南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

釜石鉱山の滝

kmkz1.jpg
 釜石市の滝


 ちょっと前の事になります。
 岩手県釜石市で行われた釜石鉱山見学会。
 夏場を中心に、年に何度か開催されているそうです。
 トロッコに乗って坑道を見学したり、鉱山事務所で歴史を学んだり、仙人秘水を試飲したりと、参加者は興味深々。
 小隊長もそれなりに楽しんだのですが、実はそんなことより密かな目的がありました。
 構内にあるという大滝を見たかったのです。
 こういう催しがなければ構内には入れません。
 主催者の思惑とは裏腹に、よこしまな意図を持って潜入取材。

 その大滝というのがこれ。

kmkz2.jpg

 デカい! 落差30m以上はありそうです。
 押し出し感の強い、そして美しい滝です。
 もし構内を一般開放したら、必ずや釜石市の観光スポットのひとつになりそうな存在感があります。
 車でそのまま行ける場所にあるし、サンダル履きで行っても何の問題もありません。
 なんとももったいない、と思わせる滝。

 が、待てよ。
 何かおかしい。
 この滝、どこかに違和感を覚えます。 なんだろう?

 とまあ、話を盛り上げようと書きましたが、実は、この滝を見た瞬間から
 「人工かぁ!」 と気付いていたのであります。
 一般大衆ならごまかせるかもしれませんが、百戦錬磨の小隊長にはそうはいきませんぜ。ムフフ

kmkz3.jpg

 まず、滝の出所自体がおかしい。
 地形的に考えて、出て来るはずのないところから水が流れています。
 水の流れは必ず谷のもっとも低い部分を流れるはずなのですが、この滝の落ち口は山の中腹の斜面からです。
 大雨が降った時に山腹から水が湧き出すことはあっても、通常時こんなのはありえない。

kmkz4.jpg

 本来水が流れて来る場所には、鉄鉱石を掘り出した後の残土を置く 巨大な堆積場が造られています。
 つまり、この堆積場を造るために邪魔になった水の流れを、排水路を作って脇にどかした、というのが滝のできた理由なのではないか。

kmkz5.jpg

 その証拠に、滝の落ち口を見上げると、トンネルのような構造物がはっきり認められます。

 それにしても人工滝と分かった上でも、驚くような大滝だし美滝だなあ、と感嘆する滝ですね。
 対象外なので、印象度は無しですけど。

            岩手県釜石市大橋         旧釜石鉱山    甲子川 源流部


 
スポンサーサイト
  1. 2015/08/30(日) 17:43:58|
  2. 釜石市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (147)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する