FC2ブログ

南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

浄土ヶ浜遊覧

IMG_2135.jpg
道草・寄道・油売り


 これまで4回も乗っているのに、またしても乗るハメになっていまいました。
 海が好きで自前の船も持っていたくらいだから、けっして厭だというわけではなく、出かけた以上はこちらも乗るにやぶさかではございませんが、一緒に乗る相手が相手だけにどうにも気分のほうが乗らない。
 何の話かといえば、宮古市の浄土ヶ浜観光船のことです。

 家庭内のパワーバランスが不均衡で、2時間以上運転する場所へはこちらが厭だろうが何だろうが問答無用、家人の運転手として引きずり出される事が常態化しております。
 今回も滝でも見ようかと密かに計画していたのが、「浄土ヶ浜に行くから運転して」 の一言で、もろくも崩壊。 宮古まで運転するはめに。
 さらに家人の友人が2人加わったものだから、多勢に無勢、出発前から意気消沈でありました。
 多かれ少なかれ、毎日こんな具合だから はてしなくストレス溜まりまんねん。
いったいいつになったら滝探しに行けることやら・・・。


 とかなんとかぼやきながら、これより、非常に大雑把な浄土ヶ浜観光案内をいたします。
 詳細な説明やきれいな画像は、ほかのブログやホームページに多数ありますので そちらをご覧になったほうが有益かと。
 こちらはスナップショットをズラズラ並べただけのしょーもないシロモノ。

jyds1.jpg

 浄土ヶ浜観光船の陸中丸。 大津波にも生き残った船。

jyds2.jpg

 このとき同時乗船した観光客は50人程度。
 この数が多いのか少ないのか分かりません。
 風がややあったものの、天気が良く、海もまずまずナギの状態。

 jyds3.jpg

 出港すると、ぐるり回った堤防の裏(太平洋側)に見えてくるのが 八戸穴。
 何じゃい、それ? となじみがないと思いますが、青の洞窟 といえば知ってる人は多いかも。

jyds4.jpg

 さっぱ船で洞窟に侵入すると、中の海の色が青く美しいらしい。 さながら宝石のごとし。
 最近はへたすると観光船での遊覧より こちらのほうが人気があるんだとか。
 確かイタリヤかどっかで同じような場所があるとTVで見たことがあるし、日本でも北海道にあったような。

jyds5.jpg

 浄土ヶ浜のメーン会場となっている島々。
 この日は、海上穏やかで、けっこうカヌーが出ていました。

 レストハウスではこの日カニ汁のおふるまいが行われたそうな。
 先着100名様で、我々はまったく間に合わなかった。
 「はじめっから教えてくれればいいのに。」 と家人はブーブー。

jyds6.jpg

 この辺、船のガイドさんの説明によればいろいろ名前があるようですが 覚えきれないので省略。
 というか、覚えるつもりはハナっからないんですけど。

jyds7.jpg

 裏側(北側)へ回って来ました。

jyds8.jpg

 観光船は進みます。

jyds9.jpg

 ちなみに我々が観光船に乗船したのは、午後。
 午前中の乗船客からたんまり餌をもらったらしく、餌を求めるウミネコの数はそう多くはなかったです。
 なんか、あまりやる気がないまま船の周りを飛び回っておりました。

jyds10.jpg

 コースにある名所のひとつ、ローソク岩。 
 
 画像右端に写っている物体は、乗船客のひとりが差し出した名物ウミネコパンです。
 ウミネコをミンチにしたやつがパンの中に入っています、ったって、ウソに決まってますけど。
 ほんとは、カツブシとか海藻が入っているパンらしい。 シカセンベイみたいなもんか。
 買わなかったのでいくらするのか分からず。
 ずっと観察していたのですが、パンよりカッパエビセンのほうが食い付きがいいようでした。
 
 だいぶ前、船釣りでエサを付けた仕掛けを投げたら、空中でウミネコに食いつかれて大変な目にあったことを思い出しました。
 魚が食うはずのものが、鳥に食われるとは。 針をはずすのに大騒ぎ。

jyds11.jpg

 高さ40m。 沖からしか見れないらしい。 国の天然記念物だとか。

jyds12.jpg

 横から眺めると、何だかよく分からない。

jyds13.jpg

 さらに船は進みます。

jyds14.jpg

 夫婦岩といったような気が・・・。
 しめ縄でも張っとけば良さげだけど。

jyds15.jpg

 岩礁の上には鵜が。 カワウかウミウか分からない。
 ウに限っては、海にいるからウミウとはならないんですな、これが。
 ちなみに、飛んでいるのはウミネコでカワネコではないと思う。

jyds16.jpg

 さらに船は進みます。

jyds18.jpg

 岩場の上方に東屋のような建物があって、この辺のどこからか潮が噴き出すらしい。
 潮吹き穴は 何回か見ているはずなんだけど、場所をまったく思い出せず。
 
jyds19.jpg

 残念なことに、この時は干潮でまったく潮が吹き出ず。 乗客からやや落胆した声が。

jyds20.jpg

 さらに船は進みます。

jyds21.jpg

 観光船のUターン場所になっているところ。
 ここの光景は勇壮で文句なしにカッコいい。

jyds22.jpg

 急に波が高くなり、船が揺れだして、デッキから海に向かってオカズを撒いている人が出てきました。
 ちなみに小隊長は、自船・他船問わずこれまでどんなに揺れても吐いたことはありません。 気分が悪くなったことさえない。
 やっぱ海の男だわ、って、これも程度問題でしょうが。

jyds24.jpg

 ガイドさんが何か言ってるんだけど、船が揺れ、ガキンチョどもが騒ぎまくるために、全然聞き取れず。

jyds26.jpg

jyds27.jpg

 沖合に浮かぶ日出島の横を航行しながら船着き場に帰ってまいりました。
 1周回って40分くらい。

 今日のような天候なら、乗船料は高くないですね。
 何度乗ってもそれなりに楽しめます。
 


         岩手県宮古市  浄土ヶ浜



スポンサーサイト
  1. 2018/05/12(土) 19:46:17|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (181)
巨樹・古木 (88)
野の花々 (42)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (2)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (4)
宮古市新里地区の滝 (11)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (11)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (17)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (25)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (81)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (42)
釜石市の滝 (92)
住田町の滝 (108)
大船渡市の滝 (96)
大船渡市三陸町の滝 (66)
陸前高田市の滝 (137)
気仙沼市の滝 (28)
南三陸町の滝 (17)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (18)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する