南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

桧山川の滝

hnyg1.jpg
 住田町の滝                   左が愛染山 右が五葉山


 「吾輩は滝である。 名前はまだない。
 ある日、南三陸滝見隊とかいう どこの馬の骨とも分からない胡散臭い連中がやってきて、
 『スゲエ、スゲエ! こりゃあ名前付けなきゃだめだっちゃ。』などとほざいたあげく、さんざん騒いで帰って行った。
 それから何度か来たにもかかわらず、いっこうに名前を付ける気配などない。
 付けることを忘れたやつらがアホなのか、付けられると期待した吾輩がアホなのか。」
 滝に思考力があるなら、こんなふうに思っているんじゃなかんべか。

 いやいや、こちらとしても考えているんですよ。
 無名の滝に勝手に名前をつけてはいけないなんていう法律はないし。
 御上から公認してもらおうなんて気もないし。
 どうせ付けるのなら、素晴らしい滝にふさわしい命名をしたい。
 でも学才のない身ゆえ、ぴったりフィットする名前が思い浮かばないのが現状なんです。

 岩手県住田町。
 五葉山と愛染山の谷間から流れ下る桧山川の中流域にすばらしい滝があります。

hnyg2.jpg

 夏の直射日光がまともに照りつける日だったため、撮った画像はどれもこれもハレーション起こしています。
 他にないので、お見苦しいと思いますが勘弁願います。

hnyg3.jpg

 滝の形状、水量、岩盤、滝壷、周辺環境、どれをとってもほとんど欠点らしい欠点のない滝。
 細かいことをいわせれば、あるにはあるんですけど、滝を目の前にするとそんなものは些細な事柄にしか過ぎません。

hnyg4.jpg

 岩盤の間をえぐるように落下する直瀑の滝。

hnyg5.jpg

 驚くのは、滝壷の色。
 クリア過ぎて緑がかって見えます。 当たり前ですが、入浴剤入れてませんから。

hnyg6.jpg

 広い。 そして底までどれだけあるのか深い深い釜。

hnyg7.jpg

 通常大きな滝壷では下流側に砂利や石などが堆積して序々に浅くなるものですが、ここの釜は下流まで岩盤で固められているために、下流側でもドン深のまま。 まさに御釜です。
 桧山川のヌシでも住んでいそうな雰囲気があります。

hnyg8.jpg

 うっすら虹が出ているのがお分かりになるでしょうか。

hnyg9.jpg

 こんなすばらしい場所があるなんて、ほとんどの人は知らないわけですからねえ。
 あまりにももったいないことだと思います。

 ちなみに滝見隊は これより上流はあえて未踏にしております。
 南三陸でもう何処にも行くところが無くなった場合の、最後の保険みたいなもんです。
 滝見隊解散式はこの川でやろうと決めております。


 桧山川下流域にある 大いわき。
 画像からイメージするのよりずっとデカいです。 迫力あります。

hnyg10.jpg

 他に、同じようなサイズで、小いわき というのもあり、桧山沢は見どころ豊富な川です。


                    岩手県住田町   桧山沢 → 気仙川


  
  1. 2016/09/21(水) 21:08:31|
  2. 住田町の滝

合地沢の滝

kacc1.jpg
 住田町の滝


 あ~、やだやだ。 滝探しが嫌になってもうた。

 お盆に入る前の事です。
 ニーハオ隊員とともに岩手県遠野市宮守地区へ向かいました。
 ところが入る沢入る沢、ことごとく敗退。 敗走また敗走。 総崩れ。
 ちょっとした小滝のひとつでも見つかれば励みになったはずが。
 何ひとつ写せるものがなく、1枚も撮らないまま帰還。
 全面敗北。 白旗降参でありました。 ただただゲンナリ。
 この近辺には、一の滝・二の滝・三の滝とかお滝さんがあります。
 今回は滝探しが目的だったから、はじめっから行くつもりはなし。
 あらかじめ位置の分かっている滝を見に行くんならこんな苦労はしないのになあ、とお互いにブツブツ。


