南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

女滝と行者滝

                                           栗原市の滝

 
 宮城県側から栗駒山へ行って来ました。
 岩手県・宮城県・秋田県にまたがる山で、岩手県では須川岳、宮城県と秋田県では栗駒山と呼んでいます。
 以前、この山の麓をぐるっと1周したことがあって、その時、栗駒山は宮城県側が正面になるんじゃないかと思いました。
 邪魔する山が手前にないので、いちばん雄大に見えたからです。
 岩手側からだと遠過ぎて迫力がないし、秋田側だと山の中で埋没してしまいます。

DSC05592.jpg
 栗原市の平野部から眺めた栗駒山。
 肉眼ではもっとくっきりはっきり見えたのですが、カメラの腕がありません。申し訳ない。

 その栗駒山麓に行者滝があります。
 名の知られた滝で、観光地化しています。
 駐車場・トイレ・東屋・観光案内板すべて完備。
 岩手宮城内陸地震により、周辺の岩盤が崩壊し滝の形状が変わってしまいました。

 行者滝は別名男滝とも言うそうです。
 ということは、女滝もどこかにあるはず。

 はい、ちゃんとあります。
 行者滝から500mほど上流にあって、こちらは山道を歩かなければならず、隠れた存在の滝でした。
 女滝も岩手宮城内陸地震により手ひどい打撃を受け、Webで見られるかつての面影はどこにもありません。

DSC05704.jpg

DSC05699.jpg

DSC05698.jpg

 赤茶けた岩石がむき出しになっています。周辺の山も崩壊したままです。
 水量が多く、迫力こそありますが、滝としての情緒的なものはありません。
 水は濁ったままです。土砂の濁りなのでそれほど気にはなりませんが。

 印象度  

 行者滝の落ち口付近から女滝のある裏沢に沿って地震後に造った林道が伸びています。
 ただし通行止めで車は入れません。奥の崖から巨大な岩が崩落しています。
 徒歩なら割と簡単に行くことができます。ヤブコギなし。
 地震前ならともかく、現在ではわざわざ見に行く価値があるのかちょっと疑問。

 
 ついでに、行者滝も載せておきます。
 こちらはびっくりでした。
 様子が大幅に改善されています。

DSC05694.jpg

DSC05696.jpg

 イメージが良くなっています。
 緑が増えてアラを隠したせいだと思います。
 それにしても、落ち口の工作物がやっぱり邪魔。

                                裏沢(女滝)→三迫川→迫川→北上川






 
スポンサーサイト
  1. 2013/05/18(土) 20:40:47|
  2. 栗原市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (134)
巨樹・古木 (66)
野の花々 (29)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (6)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (69)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (100)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (119)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (13)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する