南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

気仙城沢の滝

ooiuy01.jpg
 大船渡市の滝                           満開の梅の花


  気仙地方(陸前高田市+大船渡市+住田町をまとめて気仙と呼びます)の地図を眺めていたら、大船渡市の盛川支流大野川に、入った記憶の無い沢を発見しました。
 1度入ったことのある沢でも滝がみつからないと、頭が勝手に記憶をデリートしてしまい、これが元で同じ沢に何度も入ってしまうことがあります。
 入ってしばらくしてから「あ、この沢入った!」 と気付く始末。
 だもんで、大船渡のニーハオ隊員に確認。
 「この沢、入ったっけ?」
 「少なくとも俺はない。」
 それじゃ、と2人で突撃開始。

 入ってびっくり。
 上流域はありきたりな沢でしたが、中流域には滝がびっしり。
 これには驚いた。 気仙にこんなすごい沢がまだ残っていたなんて。

 小隊長にはこの日所用があり、すべての滝を納得いくまで見ることは叶いません。
 滝へ行くには急傾斜を昇り降りしなければならず、断崖もあります。
 ひとつひとつ見ている時間がない。
 で、これはという滝だけをピンポイントで撮影。
 下流側から貼っていきます。 このほかにもまだ滝は流れています。

ooiuy2.jpg

 これは下流のわずかな平地に流れる滝。  

ooiuy3.jpg

 これから傾斜が始まる地点の滝。
 イバラが多くてそばに近付きにくい。
 夏になったら容易には行けなさそう。 

ooiuy4.jpg

 いい滝です。
 滝の中央部にある巨岩が印象的。 

ooiuy5.jpg

 傾斜がきつくなり、この辺りから滝が連続して現れます。 いいぞいいぞ。
 好景観。  

ooiuy6.jpg

 川床は完全に岩盤になり、どの滝も大なり小なり釜を持っています。 
 

ooiuy7.jpg

 斜瀑。 広い滝壷あり。 
 小隊長、ここで岩に足を滑らせ、片足沈。
 ウエーダー持って来ていたのに、斜面を登りずらいとスパイク長靴のままでした。
 スパイクは岩の上では滑ります。 分かっちゃいるのになぜ履かぬ。
 今の時期なら我慢できるから、長靴の中に水が入ったまま続行。

ooiuy8.jpg

ooiuy9.jpg

 下まで降りる余裕がなく、断崖の上から撮影。
 ロープも持って来たのに使ってる時間がない。
 いい滝です。 規模も十分。 見ごたえあります。 

 次が素晴らしかった。

ooiuy10.jpg

 この沢のメインといえる大滝です。

ooiuy11.jpg

ooiuy12.jpg

 文句があるなら言ってみろと言いたげな滝。 
 いいえ、な~んもありません。 恐れ入りました。 水もすこぶるきれい。
 今年度滝見大賞候補にノミネートであります。
 これぞ滝、といった景観。 
 岩盤の隙間に落下しているため、写真が撮り難いのが欠点。
 下流がゴルジュになって水深が深く、そばに近付けません。

 その上流にも滝はあります。

ooiuy13.jpg

ooiuy14.jpg
 
 
 何と、この滝壷にニーハオ隊員がコンデジを落としてしまいました。
 棒っきれで引っ掻き回して探しましたが、滝壷は深く、泡だっているので獲ることできず。
 「くっそ~、何で最後の最後に落っことすんだよ。カメラ買う金ねえぞ。」 とニーハオ。
 「泣くな隊員。俺だって今年やったばかりだ。 データは後で送るから。」 と互いに傷のなめ合い。
 数えてみると、滝見隊全体ではすでに10個以上のカメラを紛失したりダメにしています。
 今さらながら、よほどアホな連中なんですね、南三陸滝見隊って。
 もし今後ここでカメラを水中から引き揚げた方がいらっしゃいましたら、ご一報願いません。
 だまって持って帰ってけっこうです。

 崖を登って林道まで出ると、老夫婦と犬1匹に遭遇。
 沢の名前を尋ねると「気仙城」とのこと。
 気仙城? 今までこんな所に城があったなんて聞いたことないけど・・・。
 でも何故か気仙城というらしい。 そういえば途中の橋にも「気仙城」と書かれてあったような。
 どの滝にも名前はないという。
 あのカッコいい一本滝だけは名前があって当然と思うけど。
 
 帰りがけ、下流の家で畑仕事をしていた老婆に再度沢の名を尋ねると、
 「ケセンドウ」との返答。
 もしかすると気仙城がなまったものか、気仙堂か、気仙道か、気仙洞なのか。
 とりあえずここでは気仙城としときます。
 帰ってから「気仙城」を検索しましたが、何も出ず。 なんなんだろうな?気仙城。


                岩手県大船渡市       気仙城沢? → 大野川 → 盛川




 
スポンサーサイト
  1. 2016/03/28(月) 22:28:09|
  2. 大船渡市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (147)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する