 で、今回は画像倉庫から引っ張り出した、岩手県住田町を流れる合地沢系の滝を。
 どれも極々マイナーな滝。 過去登場しているものも。

 まずは、車で走っただけでは分からない隠れ沢の滝から。 

kacc2.jpg

 以前、この滝下にある巨岩は存在しませんでした。
 確か岩手宮城内陸地震の後突然出現したのです。
 周囲の岩盤とはあきらかに様相の異なる岩で、どこから転がって来たのかマカ不思議。

 その上の滝へ行こうとして岩を登ったら、

kacc3.jpg
 
 ギョギョギョッ!!! いや蛇蛇蛇か。 目の前にいたヤマカガシ。
 一応毒蛇ですがマムシと違って臆病。

kacc4.jpg

 合地沢幻の滝。
 合地沢系の滝としてはもっとも落差があります。
 岩手宮城内陸地震以前は、もっと美しい滝でしたが、周辺の岩盤が崩落してしまいました。
 全面に苔が生え揃うまでもう少し時間が必要と思われ。
 いつの間にか水道用の黒いホースが敷かれ見苦しい景観に。 がっかりするなあ。

 合地沢上流部の滝。

kacc5.jpg

kacc6.jpg

 広い滝壷を持つ、非常にシンプルな滝。 ちょっと暗め。

 合地沢上流部では林道が完全崩落を起こしていて、車はおろかバイクでも侵入不可能。
 徒歩なら行けますが、水量枯渇で行くだけ無駄。

kacc8.jpg

 合地沢の不動尊近くにある2連の滝。
 じゃあ不動滝かといえば、微妙な距離感があって、そうともいえず。
 雰囲気いいです。 滝の正面に岩盤があって撮り難い。

kacc9.jpg

kacc7.jpg
 上2枚が上段の滝。

kacc10.jpg

kacc11.jpg
 こちらが下段の滝。

kacc12.jpg

 合地沢にあるオズガヨウよりさらに上流部にあるから、水質はこれ以上ないようなクリアさ。
 少々難のある滝でも水質が良ければカバーできます。
 改めて水質こそ滝の命と認識させられました。
 ちっちゃな滝でもきれいな水が流れていれば和めます。

                                 岩手県住田町    合地沢 → 気仙川



  1. 2016/08/24(水) 17:30:10|
  2. 住田町の滝

叶倉沢の魚止ノ滝

cayo1.jpg
 住田町の滝                 気仙川に川霧が湧いていい感じ


 岩手県住田町を流れる気仙川。 
 その支流に合地沢があります。
 いい滝がいくつも流れています。
 その中でも、特に多いのが叶倉沢。

 今回は、上流どん詰まりにある 魚止ノ滝 だけを目当てに行ってまいりました。
 民家は合地沢合流部に2軒だけあるだけで、上流部は完全にクマの支配地域。
 バイクを降りると、ホイッスルが唾でベトベトになるくらい吹きまくり。
 単独行なので、こんな山奥でクマに襲われたって誰も助けてくれません。

 林道はジムニーならほぼ無問題で突破できると思いますが、普通車なら止めた方がよいかと。
 さらに倒木が多数あるので、途中からバイクでも行けなくなりました。
 ということで、残りは合羽を着て、雨の中を徒歩でした。
 
