南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

鳴子温泉の滝 夫婦滝

motg1.jpg
 大崎市の滝


 宮城県鳴子温泉鬼首の奥の奥、秋田県と山形県の県境すれすれのところに落差100mというとてつもない滝が流れているらしい。
 そういった話から、今回の鳴子温泉滝見ツアーが決まりました。

 当初の計画では、この落差100mといわれる黒滝目指して突撃するはずでした。
 しかしWEBで検索すると簡単にはいかないことが次第に分かって来たのです。
 まず鬼首の降下ポイントまで、我々のところから小休止を入れておおよそ4時間必要です。
 降下ポイントからは道がないので、沢をおおよそ2時間半登って、ようやく目当ての黒滝に到達できるらしい。
 つまり、これだけで片道6時間半は必要。 往復13時間になります。
 日帰りで行って行けないことはないけれど、小隊長の苦手な早朝出発になるし、沢登りを考えたらバイクで行くのはさすがにきつく、常識的には車を使用せざる得ません。
 家庭内に問題を抱えてなければ、鳴子温泉に泊って翌日決行なんて贅沢なこともできますが、家人に知られるとどこかの女性代議士みたいに 「このアホおおおおお!! そんな御身分かよ!」 なんてどつかれかねないので、とてもできることではないし。
 滝までの沢登りは時間がかかるけれども、難易度としてはそれほどのことはないらしい。
 だから、やる、と決めたらどうにかやれそうな気はします。
 ただし、黒滝を目指すなら、この滝ひとつでタイムアップになります。 他を見る余裕はありません。
 せっかく鬼首まで出張るのに、それではもったいなくないか。

 そこでもうひとつのプランを考えました。
 黒滝へは行かない代わりに、周辺にある滝をいくつか見て回ることです。
 あれこれ検討した結果、6つの滝を選びました。
 まだ見ぬ滝もあるので、どうなるかは分からないけれども、数だけはこなせそう。

 「1本のすごい滝を目指すか、もっと楽に回れそうな6本の滝にするか。 どっちが良さそう?」
 「6本の滝の高さの合計と、黒滝1本の高さと、どっちが高いの?」 と釣り師隊員。
 「たぶん、6本のほうだと思う。」
 「んじゃ、6本のほうに行く。」
 「おめえはなにか、滝を高さだけで比べようっつーの? 合算して何か意味あんの。」

 ちょっと話が長くなりましたが、そんなこんなで、今回の鳴子温泉滝見ツアーは知ってたり知らなかったりの6本の滝を見る方に決定したのでありました。
 もちろんチャンスがあれば黒滝へもいずれは行きたいと考えています。

 で、これから何回かに分割して宮城県大崎市の滝をご紹介します。
 第1回は、夫婦滝です。

motg2.jpg

 ここはどこかというと。
 宮城県大崎市、鳴子温泉鬼首。
 国道108号線、別名羽後街道、鬼首道路、仙秋サンラインです。
 東北で2番目に長いという鬼首トンネルの宮城県側出入り口にいます。

 これより200mほど手前にパーキングがあって、滝見隊の車2台を置いてきました。
 そこからトンネル手前に架かる橋まで男4人がゾロゾロ歩いたわけですが、ご覧のように道路には歩道が無く、へりを歩くことになります。
 これが恐い。大型トラックだとか、まさか歩行者がいるなんて考えもせず吹っ飛ばして来るもんだから、風圧で飛ばされそうになります。
 万一橋から転落したら、とても助からない高さ。

motg3.jpg

 トンネル出口から振りかえったところ。
 前の橋が 「夫婦滝橋」 で、滝はまさにこの直下、橋の両側に流れ落ちています。
 上方には大崎市の看板。
 ということは、我々は秋田県湯沢市にいるってことなんだろうか?
 「県境はトンネルの中だべ。 中に看板付けても誰も見ないから、出口に置いたってことじゃねーの?」 とニーハオ。
 「あ、そうすか。 なるほど。」

motg4.jpg

motg5.jpg

motg6.jpg

 これが 夫婦滝 の 女滝 です。
 橋の下流側に流れ落ちています。
 落差およそ20mくらい。 大きいです。
 水量があまりないので、静か。
 樹木が邪魔で全体像が見えません。
 印象度  


 こちらは、橋の上流側にある 男滝。

motg7.jpg

motg8.jpg

 落差は女滝とそう差がないようですが、水量があり迫力は断然上。

motg9.jpg

motg10.jpg

 こちらも完全には姿が見えません。
 しかし、存在感がすばらしい。
 印象度  

 どちらの滝も橋の上から見ることができるお手軽な滝。
 今回時間はありませんでしたが、本格的に滝下から見ることもできるようです。


           宮城県大崎市 鳴子温泉鬼首   夫婦滝    支流 → 軍沢川 → 江合川(荒雄川)


 
スポンサーサイト
  1. 2017/07/11(火) 21:25:41|
  2. 大崎市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (154)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (124)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (16)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する