南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

危険な生物

道草・寄り道・油売り


 今年1発目の遭遇。
 マムシです。
 沢の入口の林道に寝そべっておりやした。

P6010007.jpg

 隊員の一人が、車にでも轢かれて死んでいると思って近付いたら、いきなり動き出したもんで 「ウオッッッ!!!」と奇声を発して飛び上がりました。
 近付かなければ特にどうこういうことはないようです。

 小隊長は住田町の山の中で、崖をよじ登ろうとした時、目の前にマムシがとぐろを巻いるのを発見して、危うく転落しそうになったことがあります。
 隊員の一人は、枯れ枝と勘違いしてマムシを掴んだことがあります。
 こいつは崖から転落しました。幸い無事。

 考えてみれば、マムシに限らず山の中には危険生物がいっぱいいますね。

 同じヘビの類ではヤマカガシも毒を持っています。
P5250014.jpg

 クマも鉢合わせしたら相当ヤバイですけど、ホイッスルを吹きまくっていればまず大丈夫。
ボクは熊

 
 恐ろしいのはスズメバチです。

c0142963_194647100.jpg

 こいつら全然見境ないですから。一度攻撃態勢に入ったら、山の中では逃げられません。
 巣に近付くなっていわれても、その巣がどこにあるのか分からないことだってあるし。
 せいぜいスズメバチの活動する時期には、なるべく白っぽい衣服を着ることくらいしか予防策はないみたいですね。

 後は、ダニとかヤマビルですか。
 ダニは山に入れば普通にいます。
 山から下りてきたら、バイクの上がダニだらけ、といった時もありました。
 できるだけ肌を露出させないことが唯一の予防策のようです。
 
 ヤマビルはまだ実物を見たことがありません。
 山陰になった沢などの湿った場所に生息するらしく、その点では滝見隊と共通してます。
 ただこれまで隊員の誰一人として噛まれていないので、南三陸に生息しているのか不明です。

 アブや蚊、顔面にまとわりつくちっこいハエみたいな奴(メマトイというらしい)もウザッたい。
 アブは明るい放牧地みたいなところにいます。
 やはり熱くなったバイクにたかってきます。

 メマトイは払っても払ってもつきまとうし、ほっとけば目や鼻の穴にまで入ってくる厄介者。
 防虫ネットを被ってないとイライラがつのります。

 不思議なことに、山で蚊に刺されることはめったにありません。
 昨年、小隊長は山中に限れば1度も刺されませんでした。




 
スポンサーサイト
  1. 2013/06/01(土) 22:40:48|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (158)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (63)
陸前高田市の滝 (127)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する