南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

馬越大滝

mgso1.jpg
 大船渡市の滝


 岩手県大船渡市にある馬越大滝です。
 陸前高田市との境界にある氷上山から、大船渡町の街中に向かって川が流れています。
 須崎川です。
 その中流部に、大船渡ではトップ5、いやトップ3に入るような滝が流れています。
 市街地に近いにも関わらず、ほとんど知られていない滝。
 市の観光パンフレットにも載っていないし、どこを探しても場所が分かる標識がありません。

 そこで南三陸滝見隊が初UPしてブログに公開したんですけど、こんなブログ、誰も見やしません。
 よって、公開後も無名のまま放ったらかし。

 須崎川に沿った林道をとにかく登って行きます。 ダートの凸凹道。
 道なりに進んで行って、途中1ヵ所だけ道が分岐しています。左右同じような道幅。 左の川沿いの道へ入ってください。
 傾斜がきつくなってきて、東北電力の61番の電柱が見えたら、そこが降り口です。

mgs01.jpg

 電柱は林道沿いにあちこち並んでいますから、馬越61番を見落とさないように。
 この先にちょっとしたスペースがあります。 軽ならなんとか駐車できるかと。
 不安ならずっと下の広いスペースに停めて、歩いてください。 10分もかからないはず。

 馬越大滝に降りるちゃんとした道はありません。
 適当に崖を降りて行きます。 ロープ不要。
 小隊長が降りて行ったら、至る所にテープが巻きつけてありました。
 降り口さえ分かれば、後はただ降りるだけだから、こんなんいらんとちゃうの?

mgso2.jpg

mgso3.jpg

mgso4.jpg

 この日、直射日光が強過ぎて思ったような画像が撮れませんでした。
 なんとかならんのか、俺のカメラ。 特価4000円じゃ文句もいえないか。

mgso5.jpg

 水質はクリア。 すばらしい滝です。
 滝は外側に膨らんだ形状をしており、下から撮影すると実際より低く見えます。

mgso6.jpg

 画像右側はのしかかるような岩壁、左側は急な斜面です。斜面の上が林道。
 滝は一枚岩盤の上を流れています。

mgso7.jpg

 渇水期なのにこれだけの水量があればいうことありません。

mgso8.jpg

 落差は、大船渡市の綾里不動滝のほうがやや高いかなあといった感じ。
 しかし水量は、こちらの方が断然。 迫力があります。 滝格なら間違いなくこちらが上。

mgso9.jpg

 上から撮った滝壷。
 さして広くはないけれど、深い。
 そして底まで透き通っています。


 馬越大滝を見た後、支流の上流部に行ってみました。

mgso10.jpg

 美しい一本滝。
 
 そのすぐ上の滝。

mgso11.jpg



 ここで話ががらりと変わります。
 昔々、須崎川上流に小さな村がありました。
 その村では、夜になるとタマコロガシという妖怪にたびたび襲われ、大切な食料を奪われていました。
 たまたま当地を訪れた武蔵坊弁慶に村の窮状を伝えたところ、助けてくれることに。
 その夜、弁慶が村の入口でまんじりともせずに見張っていると、山から妖怪タマコロガシが転がるように下りてきました。
 弁慶はナギナタ一閃。 ざっくり切られたタマコロガシは悲鳴を上げながら山へ逃げて行きました。
 翌日、村人と山に入った弁慶は、2つに割られ、岩と化したタマコロガシを発見したのでありました。
 それが、この巨岩。 妖怪タマコロガシの岩。 直径3m以上あります。

mgso12.jpg

mgso13.jpg

 つー話、この岩の前で1000人に話したら、1人くらいは信じるやついるかもしれないなあ。
 我が隊きってのウスラバカ、釣り師隊員なら、なんの疑いも無く信じそうな気がする。
 
 たいへん失礼しました。
 これ、発見した小隊長がねつ造した創作話。 大ボラです。
 発見してびっくり。沢の横に、真っ二つになって転がってました。
 人の往来が多い街道沿いにあったら、間違いなく伝説化していたと思う。

 ちなみに、須崎川最上流部には、廃墟となった人家などが散在する場所があります。
 数十年前のものか。その数、十数戸ほど。
 すでに残骸となったもの、藪に覆われ家には見えないもの、まだ立ち入ることができそうなものなどいろいろ。
 どうして行き来するにも困難な山奥に家を建て、そして誰もいなくなったのかは謎。
 昼でもちょっと薄気味悪い場所です。 こちらは本当の話。
 興味のある方は、真夜中に行かれてみては。
 妖怪タマコロガシに襲われてもしりませんけど。

                                岩手県大船渡市           須崎川 → 大船渡湾


 
スポンサーサイト
  1. 2015/07/13(月) 19:55:49|
  2. 大船渡市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (146)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する