南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

気仙沼の巨樹・古木

巨樹・古木


 南三陸滝見隊は、東日本大震災によって人的にも物的にも大打撃を被り、メンバーが半減してしまいました。
 幸いにして亡くなった者こそいませんが、除隊した者は南三陸から離れざるを得ませんでした。
 震災前には予備役ならびにオブザーバー含めて(何のこっちゃ分からないと思いますがお許しください)総員8名で編成されていました。
 しかし現有勢力はわずか4名。

 この残った4名には共通点があります。
 それはボーダーレス。
 といっても、宮城県と岩手県、さらに絞り込めば気仙沼と気仙地方の間だけなのですが、とにかく県境に関係なく行ったり来たりして生活している連中なのです。

 滝バカこと気仙沼隊員は文字通り宮城県気仙沼市に住んでおります。しかし勤務先は岩手県陸前高田市内です。
 逆に釣り師隊員は、陸前高田市に住んでいながら、勤務先は気仙沼市です。
 両者は毎朝国道45号線ですれ違う間柄。毎日毎日顔を合わせるものだから、たがいに「うっとうしい」と言っております。ハハハ。
 大船渡のニーハオ隊員は、先祖が宮城県人で、代々岩手県まで北上してきた家系らしく、親類縁者は宮城県の方が断然多いらしい。通算すると20年宮城県仙台市で暮らしてきた男です。
 かくいう小隊長も、結婚以来陸前高田市内に居住していますが、高校まで気仙沼におりました。実家(津波で流されました)は気仙沼市です。

 元々我々が住んでいる地方は、「計仙麻」から「陸前」、そして「伊達藩」「仙台藩」に至るまでまるごと「気仙」としてひとくくりにされていた場所なので、方言も同じだし、ひとつの生活圏として行き来しているのも当然といえば当然ではないかと思っています。どちらに行ってもまったく違和感がありません。明治になるまで一緒だったのですから当たり前ですね。
 歴史的に結び付きの強い気仙沼と気仙地方は「こちら側」という意識が染みついているし、その反面行政的には同じ岩手県といっても、親類縁者誰もいない釜石市以北は、方言やイントネーションが異なり、何となく「あちら側」というイメージがあります。

 
 そんなこととはまるで関係なく、今回は実家のある気仙沼市にある巨樹・古木の紹介です。

 まずは唐桑町にそびえる2本の巨木から。

DSC04222.jpg

DSC04224.jpg

 「下二本杉」といいます。
 樹齢ははっきりしていて、現在720歳だそうです。
 どちらも目通り幹囲6.2mの巨木。
 道路際だし、すぐ下の周囲に民家があるためか、かなり上方まで枝が伐採されています。
 ちょっと可哀そうですね。鬱蒼とした枝ぶりが見たかったです。
 道路を挟んだ向かい側には、被災した人たちの仮設住宅が並んでいます。
 かつては「上二本杉」という巨木もあったそうですが、切り倒されたということです。


 続いては気仙沼市内の宝鏡寺境内にある巨木4本。

DSC04226.jpg

 駐車場前のアカマツ。
 古木になりかなり傷んだためか、裏側に回ると治療を施された跡が鮮明に残っています。

DSC04231.jpg

 幹の太さよりも、むしろ樹高の高さに目を奪われます。

 山門横にあるイチョウの古木。

DSC04228.jpg

DSC04227.jpg

 大きくなりすぎて、枝をあちこち切られてしまったようです。
 幹の太さに比べて枝張りが物足りません。もったいないです。

 今度は本堂正面にある、おそらくサワラと思われる大木。

DSC04229.jpg

 雰囲気持ってます。でもちょっと葉の付き具合が良くないような気が。
 サワラはヒノキの親戚で非常に似ています。遠目からだとどっちがどっちだか。
 サワラはヒノキより葉付きがまばらだそうですので、こんなものなのでしょうか?

 本堂の裏にもサワラらしき巨木がありますが、断らないと入れないので今回はスルーしました。


 宝鏡寺からすぐの平八幡神社にもすごいサワラの巨木があります。
 なんと6本も。

DSC04238.jpg

DSC04239.jpg

DSC04240.jpg

 幹周は4メートルから5m。
 何も記してありませんが、神社への参道の並木として植えたのがはじまりだったのかも。
 そうじゃないと、こんなに太さが揃っている訳がないですよね。
 宮城県の天然記念物に指定されています。





 
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 21:59:11|
  2. 巨樹・古木
  3. | コメント:0
<<久保の大桂 | ホーム | 関谷洞窟の氷筍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (151)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (36)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (122)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (14)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する