 合羽の裾を閉じようとボタンを合わせたら、これがいくらやっても合いません。
 なんでやねんとよく見たら、普通は雄ボタンと雌ボタンでパチンと合うようになっているはずなのに、
 両方雄ボタン。 ハマるわけないじゃないですか。 さすが made in china であります。

cayo2.jpg

 魚止ノ滝。
 同郷の釣り師隊員が、尺イワナを捕まえようと滝壷に転落した滝です。

cayo4.jpg

cayo5.jpg

 雰囲気ある滝ですね。

cayo6.jpg

 右岸から簡単に登れます。
 水質上等。 いつまでも見飽きない滝です。
 


cayo7.jpg

 周辺にはエゾアジサイ。 今が盛りと咲いていました。 雨の似合う花です。

 ここの林道には、南三陸では非常に珍しい滝があります。

cayo8.jpg

 岩盤の穴から流れ出た水が、そのまま滝となって落下しているのです。
 地下水だけあって、とても美味しい水。

 cayo9.jpg

 穴をアップで撮ったら、見事にブレブレ。
 雨でピント調整がうまくいかなかったんだろうか? 
 3枚撮って3枚ともこうだったんで、恥ずかしながら使用します。 申し訳ございません。

 叶倉沢には他にもいい滝が流れています。
 そのうち気が向いたら再訪しようと考えています。


                                  叶倉沢 → 合地沢 → 気仙川



  1. 2016/07/09(土) 23:14:43|
  2. 住田町の滝

南三陸滝見ツアー 住田編

smsm1.jpg
 住田町の滝


 今回もおおよそ見に行くのが簡単な滝ばかりをチョイスしての、住田町滝見ツアーを敢行。
 「おおよそ」というのは、1ヵ所だけ番外編があって、こいつだけはそう簡単には行けない滝だからです。

 ではさっそく出発進行!

smsm2.jpg

smsm3.jpg

 合地沢中流に流れる オズガヨウ です。
 今回は水量が大幅に多く、通常とは形態がかなり違います。
 にもかかわらず、流れる水は青く見えるほどクリア。
 小隊長としては、やっぱ通常量の方が落ち着いて見れますなあ。

smsm4.jpg

 滝の前にはカツラの巨木。 これを見るのも楽しみ。
 秋になると、周囲に甘い香りが漂います。

smsm5.jpg

smsm6.jpg

 住田町の滝では、もっとも多く登場しているであろう、尻高滝。
 それだけ見やすいロケーションにあります。 車から降りたくないというものぐさな人も車窓から見れます。
 しかもわざわざ崖を降りて見上げるより、道路上から眺めた方が断然美しい。
 夏場は樹木が茂るため、ちょっと撮り難いのが難点。

 尻高滝のさらに上流には、最近発見した無名滝が流れています。

smsm7.jpg

smsm8.jpg

 小さいけれど風格あり。 名前が無いのと、周辺暗いのが残念。 あと、滝壷欲しい。

 次は、国道340号線のすぐ横に流れる滝。

smsm9.jpg

smsm10.jpg

 支流から坂本川に流れ込み、年中藪に覆われているため人様から注目を浴びることがない滝。
 しかし、思いのほか落差があり、水量も豊富。 斜瀑というのがマイナス要因か。
 周辺刈りこんだら、見た目が全然違うと思う。


 次は別当大滝。 単に大滝とも。

smsm11.jpg

smsm12.jpg

smsm13.jpg

 観光滝です。 道路に標識有り。
 車を停めるスペースが確保され、道路から川までルートが整備され、橋が架けられ、滝の前まで苦労なく行けます。
 まとまり感のある滝。
 すぐ上に民家があるのが目の上のたんこぶ。

 
 次が難関。
 坂本川上流部。支流の奥にある3段の滝。
 道路は崩壊し、2ヶ所ばかり川に切断されています。
 それを過ぎると2Kmばかり雑草の茂った廃道をテクテク歩き。
 谷が次第に深くなって、最後は沢登りになります。

smsm14.jpg

 渓谷を進んで行くと、突き当たりになった場所に、目指す滝が流れています。

smsm18.jpg
 上段。

smsm19.jpg
 中段。

smsm20.jpg
 上段と中段を合わせて。

smsm21.jpg
 下段。

smsm22.jpg
 上段と下段の滝。 この角度では、中段の滝は見えない。

 見に行くのはやっかいですが、それだけの価値ある滝です。 景観がとてもいい。
 これだけの滝にもかかわらず、名前がありません。 沢の名も分からず。
 しようがないので、坂本沢支流の3段滝 とそのまま言ってます。

