南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

浜は鳴いているか

道草・寄り道・油売り

 宮城県気仙沼市の気仙沼湾に浮かぶ大島は、東北では最大の有人島です。
 島内にはおよそ3000人が暮らしています。
 本土からは完全に離れた島ですが、気仙沼市街地からは、陸続きにしか見えません。

nkh01.jpg
 島の全体像。南北に長い島。画像左が北になります。気仙沼市街地の大川河口から撮影しました。

nkh03.jpg
 本土側とくっついて見えるので 「どこが島じゃい!」 と言われそう。
 手前の堤防がある部分が本土。崖しか見えない部分が大島です。
 
 いちばん高い所が亀山。234mほどあり、麓から観光リフトで登れました。
 「ました」 というのは、被災して現在運転していないはず。
 小隊長は 「ハイキングさ行ぐべ」 とガキどもに連絡船に乗せられ、いやいや登った記憶があります。おもさげないこってっす。
 島へ渡るとけっこう大きくて、バイクでも走りがいがあります。
 被災後は一度も大島に足を踏み入れてません。


nkh02.jpg
 左側が大島最南端、龍舞崎。右側が本土の潮吹き岩のある岩井崎。その間を抜けると太平洋です。
 こうやって眺めると、岩井崎も被災してボロボロだなあ。

nkh04.jpg
 
 本土から島へは30分近くかかる連絡船しか交通手段がなく、大震災ではしばらくの間完全孤立してしまいました。
 それがきっかけとなったかどうか、本年度ようやく連絡橋が架けられることになりました。

nkh05.jpg

 本土と大島の間には大島瀬戸という海峡があります。その間の距離、わずか300m。
 どうしてこれだけの狭いところに今まで橋を架けなかったのか。


九

 大島には鳴き砂で有名な十八鳴浜(くぐなりはま)があります。
 大津波の襲来で、今どうなっているのでしょうか?
 地震によって地盤は確実に沈下しており、砂浜が以前のまま変わっていないとは考え難いです。

 鳴き砂は、気仙沼にもうひとつ存在します。
 唐桑半島付け根部分にある 九九鳴き浜(くくなきはま)です。
 近い場所に2つもあるなんて、日本で他にあるのでしょうか?

 大島へは高額な料金を払って渡る気がないので、唐桑の九九鳴き浜へ行ってみることにしました。
 もう何十年も行ったことがなく、大震災でどうなっていることやら。
 砂浜が残っていたとしても、残骸などで汚染され、砂が鳴かなくなっている心配もありました。

 気仙沼市街地から九九鳴き浜へは海岸伝いにも行けますが、対向車が現れると冷や汗をかくような狭い山道なので根性ある人か、後先考えないノーテンキな人にしかお勧めできません。
 狭くても一応完全舗装です。積雪プラス坂道バックのお得意な方はどうぞ。
 行くには石割峠を越えるか、国道45号線から唐桑半島側を回り込んだ方が無難。

nkh07.jpg

 九九鳴き浜入口。標柱とカーブミラーが目印。
 画像左側に駐車スペース有り。2台ぐらい停められます。
 右側の下り口を下りて行くと貝浜という別の場所に行ってしまいます。
 正面の上り坂が九九鳴き浜への下り口です。
 海岸へ下りるためには、まず登らなければいけません。
 三陸はこんなところばかりで、何かとめんどくさい。
 
 遊歩道はちゃんと整備されているので、普通の靴で問題ありません。
 トコトコ1kmばかり道なりに歩いてください。途中、長い昇り降りの階段が待っています。
 車を入れるようにしようと思えばできるのでしょうが、そうすると徐々に砂が汚染されて鳴らなくなるから、あえてしないのだと思われ。

nkh08.jpg
 九九鳴き浜。横幅300メートル足らずのちっちゃな砂浜です。
 今でも鳴るのだろうか、と恐る恐る足を踏み入れました。

 結果。 鳴きました。
 ただし、すべてではありません。鳴かない場所が多く、鳴く部分もある、といった程度。
 靴底を砂浜にこすりつけるように歩くと、クッ・クッ といった感じで鳴きます。
 以前訪れた時は、もっと高音でキュッ・キュッ と鳴いたような気がしましたが。

nkh09.jpg

 砂粒はサラサラの微粒子で石英成分を多く含んでいます。これが鳴く要因。
 不純物が砂に混じると鳴かなくなるそうで、環境が汚染されればやがてはまったく鳴かなくなるかもしれません。

 (唐桑半島先端部にある 津波体験館では十八鳴浜と九九鳴き浜の砂を展示して、音が鳴るのを実体験できるコーナーがありました。現在どうなっているのか、震災後行ってないので分かりかねます。)


                              宮城県気仙沼市 大島 及び 唐桑半島 九九鳴き浜




 
スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 20:20:47|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (155)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (125)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する