南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

大貫台の滝

dikd1.jpg
 大槌町の滝

 
 夜10時を回った頃、家の前に車が止まり、ドアをバシバシ開閉する音が聞こえました。
 くそやかましい!いったい誰やねん?とカーテンの隙間から覗いたら、黒人のように日焼けした同郷の釣り師がこちらに来るではないですか。
 「アナゴ釣って来た。まだ生きてる。喰ってけで。」 夜釣りに行って来たという。
 見ると、ポリ袋の中で60センチはあろうかというでかいアナゴが2匹 ガサゴソうごめいていました。
 家人はヘビとアナゴの見分けがつかない人間で、こんなの見ると毎度ギャーギャーわめきちらすばっかり。
 なのでアナゴの調理は小隊長担当と決めつけられています。
 
 ウナギとアナゴ、どっちか選べといわれたら、迷わずアナゴです。
 ウナギのブニュブニュした皮の食感が好きではなく、脂っこさも苦手。
 「安いウナギしか喰わねえからじゃないすか。」 といわれれば正にその通り。
 それにいくら安いからといっても、なんとなく中国産ウナギには手を出しにくい。
 ウナギ一品しかなかったら、もちろん喜んで食べますけどね。

 そこで滝見の話が出て、翌日も出かけることに。
 小隊長は連チャンでお出かけ。
 となると問題は我が家人。 2日続けての家事放棄を許すはずがない。
 休日だと大抵昼前は家にいるので、こちらはなかなか抜け出すチャンスがありません。
 へたすりゃ用事をいいつけられてその日一日パー。
 そこで 「昼近くになったら隙みて家出るから、俺からの電話待ってろ。」 と釣り師をお見送り。

 さて当日。
 思いのほか早く家人が外出したのを見計らい、テキパキと戸締り・火の用心をしてバイクにまたがり大脱走。

 向かった先は、岩手県大槌町、大槌川源流部。
 大槌から県道26号線を西に向かって走ると、宮古市川井地区に至る峠の手前に大貫台という集落があります。
 大槌ではもっとも奥まった場所かもしれません。
 この場所へは何度か足を運び、未知なる滝をいくつか発見しています。
 暑さきびしく、今回もヤブコギしてまで山の中に入るつもりはなく、容易に見れる滝だけがめあて。
 
 上流部で大槌川は金沢川と名を変えます。

dikd2.jpg

dikd3.jpg

 2本とも金沢川本流の滝。 どちらもきれいな滝。 水も澄んでいます。
 道路上から見えます。そうとう高い位置。
 目的の滝じゃないのと、メンドかったので上から眺めただけ。

 お目当ての滝がこれ。
 大貫台の滝。 って、大貫台周辺には滝があちこちあるけど。 ま、とりあえず。

dikd4.jpg

dikd5.jpg

 おそらく公式の名前はないと思います。
 黒々とした岩盤を落下するとても景観のよい滝。

dikd6.jpg

dikd7.jpg

dikd8.jpg

 2人で夢中になって写真を撮っていたら、突然ガサゴソと後の藪。
 ギョッとなって振り返ったら、やはりびっくりしたように立っていた渓流釣りの男。
 お互いクマと勘違い。
 「写真撮りですか・・・・。」 と上流に去って行きました。
 「あの人、隊長一人しかいなかったら、ぜったいクマと思ったべね」 と釣り師。  ほっとけ。

dikd9.jpg

 もう少し水量が多いと3条の流れになり、宮古市和井内の平片ノ滝に似てきます。
 周辺の雰囲気もよく、和める滝です。 水質も上等。

 これより少し上流、枝沢からの出会いの滝があります。

dikd11.jpg

 これもまとまり感のあるいい滝。
 よく見えないのは、小隊長の腕と、水量が少ないせいです。

 そして恒例の動物遭遇シリーズ。 って、だからそんなのありませんって。

dikd12.jpg

 トカゲなんだかカナヘビなんだか、とにかくそのたぐい。
 どっちか分からなくても、俺の人生困らない。

dikd13.jpg

 ミンミン鳴いてたからたぶんミンミンゼミ。 ほんとかね?

dikd14.jpg

 シカ科ではなく、ウシ科のニホンカモシカ。 これほんと。

 
 自宅に帰ったら、「なんでいつもコソコソ逃げ出すわけ?」 とお迎えのことば。
 意訳すれば、「よくぞ御無事でお帰りになられました。」 だと思うことにしています。
 さらに 「トイレの窓は開けっぱなし、エアコンは点けっぱなし、部屋の明かりも点けっぱなし。 さすが高給取りは違うっちゃねえ。」 などと毒舌波状攻撃のはじまりはじまり~。
 いたたまれなくなった小隊長、言葉を返す気力もなく、ビールもどきをがぶがぶ飲んでひたすらやり過ごすしか手はないのでした。

                                              金沢川 → 大槌川 → 大槌湾



 
スポンサーサイト
  1. 2015/08/03(月) 20:16:52|
  2. 大槌町の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (138)
巨樹・古木 (71)
野の花々 (34)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (70)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (101)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (120)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (14)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する