 3段滝のすぐ下流には、枝沢から流れ落ちる滝があります。

smsm16.jpg

smsm17.jpg

 見ごたえあり。 これも無名滝のようです。

 
 坂本沢を離れ、気仙川本流へ出ると、ちょっと驚くような光景が。

smsm23.jpg

 気仙川本流の 鏡岩 です。
 これ、全部人工滝。 こうなるようにあえて造ったわけではないでしょうが、見事な光景。

 上流へ進むと、気仙大滝があります。

smsm24.jpg

smsm25.jpg

 観光滝。 滝観洞へ向かう途中、道路横に、案内板有り。 駐車スペース有り。
 気仙地方ではもっとも幅があります。
 別名、気仙のナイアガラ。
 本流にある滝だけに、水量膨大。

 大滝のすぐ上流にある 小滝。

smsm26.jpg

smsm27.jpg

 どこが小滝やねん?と首を傾げたくなるほどの規模と水量。

 ラストは、大いわき と小いわき。 桧山川にあります。

smsm28.jpg
 大いわき。

 300mほど上流部に流れるのが、
smsm29.jpg
 小いわき。(部分)
 この辺りの景観は他になかなかありません。
 豪快さと渓流美が合体したような流れで楽しめます。



  1. 2016/06/27(月) 21:49:03|
  2. 住田町の滝

住田四十八滝

sssd1.jpg
 住田町の滝


 岩手県住田町を代表する滝といえば 住田四十八滝。
 実際滝らしい滝は、見方によりますが4滝程度です。
 えらい誇大広告じゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いくつも曲がってないのに九十九坂などという場所があったり、中には蛇を龍と言ったりするお国もありますので、こんなのは可愛いもんだとご容赦願いたいです。

 さて、滝です。
 便宜上、上から一の滝、二の滝、というふうにします。

sssd2.jpg

 もっとも上にある、一の滝。
 龍灯ノ滝、あるいは 竜燈ノ滝 はたまた単に 大滝 とかいわれています。

sssd3.jpg

sssd4.jpg

 神秘性に秀でたすばらしい滝です。

sssd5.jpg

 右下が二の滝。
 4つの滝の中ではもっとも小さな2条の流れの滝です。

sssd6.jpg

 三の滝。

sssd7.jpg

 四の滝。
 三の滝と四の滝は雰囲気が非常に似て、大きさも同じなので、画像で見るとどっちがどっちなのか分からない時があります。

sssd8.jpg

sssd9.jpg

 三の滝と四の滝は、同時に俯瞰できます。
 これだけでも見ごたえ十分。

sssd10.jpg

 地元有志の方々がトラロープを張ってくれたおかげで、現在は龍灯ノ滝まで登りやすくなっています。
 ただ、四の滝の下に残骸と化したもろもろが放置されたままになっているのが気になってしようがないです。。
 これ、評判悪いんだけどなあ。


                                        不明沢 → 気仙川


 
  1. 2016/06/06(月) 21:10:33|
  2. 住田町の滝

外舘の滝

srea1.jpg
 住田町の滝


 大の大人が下から覗きこんでエヘラエヘラ笑っている、といえば、何やら良からぬ臭いがしてきますが、滝見隊にとってはごくありふれた行為。
 今の時期、川を隠すように樹木や草が生い茂るので、小さい沢だと上から眺めてもなかなか滝の在り処が分かりません。
 で、沢に降りてしゃがんだ姿勢のまま上流へと登り、運よく滝が見つかったりすれば、やりい!とエヘラエヘラ笑ってしまう訳であります。
 いい歳こいたおっさん連中が、藪だらけの沢を隊列組んでかがんで歩く姿は、けっして人に見せられるようなもんじゃありません。
 時には地元の人に見つかって 「お宅ら、何してんの?」 といった目で見られることもありますが、人相風体怪し過ぎるためか、さすがに近付いて来る人はおりません。

