南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

倉ノ沢大滝 ふたたび

qazx1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 「も一回、倉ノ沢に行ってみねが?」 と気仙沼隊員から ありがた迷惑な催促。
 そりゃあ、小隊長も気になってたんですよ。
 以前 「倉ノ沢の滝は、段瀑もしくは連瀑ではないのか?」 と書いたものの、確証が持てなくて、なんかモヤモヤしたものがありました。
 だからそのうち再訪してみようとは思っていたんですよ。 ぼんやりと来春以降の腹積もり。
 でもすぐに行くとなると、とにかく遠い・寒い・暗くなるのが早い・疲れる といったことが頭に浮かんで、なかなか決断できませんでした。
 他の2名に尋ねると 「行ってみっぺ。」 とのことだったので、皆に引きずられるようにしぶしぶながら出かけることにしました。

 当日、曇りで夜になってから雨が降るといった天気予報。
 雨さえ降らなかったらどうにかなるけど、バイクで長距離走るとひたすら寒い。
 日差しがあるとないとでは、えらい違い。
 道中 気温が10℃内外で、その中を走れば体感温度で10℃は下がるから、真冬の外に立っているようなもんです。

 立丸峠は霧の中。ていうか、こりゃあ雲でしょ。
 全身に水滴を被って峠を越えました。
 帰りまで降らないことを祈るのみ。 冬の雨は雪よりきついかんね。

 
 まずは前回見た倉ノ沢の神社下の滝から。

qazx7.jpg

qazx8.jpg

 前回よりやや水量が少ない。
 広くて深い釜を持っています。

qazx9.jpg
 
 いい滝です。周辺の雰囲気がいい。

qazx11.jpg

qazx10.jpg

 断崖に囲まれ、すばらしい景観。
 世界観を持った滝です。
 正面から眺めると 流れの一部が断崖の陰に隠れてしまう所がおしい。

 印象度  

 滝の流れる林道のそばには2ヶ所の神社があります。
 互いの距離は200mくらい。
 下の神社は大きめで林道横に建っています。 駐車スペース有り。
 神社前からは木立を通して2つの大きな滝が見えます。
 その神社の前に 川へ下る不明瞭な小道があります。
 川縁は洪水が原因なのか崩壊していますが、それでも楽に川まで下りられます。
 下りた地点から100mほど上流にこの滝は流れています。
 川に入らなくても、縁をへつって行けば滝の正面まで行けます。
 ただ川に入った方が楽。

 一方、上の神社は、森の中の小道を入って行くと建っています。
 小さめなお宮さんで、確認しませんでしたが不動尊ではないかと。
 高い断崖の上にあり、この真下に流れているのが上に貼った画像の滝。
 その断崖からは、上の滝(=倉ノ沢大滝)は見えませんから、画像の滝こそ神社のご神体であろうと思われます。
 倉ノ沢大滝のそばには神社がなく、下の滝だけ2つあるのはどういうわけなんでしょう?
 だから素直に名前を付けるとすれば、倉ノ沢不動滝 とでも呼べばいいのかも。

 林道を少し歩けば、崖の下に 倉ノ沢大滝が見えてきます。

qazx2.jpg

 前回、遠くからチラッと見ていますが、滝下に降りたのは初めて。

 ここで当ブログをご覧の皆さまにお詫びしなければいけません。
 倉ノ沢大滝 と、先程の下流の滝とは、確認したところ30m以上離れているようです。
 だから段瀑どころか連瀑でもなく、それぞれが別個の滝だと判明いたしました。
 誠に申し訳ございませんでした。
 情報発信に誤りがあり 多大なるご迷惑と信頼を損ねてしまったことを心よりお詫びし、今後二度とこのようなことがないように肝に銘じて日々精進してまいる所存でございますので、今後とも変わらず御愛好いただきたくお願い奉り候。 なんつって。
 いや、ほんとにすんませんでした。 前回の記事を訂正させていただきます。
 弁解するなら、下の神社から眺めると2つの滝は連続しているように見えるのですよ。
 ともあれ、これで懸案のひとつが解決でき、胸のつかえが取れたような。

qazx3.jpg

 他のWEBで見る画像より水量は少ないです。

qazx4.jpg

qazx5.jpg

 倒木に沿ってロープが見えます。 トラロープです。
 我々が放ったロープではありません。
 滝見隊なら、画像に写らないもっと下流から降下します。
 誰かが降下するために残置したようです。
 あそこに降りても移動できないと思うのですが
 時々滝の近くでこんなのを見ますが、トラロープは危険です。
 トラロープは標識用です。荷重を加えるものではありません。
 摩擦に弱く、滑りやすく、延びるし、紫外線でも劣化します。
 何度も使用すれば体重を支えきれなくなる恐れがあります。
 クワバラ・クワバラ・くわばた・おはら。 トラロープはぜったい止めましょうね。

qazx6.jpg

 倉ノ沢大滝。 もっと水量があれば良かったかなあと思いますが、いい滝には違いありません。
 ただ、下の滝を見た後では感激が薄くなったのも事実。
 林道がすぐ上を通っているので、車が通るとちょっと居心地が悪い。
 滝を中心とした世界観では、下の滝の方が勝ります。

 水質は普通。
 周辺にはやたら合成樹脂のバケツやらトロ箱などがありました。
 上流に人家があるんでしょうか。 かなり興ざめする光景。

 印象度  

 上下どちらかの滝を選べといわれたれ、小隊長はだまって下の滝を指さします。

 時間があれば何本も流れる倉ノ沢の支流を遡りたかったのですが、ほかの沢で滝探しする予定があり、断念しました。


                        岩手県宮古市新里         倉ノ沢 → 刈屋川 → 閉伊川


スポンサーサイト
  1. 2015/11/08(日) 16:48:48|
  2. 宮古市新里地区の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (160)
巨樹・古木 (79)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (87)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (93)
大船渡市三陸町の滝 (64)
陸前高田市の滝 (128)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する