FC2ブログ

南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

青野滝川の滝

aoju1.jpg
 宮古市田老地区の滝


 田老の廃鉱山を出た滝見隊は次の、そして最後の目的地へ向かいました。
 といっても幾らも走らない距離だし、かつて来た道。
 前回, 周辺をウロウロしたおかげで土地勘もあります。

 国道45号線から青野滝集落へ向かう細い道をしばらく下がっていくと、左に枝道があり、入ってちょっと行くと空き地があるので、そこへバイク4台を並べました。
 
 この場所は台地状になっており、北側の谷底に川が流れています。
 高すぎて上からはまったく見えません。 青野滝川です。
 
 台地の上から、川底まで下りるルートは確立されていません。
 地域住民にとって この森は何の用もないのか、杣道・山道など確かな道がどこにもないんです。
 なので、適当な場所から谷底めがけて適当にヤブコギしながら降りて行くだけです。
 高度差200m。まるで奈落の底。 しんどい。 森の中は風が通らないため湿気が多く、汗ダラダラになります。
 途中道らしきものに遭遇して辿っていくといきなり断崖で終わったりして。 おそらくケモノ道でしょう。
 羽虫が飛び回りイライラさせられます。 濡れた衣服がまとわりついて動きにくい。
 かついできた来たザックが枝に引っかかってコケそうになったり。 
 滑るし、急斜面では掴まるものがないと転落しそうです。

 とにかく谷底まで到達したら、あとは滝目指して進むだけ。
 前回はそれで失敗し逆方向へ進んでしまいました。
 今回は降りた場所に見覚えがあって、位置関係が判断できたので迷うことがありませんでした。
 アホはアホなりに頭の片隅に記憶が残っていたようです。

 青野滝川には3本の滝が流れていると前々から知っていました。
 下流側2本は、連続した段瀑で、2本合わせて 青の滝 というようです。
 この滝が元になって、青野滝川やら青野滝という地名が起こったようです。
 名前の通り、滝つぼの色が神秘的な碧い色をしているのが特徴。
 そして上段の滝は隠れ滝となり、正面からは見えない構造になっています。
 
 この滝から上流にもすばらしい滝が流れています。
 前回来た時、ニーハオ隊員の突然の体調不良により滝の姿を見ないまま撤退していました。
 しかしその姿は、ブログ『ハイキングさ あべじゃ』の画像により知っていたのです。 ありがたいこってす。

 上流へ向かってジャブジャブ川を遡っていくと、間もなく現れました。

aoju3.jpg

 青の滝 です。
 これは下滝。
 広くて大きな滝壷があります。
 すぐ上に上滝が流れているのですが、穴倉のようで正面からは見えません。
 これが隠れ滝といわれる由縁。

aoju4.jpg

 気になることがありました。
 前回訪れた時より碧い水の色が若干薄れたような気がします。
 前回は、上流でまだ三陸道の工事が行われていました。
 今回は完全に終わっています。
 なのにこれはどういうことなのでしょうか?

aoju5.jpg

 上滝を見るには、画像左側の下滝の横を登っていくのが唯一の方法。
 滝の左右とも高い岩盤がのしかかるように覆っていて、それ以外は登攀不可能なのです。
 斜めになった岩場で、濡れて非常に滑りやすく、引っ掛かりがほとんどなく、人ひとりがやっとの場所。
 我々は交代で上滝を撮影によじ登りました。
 3人登って足場がヌラヌラしてきたためか、4人目に登っていった釣り師がまんまと滑って滝壷へダイブ。
 「おい、泳ぐのはこの後の滝だって言ってっぺよ。はしゃぐの早いぞ」 と容赦ない罵声。
 「スマホ、どした?」と心配すると、
 「ザックの中。 持ってなかった。」 さては狙ってやったのか。

aoju6.jpg

aoju7.jpg

 これが上滝。
 撮るのにこれがギリギリ。
 暗くて画像がぶれまくりですが、三脚なんか置くところがありません。 っーか、元々持って来なかったんですけど。
 固定できる足場がなく、気を許すとズルッといきそうで怖い。
 ユニークなすばらしい滝ですが、とてもやっかいな滝でもあります。

 これより上流を目指すためには、滝を直登できないので高巻きをしなければいけません。
 左右どちらにも巨大な岩盤があり、ここをえっちらおっちら登って回り込み、さらにまた川まで降りることになります。
 どちらにしても急登なので辛い。

aoju8.jpg

 下から20分くらいかけて青の滝の落ち口まで回り込みました。 洞穴みたいです。

 これより100m程で上流の滝へ行くことができます。 
 特に障害になるような場所はないので川まで降りれば後は楽。

aoju9.jpg

 見えました。 素晴らし。

aoju10.jpg

 まとまりの良い滝で、景観も文句なし。
 小休止すると、着ている服のまま滝壺に飛び込みました。 
 蒸し暑さに耐えられず、今年初の水浴びとなりました。
 生き返った感じ。

aoju11.jpg

 特に指摘するような欠点がない滝です。
 もしこれ以上望むとすれば、規模的なものくらいかな。
 印象度    
 
 沢登り用のコスチュームなので、水に濡れても気にならないのですが、この後の急傾斜の戻りは青息吐息のきつさ。
 バイクまで戻った時には、泳いだ時の気持ちよさはすっかり消えていました。
 さらに、せっかく着替えて帰路に就いたのに、宮古市内でいきなりのゲリラ豪雨に遭遇。
 バイクでは逃げ場がなく、ひたすら早く止んでくれと祈るばかり。
 体中突き刺すような雨に打たれて、ヨレヨレで帰還しました。 
 
 しばらく北方面に出かけなかったので忘れていたことがありました。
 滝見隊が北に向かうと雨が降るという鉄板みたいなジンクスがあったのです。
 お天とさんはそれを忘れさせまいと、今回も律義に実行してくれたようです。
 んでも、見たかった滝は見れたし、とりあえず無事でなにより。


    岩手県宮古市田老    青野滝川     青の滝  など


スポンサーサイト
  1. 2018/07/31(火) 19:33:11|
  2. 宮古市田老地区の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (181)
巨樹・古木 (88)
野の花々 (42)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (2)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (4)
宮古市新里地区の滝 (11)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (11)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (17)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (25)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (81)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (42)
釜石市の滝 (92)
住田町の滝 (108)
大船渡市の滝 (96)
大船渡市三陸町の滝 (66)
陸前高田市の滝 (137)
気仙沼市の滝 (28)
南三陸町の滝 (17)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (18)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する