南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

浅布渓谷の滝

                                           栗原市の滝

 話が前後して誠に申し訳ございません。
 先に紹介した「削沢の滝」へ行く前に立ち寄った浅布渓谷の滝を今回紹介します。
 削沢の滝よりずっと下流で、一迫川本流にあるのが浅布渓谷です。

 ここに大きな滝があります。
 「不動の滝」 と 「四巻の滝」 です。
 削沢の滝のように危険を覚悟しなければ滝下まで行けないようなものではなく、遊歩道が整備され老若男女誰もが見れる観光滝です。川まで降りなくても全体像が見えます。
 にもかかわらず不人気な場所。
 連休中とあって、すぐそばの国道は通過する車がひっきりなしでしたが、渓谷の駐車場には我々のバイクが4台きり。なんでやねん。
 滝は我々がいつも見慣れている南三陸の滝のようなしょぼいもんじゃないですよ。問答無用のデカさ。

DSC05612.jpg

DSC05598.jpg

DSC05595.jpg

DSC05601.jpg

 これが上流側の 不動の滝です。

 落差はそんなにありませんが、滝幅と水量がハンパないです。
 こんなのをナイアガラの滝型といえばいいのか、とにかく豪快な流れ。
 水量の豊かさを感じます。

 すぐ下にもこれとほぼ同サイズの滝が流れています。

DSC05606.jpg

DSC05603.jpg

 上の滝だけを 「不動の滝」と呼んでいるのか、上下合わせて呼んでいるのか分かりません。
 個人的には2つ合わせて呼んだ方が絶対に良いと思います。
 単純にサイズが倍になるだけでなく、見た目や迫力が段違い。
 これだけ規模の大きな滝は、我らの住む南三陸には存在しません。うらやましい。

 印象度は 

 欠点は水質がそれほど良くないこと。
 でも人工的ではなく自然の濁りのようです。
 岩手宮城内陸地震の影響がいまだに続いているんでしょうか?

 不動の滝の横の崖からは一筋の滝が流れています。
 全体の高さは見上げるばかりのものですが、当日は水量が少なく、滝としての存在感が希薄だったのが残念。

DSC05607.jpg

 不動の滝から300mばかり下流には 四巻の滝 があります。

DSC05614.jpg

DSC05616.jpg
 
 不動の滝と水量が変わらないはずなのに、ずいぶん小ぶりに見える滝です。
 これだけ単独に見たら悪くない滝だと思うのですが、不動の滝の後ではかなり見劣りしてしまいます。

 印象度  

                                       一迫川→迫川→北上川



スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 17:08:55|
  2. 栗原市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (141)
巨樹・古木 (71)
野の花々 (34)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (6)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (79)
住田町の滝 (102)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (14)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)
東松島市の滝 (1)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する