南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

カッパの滝 (同間ノ滝)

                                           一関市の滝

 
 岩手県一関市の厳美渓近辺にある滝を、滝バカこと気仙沼隊員と一緒に巡って来ました。
 今回からそれらの滝を4回に分けて紹介します。
 どの滝もアクセスがよいので、みなさん御存じの滝ばかりだと思います。紹介するまでないかも。

 まずは、カッパの滝から。

 本寺川が磐井川本流に合流する、その出会いにあります。
 容易に近付けないため対岸の崖上から眺めるのが一般的。
 
 我々は滝下まで降りました。
 滝下まで降りるにはザイル必携です。
 気仙沼隊員は身軽にスルスルとハングオーバーの崖を降りていきました。
 体重が軽いこともあってキレッキレの動き。ちょっとくやしい。
 一方小隊長はといえば、体重過多の上、手足が短いものだから恐怖感でガクブルでした。
 崖はどこもかしこも悲鳴をあげたくなるほどえぐれているので、端っこに行くとホントに怖い。

cpt01.jpg

 で、出た~~っ!!
 まさしくカッパ。カッパ以外の何があるか、といったユニークな形をしています。
 もちろん滝もいいんですけど、この場所に関しては河童の岩に完全に主役の座を奪われてしまっていますね。
 目と鼻もちゃんと付いています。誰がどう見たってもう河童そのものです。
 正式には 「同間ノ滝」 と言うらしいのですが、地元でもカッパの滝で通ります(検証済み)。
 それだけインパクトが強い訳で、もうこの際、「カッパの滝」あるいは「河童滝」として正式名称にしてもいいんじゃないでしょうか。そうもいかないか。
 展望台を整備したら、間違いなく厳美渓観光のひとつの目玉になりますって。

cpt02.jpg

 滝下から河童の正面を見上げるとこんな感じ。巨大な河童に喰われそう。
 ネコヤナギが芽吹いていました。

cpt03.jpg

 河童の咽喉元を水が流れていきます。いくつもの滝壷が形成されていました。

cpt04.jpg

 滝の落ち口です。
 すぐ直前にも滝壷があります。珍しい。

cpt05.jpg

 広い滝壷。でも磐井川の一部のようになってしまい、あまり滝壷らしくありません。
 撮影している足元の辺りはススキやヨシ、そして樹木が生い茂っていて視界の邪魔をします。
 足元がおぼつかなくなるし、かなりウザイ。
 地元の人に聞いたら、かつてはここに平たくて大きな岩があり、泳いだ時に日光浴をしたり遊んだりしたそうです。流れが急だし、深すぎるし、第一水質が良くないので、今なら考えられないことです。

cpt06.jpg

 上流側から見ると、河童には見えません。
 川沿いの傾斜が恐い。滑って転落したら、磐井川まで止まりそうにありません。
 奥のコバルトブルーに見える水は磐井川本流です。右手が上流になります。
 対岸の崖が少し見えます。
 だいたい対岸の画像に見える辺りからこの滝を眺めるのが一般的じゃないでしょうか。

cpt08.jpg

 河童の顎の下、あるいは口のあたりに小さな丸い粒が見えるのがお分かりでしょうか。
 スズメバチの巣です。
 昨年、活動している時期に訪れたら大変なことになっていたかもしれません。

 肝心な滝の事に触れていませんでした。
 滑らかな岩盤を滑り降りてくるような形状をしています。
 水量が多く、懸念していたほど水質は悪くはありませんでした。
 実は、春先なら雪解け水が多いだろうし、田畑の耕作もまだ始まっていないので濁りが少ないはず、しかも木々が芽吹いておらずヤブコギするのも楽、というわけでこの時期が大チャンスで前々からねらっていたのでした。
 目論見が当ってホッとしましたが、決して水質が良いわけではありません。
 思っていたより良かったという程度です。
 印象度は、そのスタイルを加味して 


 この場所から見える滝はカッパの滝だけでなく、もうひとつあります。
 それは、カッパの滝を見ようと対岸の展望できる位置に立ったその足元にあります。

cpt07.jpg

 水量は少ないものの、落差30mくらいありそうな高滝です。
 画像で見るより実物の方がびっくりするはずです。
 春先だけこんなふうになるのか、通年こうなのかは不明です。
 印象度  


                             カッパの滝   本寺川⇒磐井川⇒北上川





スポンサーサイト
  1. 2013/03/25(月) 19:31:55|
  2. 一関市の滝
  3. | コメント:0
<<鍋滝 | ホーム | 長桂寺の巨樹たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (148)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する