FC2ブログ

南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

八ヶ森唐船番所跡

hcgv1.jpg
 道草・寄り道・油売り         綾里沖の水平線を航行する客船


 こういうものに興味を持っている人はそう多くないと思います。
 小隊長自身もあまり興味を引かれる対象ではなかったのですが、通りがかりに、そういえばまだ見たことがなかったっけと気が付いて立ち寄ってみることにしました。
 それは何かといえば、江戸時代の唐船番所跡です。
 残念なことに、跡地だけで、今では特別なものは何も残っていないようです。

hcgv2.jpg

 場所は、岩手県大船渡市市街地から三陸町綾里地区に向かう海岸道路の途中にあります。
 八ヶ森トンネルを綾里側に抜け出たすぐのところです。 地図で赤い星印のポイント。

hcgv3.jpg

 トンネル出てすぐに、広い駐車場というかエスケープゾーンというのか、ともかく未舗装の空き地があります。
 道路の奥、左がすぐにトンネルです。

 そこに並ぶ、3つの看板。

hcgv4.jpg

hcgv5.jpg

 綾織姫は綾里の地名の元となった御姫様らしい。
 遠野市の綾織と共通するものがあるそうな。

hcgv6.jpg

 伝説の多い場所のようです。
 
 ところが、ここには番所跡の説明看板はありません。
 トンネル横の岬方向に延びる だらだらした登り坂を200mばかり上がると、ようやく目的地にたどりつきます。

hcgv7.jpg

 台状に盛り上がった場所へあがると、

hcgv8.jpg
 
 8畳から10畳ほどの平地があります。
 どうやらここに監視所が建てられ、外国船を見張っていたようです。

hcgv9.jpg

hcgv10.jpg

 番所跡周辺は手が付けられておらず、草木が伸び放題。
 見通しが悪いです。

 地図を見ると、この場所は綾里湾の入り口にあたり、それほど外洋に突き出した場所ではありません。
 もっと半島の先端部のほうが良さげに思いますが、当時の外国船は波風の強い外洋より おだやかな岸沿いに航行していたようで、見張るにはこのような場所でも十分だったのでは。

hcgv12.jpg

hcgv13.jpg

 上2つは、近所にある人工物。

hcgv14.jpg

hcgv15.jpg

hcgv16.jpg

 かつては岬沿いに道路があったように見受けられます。
 現在では、崖が崩落し草木がはびこって人が通れるような状況ではありません。


      岩手県大船渡市三陸町綾里    仙台藩八ヶ森唐船番所跡



スポンサーサイト
  1. 2018/01/19(金) 19:50:26|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (178)
巨樹・古木 (83)
野の花々 (42)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (4)
宮古市新里地区の滝 (11)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (11)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (17)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (25)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (79)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (41)
釜石市の滝 (89)
住田町の滝 (108)
大船渡市の滝 (94)
大船渡市三陸町の滝 (66)
陸前高田市の滝 (135)
気仙沼市の滝 (28)
南三陸町の滝 (17)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する