FC2ブログ

南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

僧呂滝

kmlo1.jpg
 宮古市川井地区の滝        


 山に生えているアジサイも種類がよく分からない植物のひとつ。
 おそらくこの辺のは、エゾアジサイだとは思うものの、ガクアジサイがあれば、ヤマアジサイもあり、おまけにこんな色変わりもあるし。
 ともかく、今はアジサイの季節で、山に入れば沢筋でたいていお目にかかります。
 こんなのはいくらお目にかかっても構わないけれど、山に入ればいつかはお目にかかってしまうヤバい奴がいます。
 クマです。
 今回出会ってしまいました。
 沢の名が熊穴沢っつーんだから出会うのも当然か。

 岩手県宮古市川井地区。
 久しぶりに僧呂滝へ行ってみることにしました。

 熊穴沢(地元ではクマンナ沢というらしい)へ入ってすぐに小さな滝があります。
 たしかドウドウの滝とかいったはず。
 バイクを停めて写真を撮ろうと思ったのですが、泥濘地だったんで、スタンド立てたらコケそうなんで、先へ進むことにしました。
 そしたら林道の真ん中にしゃがんでいたんですよ。
 こっちがあっ!!と思ったら、向こうもアッ!!と思ったらしく、脱兎のごとく(クマなのに兎はないだろ)藪の中に飛び込んで行きました。 間違いなく成獣です。
 「い、今の見たか?」
 「何を?」 とニーハオ隊員。
 「あ、いや、何でもねえ」
 しゃべるの面倒くさくて、おっかなびっくりそのまま前進。
 現場を通り過ぎてから、心臓バコバコし始め、しばらく落ち着きませんでした。
 帰りに確認したら、付近にミツバチの巣箱が設置されていました。

 久しぶりに入った林道は随分痛んでいました。
 崩壊が進んでいます。
 以前は滝の横まで普通に車で行けたのが、崖崩れや倒木で現在では途中までしか行けなくなっています。
 廃道と化した道端にバイクを停め、そこからはしばらく歩き。

kmlo2.jpg

 懐かしい 僧呂滝 の看板。
 柱が腐って、立て直すこともできません。
 味のある看板だったのに。
 滝はこの下に流れています。

kmlo3.jpg

 定番の位置から。 滝の前のカエデが邪魔。
 かといって、岩盤の上に乗っかってのピンポイントの撮影なんで、移動することは不可能。
 この位置、崖下から十数mの高さがあります。

 で、上流側に場所を換えて、再度チャレンジ。

kmlo4.jpg

 なんて撮りにくい滝なんだべ。

kmlo5.jpg

 僧呂滝 落ち口から。 右下が滝壺。
 ロープで支えてもらっても、これが限界。

kmlo6.jpg

  僧呂滝はパッと見1本滝に見えますが、実は2段構造の滝です。
  これは上段の滝。

 
  まあ安全を期すなら、この程度で良しとすればいいんでしょうけど、正面から見ないといまいちフラストレーションが溜まるのも事実。


 一応ロープは持参してるんですが。
 「どうする? やっか?」 崖のえぐれ度がハンパないので気が進まない。
 「せっかく来たんだからやっぺし。」 ああ、やっぱりな。

 道路を下りながら、どこか降下に適当な場所はないかと確認。
 ロープで宙づりになるのだけはまっぴらごめんです。
 100mほど下ったところに、えぐれのない場所があったので降下ポイントにしました。

 ハンパでない急斜面。
 樹木にロープを縛り付け、慎重に慎重に降下開始。
 川床まで降りたら、後は楽ちん。
 水深は深いところでも膝くらいまでしかありません。
 やや滑りやすい水質。 上流何もないのですが。
 川底は歩きやすいので、バシャバシャ侵攻。

 間もなく僧呂滝というところの左岸からは、これまた趣のある高滝が流れ落ちています。

kmlo7.jpg

kmlo8.jpg

 これ、もう少し水量あると素晴らしい滝に変貌します。

kmlo9.jpg

 右に僧呂滝。 左上の崖上辺りが最初の撮影場所です。 足元がえぐれています。

kmlo10.jpg

 僧呂滝。

kmlo11.jpg

 いい滝です。

kmlo12.jpg

 川底から遠目に見ると、2段の滝だと確認できます。
 薄暗い場所で手持ちのコンデジ。 ボケボケ画像で申し訳ありませぬ。

kmlo13.jpg

kmlo14.jpg

 デジイチ担いで来てスローシャッター使えば綺麗に撮れるはず、とは思うものの、随分前からそんな気力を無くしています。
 水中落っことしてもあきらめの付く値段と 持ち運びの軽さを最優先。
 芸術性のある画像より、とりあえず記録ってことで勘弁願います。

kmlo15.jpg

kmlo16.jpg

 いろいろ試しても、画像にあまり変化のつかない滝です。
 でも、世界観のある素晴らしい滝ですね。

 このまま林道が廃道化していったら、この滝もいつか忘れ去られるのだろうか?
 それではあまりにももったいないので、道路だけは補修してほしいもんです。

 (それから滝からの帰りに発見したんですが、相当下流に、ロープを使わず安全に川岸に降りられる道をみつけました。
 少々ヤブコギありますが、危険性は少ないはず。)


   岩手県宮古市川井   僧呂滝   熊穴沢 → 小国川 → 閉伊川

 
スポンサーサイト



  1. 2019/07/29(月) 20:45:27|
  2. 宮古市川井地区の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (198)
巨樹・古木 (95)
野の花々 (48)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (2)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (12)
宮古市田老地区の滝 (4)
宮古市新里地区の滝 (11)
宮古市川井地区の滝 (28)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (12)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (17)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (9)
奥州市胆沢区の滝 (9)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (25)
一関市花泉地区の滝 (2)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (24)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (17)
遠野市の滝 (91)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (43)
釜石市の滝 (97)
住田町の滝 (117)
大船渡市の滝 (100)
大船渡市三陸町の滝 (70)
陸前高田市の滝 (145)
気仙沼市の滝 (30)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (21)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する