 外舘の滝もそのような藪だらけの中にあった滝。 初UP。
 岩手県住田町の十文字地区にある滝です。

srea2.jpg

 ぜんぜん悪くない滝です。
 周辺藪だらけで、よもやこんなところに滝があろうとは。

srea3.jpg

 水はきれいだし、ちゃんとした滝壷を持っているし、岩盤を落ちる姿にも風情があります。

 が、滝の上部を見ると、

srea4.jpg

srea5.jpg

 あきらかに人の手によって石を積み上げた様子が。

 想像するに、下流にある田畑に水を引こうとしたものの、そのままでは高さが足りない。
 んじゃ石を積んで高さを稼ごう、となったのでは。

 見たところ、景観を壊すようなものには感じないし、人の役に立ってる滝というのもあんまりないから、これはこれでいいのでは。
 印象度  人の手が入っているので 

 外舘の滝 というのは本来の名ではありません。
 おそらく名無しの滝。
 この上流に、その昔外舘城というのがあったところからの仮名です。

                                      不明沢 → 気仙川

  1. 2016/05/27(金) 16:29:53|
  2. 住田町の滝

尻高沢の滝

stkz1.jpg
 住田町の滝


 これまで数回は登場している 尻高滝。

stkz2.jpg

 岩手県住田町を流れる火の土川に注ぎ込む、優美な滝です。

stkz3.jpg

 季節的に樹木が邪魔して全体像が見難いのが難点。
 火の土川にそのまま注ぎ込み、滝壷はありません。

stkz4.jpg

 でも雰囲気のあるいい滝です。
 道路沿いから簡単に見ることができます。
 


 今回、尻高沢の上流部に登ってみました。
 すると、思いがけず素敵な滝発見。
 新登場の滝。

stkz5.jpg

 いいじゃないですか。

stkz6.jpg

 岩盤に苔がびっしり貼りつき、雰囲気出してます。

stkz7.jpg

 大きな岩盤のはじっこのほうにだけ水が流れています。
 真ん中であれば文句なかった。
 ほぼ直瀑。

stkz8.jpg

 雨の後なら間違いなくすばらしい景観になるはず。

stkz10.jpg

 難点は、暗くて湿気がこもっているところ。
 風通しが悪くて空気が淀んだ感じになっています。
 あと、滝の下にガチャガチャ石があり過ぎるところかな。
 ちょっと落ち着けない。
 世界観のある滝なんで、もったいない。
 水質は良好です。
 いい滝だから、近くを通ったらまた寄りたい滝です。

 印象度  


          岩手県住田町         尻高沢 → 火の土川 → 気仙川



  1. 2016/05/24(火) 20:48:00|
  2. 住田町の滝

滝の尻 (横川不動の滝)

ykki1.jpg
 住田町の滝


 今回、4名での出撃ではありましたが、1名だけ見知らぬ人間が混じっています。
 気仙沼隊員が連れて来た男で、滝見隊に入隊するかどうかは現時点で分かりません。
 1日体験入隊というか、オブザーバー参加みたいなもの。
 バイクを持っていて自然が好きで、一緒に行きたいというのなら、我々は誰でも歓迎します。
 ところが初対面から陰険な目つきでガン飛ばされ、な、何じゃこいつは!と驚きました。
 しかし当人によれば、まったくそんなつもりはないらしく、この顔つきが災いしてこれまで飲み屋で何度かイザコザを起こしたとか。
 で、付けたあだ名が、ワニ目のジロ吉。
 それにしても、小隊長を除いて、何で滝見隊はこんな変な奴ばっかりなんだろ。
 今日の欠員は大船渡のニーハオ隊員。 別の山を歩く用事があるんだとか。

