。気仙沼隊員が分からなかったはずです。

P7280003.jpg

 これが山子下の滝です。

 滝を構成する岩盤はわずかに湿っているだけで、一滴の水も流れてないじゃないですか。
 滝壷には淀んだ水が溜ったままです。
 「ボウフラ湧いてんじゃねえの?」とは釣り師隊員。
 水源となっているため池が渇水状態なのかもしれませんね。

 印象度  
                             綱木川⇒鳥沢川⇒三迫川⇒迫川⇒旧北上川


 綱木川から5キロ程移動して、今度は不動堂という地区にある新山神社にやって来ました。
 神社横から背後の山を回り込むように小道があり、辿って行くと10分もかからずに崖下に滝が見えてきました。「新山神社の滝」です。
 かつては整備されていたようですが、現在は展望台の床が腐り落ち、滝元までの道も藪に覆われてしまっています。

 滝そのものだけを評価するなら、とてもいい滝です。
 急傾斜の段瀑です。
 滝下からは全体を眺めることはできませんが、見える範囲内だけでも落差があってカッコイイと思います。
 しかし、ここでも水質の悪さが致命的。
 滝壷の淵には、なんでそうなるのか茶褐色のあぶくが堆積し、波にユラユラ揺れているのでした。

DSC03212.jpg
 上段を滝の中ほどから撮影。

DSC03213.jpg
 下段の滝。
 上段・下段といっても連続しており、どこからどこまでと分けられません。

DSC03219.jpg
 滝壷を挟んで下流から見た滝。上段の滝は岩に邪魔され見ることができません。

 水質さえ良ければ、と悔やまれてならない滝です。
 他の点では欠点らしいものが見つからないほど優れた滝なのに、長く留まりたくないとははなはだ残念。

  印象度は      水質除外すれば  ×3以上なんですけどね。

                                鳥沢川⇒三迫川⇒迫川⇒北上川



  1. 2012/07/30(月) 21:26:51|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

音無しの滝

                                           栗原市の滝


 国道398号線、宮城と秋田の県境にある花山峠。
 そこから2kmほど宮城県側に入ったところに、道路をくぐって横断する名のない沢があります。
 その無名沢にこれまた名のない滝があります。
 地図にはマークされているくらいなので、けっこう大きな滝です。

 この滝はとても変わっています。
 滝音がしないのです。
 もちろんよく聞けばそれなりの音がしているのですが、規模から考えると驚くような静かさです。

P5310037.jpg
 この画像、滝の上から下を撮ったように見えますが、ちゃんと滝下の正面から撮っています。

 水量はそこそこあるのに、なぜ音がしないのでしょうか。 
 どうやら、滝の角度と形態、そして水量が音が出ないような絶妙なバランスで成り立っているようなのです。
 大まかに言えば、滝は2段構造。
 上は傾斜のある2条の流れ。こちらはまあ普通の流れ。
 下段はずっと傾斜が緩やかになり、岩盤全体に流れが広がります。
 まるで天然のウォータースライダーのよう。
 岩盤には突起した部分がまったくなく、ベロベロした岩肌で手掛かりがありません。
 水は岩盤をなめるように、ほとんど無音のまま流れて行きます。
 下段には藻がびっしりと生えているため、ぬらぬらしてちょっとでも引っかかりを失うと滝下まで滑って行きそうです。
 事実、隊員の一人は、よつんばいの恰好のまま滝壷まで流されてしまいました。

P5310039.jpg

 夏になったら滑り台のようにして遊べるかもしれませんが、欠点は水質がよくないことです。
 上流になにかあるわけでもないのに、内陸の滝はどうしてこんなに水質が悪いのでしょうかね。

 印象度                              無名沢⇒一迫川⇒迫川⇒旧北上川




 
  1. 2012/06/09(土) 21:01:54|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

湯浜温泉の上滝・下滝

                                           栗原市の滝

 一迫川上流部に白糸ノ滝、大地滝、そして地図にも載っていない削沢(さくざ)大滝、というものごっつい三大滝が流れています。
 今回その三大滝を見に行くつもりでした。
 岩手宮城内陸地震以来、この辺りの状況がどうなっているのかさっぱり分からず、ええい、なるようになるさと現状把握もしないまま強行突撃。
 案の定、入口入ってすぐに道路は崩壊。山全体が崩れています。これではバイクどころか徒歩でも進めません。見たかった滝で、とても残念ですけど、これではどうにもならずUターン。
 こうなることはある程度予想していたので、急遽予定変更してほかの滝を見に行くことにしました。

 栗駒山中に秘湯といわれる温泉がいくつかありますが、その中に湯浜温泉があります。
 車やバイクでは行けず、歩いて行くしかない一軒宿。
 その前を流れる母沢には、宿の上流と下流に大きな滝が流れています。
 国道398号線の空き地にバイクを停め、トコトコと崖を下って行くと、温泉地でなじんだ硫黄の匂いが鼻をつき始めます。
 ほどなく川に突き当たると、そこが上滝でした。

DSC02676.jpg

P5310049.jpg

 でかい。遠野の白滝の倍くらいの規模があります。
 水量も多く、迫力を感じさせます。
 川岸からは蒸気が上がり、温泉が川に流れ込んでいます。匂いの元はこれだったんですね。
 川底を見ると、あちこち乳白色に変色している場所があります。そこからも温泉が湧いているようでした。こんな光景は見たことがないです。

