FC2ブログ

南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

元日 黒崎仙峡

ksskl1.jpg
 道草・寄り道・油売り


 2018年元日。
 黒崎仙峡へ出かけてまいりました。

ksskl2.jpg

 岩手県陸前高田市の広田半島にあります。
 看板にある通り、三陸復興国立公園の一部。
 元は、陸中海岸国立公園といいました。
 厳密にいうなら、当地は陸中ではない。
 陸前高田市なのに、陸中とはこれいかに? の名前でした。
 それが三陸になって腹に治まった感じはしますが、まだまだ一般に馴染んでいない気がする。
 
 岬の先端まで行ってみたら、展望台が消えていたので驚いた。
 手前にロープが張られ、影も形もありません。
 一見まともなように見えたのだが、地震のせいか台風のせいか土台の柱がガタガタになっていたらしい。

ksskl3.jpg

ksskl4.jpg

 2018年の初日。
 初日の出ではありません。 それどころか午後2時頃のお日様です。
 早起きが大の苦手で、震災時を除くと夜明け前に起きて外へ出た記憶がありません。
 前の晩アホなTV番組見ながら深酒し、目を覚ましたのがもうすぐお昼という時間だから、これは仕方が無い。

ksskl5.jpg

ksskl6.jpg

ksskl7.jpg

 外海はやや荒れて、うねりもありました。
 日は照っていても顔に当る風は冷たい。

ksskl9.jpg

 黒崎仙峡の名の元となった場所。
 手前の崖が深くえぐれ、波が当ると重低音とともに潮が噴き上がります。

ksskl10.jpg

ksskl11.jpg

 断崖の上にある大石は、天狗の投げ石 とか 天狗のお手玉 とか云われるもの。
 何と、1172年に記された当地の書物にも載っているとか。
 ということは、846年前からこの場所にあるということに。
 この石がどこから降って湧いたのかまったく不明。
 近くにある黒崎温泉の 天狗の湯 はこの伝説から名付けたそうな。

ksskl12.jpg

 峡谷を挟んでもう1個あるというが、探そうとまじまじ見たことがありません。
 きっとどこかにあるはず。

ksskl13.jpg

 少し場所を移動して、大祝浜というところ。

ksskl14.jpg

ksskl15.jpg

 サーファーが見たら大喜びしそうな波。
 でもここで波乗りしているのを見たことないなあ。

ksskl16.jpg

 狭いし波乗りできる波長ではないのかもしれません。


        岩手県陸前高田市 広田半島 元旦

スポンサーサイト
  1. 2018/01/05(金) 19:27:15|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (181)
巨樹・古木 (88)
野の花々 (42)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (2)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (4)
宮古市新里地区の滝 (11)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (11)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (17)
奥州市水沢地区の滝 (4)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (25)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (7)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (16)
遠野市の滝 (81)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (42)
釜石市の滝 (92)
住田町の滝 (108)
大船渡市の滝 (96)
大船渡市三陸町の滝 (66)
陸前高田市の滝 (137)
気仙沼市の滝 (28)
南三陸町の滝 (17)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (18)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する