 向かった先は、岩手県住田町。
 かつて1度だけチラッと写したことがある滝ですが、今回初UPのようなもの。

 滝の尻 という名前だそうで、別名 横川不動の滝 といったほうが通じるかも。

ykki2.jpg

 気仙川支流、横川の、火の土という集落。 横川バス停付近にあります。
 最上流の民家2~3軒あるあたり。 
 道路からは見えませんが、そばに不動尊の小さな社が建っているので目印になるかと。

ykki3.jpg

 道路から土手を降りて行くと、こんな形に見えます。

ykki4.jpg

ykki5.jpg

 水量豊かで、滝壷広い。

ykki6.jpg

 雰囲気持ってます。

ykki7.jpg

 横川といえば気仙の滝銀座ともいうべき滝の非常に多い川。 いい滝がゴロゴロあります。
 滝の尻は、その入口に当る滝です。

ykki8.jpg

 これより上に人家は無く、水質上等。
 眺めていると気分落ち着くいい滝です。
 印象度  

 実はこの日、横川に入るべく準備をしてきたのですが、登って行ったら伐採作業の真っ最中で、断念せざる得ませんでした。
 なかなか思ったようにはいかないもんだ・・・。


                      岩手県住田町火の土       横川 → 気仙川 → 広田湾



  1. 2016/05/22(日) 22:24:54|
  2. 住田町の滝

種山の滝

tnyt1.jpg
 住田町の滝


 国道397号線、通称種山峠線の住田町側には、国道とほぼ並行して大股川が流れています。
 大股川の本流には大きな滝がありません。
 水量が多く、巨岩があり、岩盤もあります。 傾斜だってあるところにはあります。
 それでいて、これといった滝がないんです。
 道の駅種山の手前1Kmほどのところに、段瀑が続くいい場所があるのですが、道路を造った際に護岸工事されてしまい、自然景観のようには見えなくなってしまいました。
 唯一の見どころだっただけに残念です。

 他にもあることはあります。
 カーブの外側にあり、見通しが悪いために車は駐停車できない箇所。
 しかも崖下なので、通行する車からは見えません。

tnyh2.jpg

tnyh3.jpg

tnyh4.jpg

tnyh5.jpg

 落差はそこそこあって、誰が見たって滝なんですけど、物理的に滝であるというだけで、滝としての独立性とか雰囲気はあまり感じられないです。
 岩盤・傾斜・水量、という滝を構成する3要素を確保していても、全然滝っぽくない滝もあります。

 印象度  

                        岩手県住田町         大股川 → 気仙川


  1. 2016/05/08(日) 21:37:35|
  2. 住田町の滝

オズガヨウ

ozxs1.jpg
 住田町の滝


 今回もおなじみさんの滝、 オズガヨウ です。
 岩手県住田町の合地沢中流域に流れています。

ozxs2.jpg

 小隊長お気に入りの滝のひとつ。
 まとまりがあって、佇まいがとてもいい。

ozxs3.jpg

 さして大きい滝じゃありませんが、蒼く見える広い滝壷を持った世界観のある滝です。

ozxs4.jpg

 国道107号線から少し入ったところにあり、行きやすいので時間に余裕があるとしばしば立ち寄ります。
 滝の前まで、少々狭い舗装路が通っています。
 クルマを停めるにはつらい道幅ですから、ちょっと上の空いたスペースにどうぞ。

ozxs5.jpg

 欲を言えば、道路から少し入ったくらいの場所にあったらもっと良かったかも。
 滝壷の前には、カツラの巨木がそびえ、穏やかでほっこりできる滝です。
 印象度  

 この滝の上流にも名前の無い滝がいくつかあり、下流には、キッチヶ滝や隠れ滝、また支流の叶倉沢の上流には 魚止めの滝なども流れています。

                          岩手県住田町         合地沢 → 気仙川



  1. 2016/01/25(月) 17:44:46|
  2. 住田町の滝
前のページ 次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (173)
巨樹・古木 (81)
野の花々 (40)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (88)
住田町の滝 (106)
大船渡市の滝 (93)
大船渡市三陸町の滝 (65)
陸前高田市の滝 (135)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (17)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する