南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

美しさに陶然 神美滝

ookmi1.jpg
 大槌町の滝


 小隊長がこれまで見て来た滝の中で、もっとも美しい滝。
 それが神美滝(かみだき)です。
 年に1度は必ず訪れる滝見隊の聖地みたいな滝。
 何回訪れてもその神秘的な佇まいに陶然となってしまいます。

ookmi2.jpg

ookmi3.jpg

 理想がそのまま現実になったような滝。
 滝の流れだけでなく、背後の岩盤、周辺環境合わせてパーフェクト。
 杉の人工林なぞどこにもありません。
 びっしり苔に覆われ、落葉する頃になってもその印象は変わらず。
 行くまでのアクセス、到達した時の出現の仕方なども心憎いばかり。

ookmi4.jpg
 
 発見した瞬間は、あまりの完璧さに言葉も出ませんでした。
 唖然とするほど高いわけではなく、びっくりするほどの水量もありませんが、すべてがまとまって、何の欠点もないのです。
 三陸沿岸部にこんな美しい滝があったのかと絶句。

ookmi5.jpg

 滝探しをしてヒーヒーハーハーあえいでいる我々にに、不動明王が手招きして教えてくれたんじゃないか、とさえ思います。
 神が創造した美しい滝、といったイメージから 神美滝 と名付けました。
 誰かに尋ねようにも人里離れた深山に流れており、滝に名があるとは思えません。
 我々のブログでしかUPされたことのない正真正銘幻の滝です。

ookmi6.jpg

ookmi7.jpg

 水質の良さは言うまでもありません。
 深くて広い滝壷があり、底にはイワナが潜んでいます。

ookmi8.jpg

ookmi9.jpg

 滝の規模は、同じ大槌の浪板不動滝と同程度。
 あちらは行きやすいし、観光滝として整備されていますが、こちらには踏み跡も含めて人工的なものは一切ありません。
 時折聞こえてくる鳥の鳴き声、尾根を渡る風の音、そして滝音とせせらぎの音だけがこだまする谷間に流れています。
 人間世界から切り離された別世界がここにあります。
 巨大さで人を威圧したり、存在を誇示したりする滝とは対極にあるような滝。
 人の心に沁み入って来るようなおだやかさ・美しさがあります。

ookmi10.jpg

 これまでの滝探しの中で、頂点に君臨する滝で、これから先滝探しを続けても、これ以上の滝に出会うことはまずあるまい、という確信を我々は持っています。
 それでもなお滝探しを続けているのは、逆にこの滝を発見できたおかげでもあります。
 頂点を見つけることができたという達成感があります。
 滝探しで惨敗続きになっても、我々には神美滝ありと心の支えになっているのです。
 

スポンサーサイト
  1. 2016/06/17(金) 21:12:57|
  2. 大槌町の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (148)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する