南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

裏碁石

道草・寄り道・油売り

 今回は大船渡市の碁石海岸です。
 行かれた方も多いと思います。行ってないけど、名前くらいは知っているという方も。

 碁石海岸のメイン会場は、穴通磯を除くとレストハウスから岬突端部にかけての南側ではないでしょうか。
 ざっと挙げただけでも、乱暴谷・雷岩・千代島・碁石灯台・展望台・碁石浜があり、世界の椿館や博物館といった施設もあります。天然温泉の旅館なども。
 遊歩道の高低差がそれほどない上に展望も良いとなれば、どうしてもそちらの方に足が向いてしまうのは仕方のないところ。むしろ当然ですね。

 でも、レストハウスから北側、穴通磯までの遊歩道にもけっこう見どころがあります。
 観光客があまり歩かないこちらを、小隊長はこっそり「裏碁石」と呼んでいます。
 ハイキングやお忍びデートなら絶対こちらをオススメですね。
 今回はこの裏碁石を御紹介します。

 レストハウスの裏は、ニッコウキスゲやヤマユリ、紫陽花が群生する花畑です。ほとんど知られていないことですので、季節になったらぜひどうぞ。見事ですよ。
 そこから北にある穴通し磯までずっと遊歩道が続いています。
 まず現れるのが、小浜から見た洞門。

ug01.jpg

 パッと見、穴通磯のように見えます。穴通磯を見る前にこちらを見たら間違えるかも。
 こちらは貫通している穴はひとつだけ。特別名前が付いているわけではなく、ただ洞門としか記されていません。展望の悪さがマイナス。

 次は大浜。玉砂利の海岸です。

ug04.jpg

ug02.jpg

ug03.jpg

 碁石海岸はその名の通り玉石の海岸ばかりで、砂浜はどこにもありません。
 身体に砂が付かず、足が痛くないので、夏の海水浴には良さそうに思えますけど、岸からすぐにドン深で危険です。
 いくら内陸が暑くても、夏の三陸にはヤマセが襲来し肌寒ささえ覚えることがあるし、海水はとても冷たいです。

 次は貝島。
 ま、ただの小島です。

ug05.jpg

 ug06.jpg

 碁石海岸には波によって浸食された穴がたくさんあります。
 波の圧力によって穴の中の空気が圧縮されドーンと重低音が響きます。
 雷岩はその代表格ですが、雷岩ばかりでなく、他にも音のする穴が点在しています。

ug07.jpg

 椿園。全国各地の椿が植栽されています。
 世界の椿館は有料。こちらは野外で無料です。
 椿館の椿はすでに咲いていますが、こちらはまだ固い蕾。
 小隊長はこちらの方が好みです。
 碁石半島を巡る海岸の道路からダイレクトに車で入ってくることもできます。
 何故かほとんど宣伝されていない場所。東屋もあり穴場です。

 次は赤土倉。小さな漁港になっています。
 確か、岩手宮城内陸地震の時、この岩壁が大崩落しました。

ug09.jpg

 ここの売りは、この巾着岩。

ug08.jpg

 碁石海岸のほぼすべてがゴツゴツした岩場だけに、この形はひと際異彩を放っています。
 昔はもっと植物が生えていたような気がしたんだけど・・・。
 画像で見るより実際はずっと大きいです。

 こちらにも海蝕された穴が。

ug11.jpg

 この断崖の辺りがちょうど北緯39度線になります。断崖の上、遊歩道にその標識が建っています。
 
 ちなみに、北緯40度は確か普代村の黒崎灯台のあたりではなかったかと。
 マドリード・アンカラ・北京・ニューヨークそして秋田市などがこの線上に並んでいるそうな。
 では39度線はといえば・・・・・・・・・・知りません。

 ug10.jpg

 碁石から対岸の赤崎町長崎地区を展望。
 画像左方向が大船渡湾内、右が太平洋です。
 ただし写っている範囲内はすべて大船渡湾になります。
 法規上、碁石灯台から長崎灯台の内側が大船渡湾で、湾港防波堤(もうありません)の内側を大船渡湾と 言うのは便宜上そう見えるからだそうです。
 と、大船渡のニーハオ隊員から聞きました。ホントだろな?

 そして穴通磯に到着。
 碁石海岸ばかりでなく、大船渡市のシンボルでもあります。

ug12.jpg

 震災前はこの穴を観光船がくぐっていました。
 津波によって船を流され、桟橋は地盤沈下により使用不能。
 再開はいつになるのでしょうかね。
 



スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 22:12:59|
  2. 道草・寄り道・油売り
  3. | コメント:0
<<清瀧神社の大滝 | ホーム | 新田土手の白鳥>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (153)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (124)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (14)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する