 印象度  

 さらに川沿いの道を下って行くと温泉宿に到着。
 泊るわけではないので、宿の前を通過して下流へ。
 ほどなく、下滝が見えてきました。
 2段式の大滝です。

DSC02679.jpg
 上段の滝。

DSC02686.jpg
 こちらが下段の滝。
 下から見たかったので右往左往して下り口を探したものの見つからず、やむなく崖の上からになりました。
 画像で見ると大したようには見えないかもしれませんが、かなり大きな滝です。
 急斜面で木につかまりながらの撮影。万一崖から転落したら大ごとになります。
 上滝同様、水量豊富で落差があり、迫力ありました。
 (一部のサイトには、下滝の上段を「中滝」というふうに分離しているものがあります。距離的には10mもなく、地図上では同じ場所なので、ここでは「下滝」にまとめました。)

 印象度                          母沢⇒一迫川⇒迫川⇒旧北上川




 
 
  1. 2012/06/06(水) 10:52:03|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

柳沢の滝

                                           栗原市の滝

 栗原市の行者滝から窓滝に向かう途中で見つけた滝。
 大きさそこそこで三陸にあったらそれなりに評価できそう。
 でも何と言ったらいいのか、これといったアピールポイントがありません。
 眺めていても、何の感慨も湧かない滝です。

 水質はよくありません。不純物が混じっているような色をしているし、道路際でおちおち眺めていられるような場所でもないし、苔が貼り付いているわけでもなく、佇まいとして優れているわけでもありません。
 強いて言えば、物理的な滝がそこに流れているというだけ。

P5310010.jpg

 印象度                      柳沢⇒三迫川⇒迫川⇒旧北上川



  1. 2012/06/04(月) 13:36:48|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

崩壊、窓滝

                                           栗原市の滝
 こちらは行者滝からあまり遠くない別の川にある窓滝。

 こちらもまず岩手宮城内陸地震前の画像をご覧ください。

madotaki.jpg

 実はこの時すでに一部崩壊しています。
 窓滝の由来となった天井部分がそっくり無くなっているのです。
 それがいつ頃のことなのかは分かりません。
 天井部分のあった画像を見たことがないので、相当古い話だと思います。

 今回訪れてみると、窓滝への入口が封鎖されていました。
 自己責任ということでロープをくぐり、長い下りの山道を下りて行きました。
 河原へ下りる階段はどうにか残っていましたが、何か所かつなぎ目で引きちぎられ折れ曲がっていました。
 巨石がゴロゴロある川辺にたどりつき、さて窓滝はと眺めると、

P5310017.jpg

「え??、これって窓滝??」
 なんと、両側の山が崩れ、完全崩壊を起こしていました。
 もう跡かたもありません。
 あまりにも無残。
 我々はただ呆然と言葉も無く滝のあった場所を眺めるばかり。

P5310014.jpg

 もう「窓滝」は消滅してしまいました。
 いくら探してもこの世に存在しません。
 かつて瑠璃色に輝いていた深く広い滝壷も、今では巨岩が転がる濁った水の流れだけになってしまったのです。
  
  印象度                    御沢⇒三迫川⇒迫川⇒旧北上川



  1. 2012/06/01(金) 21:33:09|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0

嗚呼無情、行者滝

                                           栗原市の滝
 
 栗駒山登山道に向かう途中にある行者滝です。

 まずこの画像から。

栗原市 行者滝

 2008年6月、岩手宮城内陸地震が起こる前の行者滝です。
 落差30m。直瀑の滝です。落ち口に何かの構造物がありましたが、それでも雰囲気を感じさせるとてもいい滝でした。岩壁のほぼ中ほどから水は落下していました。

 地震が起こり、道路は各所で寸断。行者滝までの通行もできなくなり、それ以来訪れたことはありませんでした。
 そして、ひさびさの来訪。
 来て、見て、驚いた!

P5310008.jpg

 流れが変わっていました。これは正面にある展望台からの眺めです。
 この位置では滝が手前の岩盤にじゃまされ、全体像が見えなくなったではありませんか。
 展望台の柵を乗り越え、全体が見える位置まで移動。ザイルで体を保持してはいますが、まかり間違えば落下してしまいそうな崖の上から撮影しました。非常に岩盤がもろいので身体がガチガチです。

P5310003.jpg

P5310006.jpg


 滝の上では、まだ土木工事が行われていました。
 滝の下には折り重なった流木がそのまま残されています。
 景観全てが泥に覆われたイメージで、まるで地震からそのまま時が止まったかのようです。
 岩盤が崩落してから何年にもなるのに、岩肌にはほとんど緑がありません。
 いまだに土砂の流出が続いているのか、流れる水は褐色です。
 この無残な光景が再び元のようになるまでどのくらいの時間を必要とするのでしょうか。
 隊員との口数も少ないまま、滝を後にしました。

  印象度は               三迫川⇒迫川⇒旧北上川



  1. 2012/06/01(金) 20:57:22|
  2. 栗原市の滝
  3. | コメント:0
前のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (160)
巨樹・古木 (79)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (87)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (93)
大船渡市三陸町の滝 (64)
陸前高田市の滝 (128)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する