南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

地竹沢の不動滝

cdrs01.jpg
 陸前高田市の滝                   菜の花と広田湾


 いつもの滝です。
 我が家から時間的にはもっとも近いかもしれない。
 それなのに2年前だったかに発見したごく新しめの滝です。
 ただし歴史の方はかなり古そうです。

 cdrs02.jpg

 ご覧のように水量はごく僅か。
 しかし枯れることはありません。
 沢水ではなく、湧き水が流れているようです。

cdrs03.jpg

 滝の途中に、石像が2つ。
 右側のは相当古そう。 苔むしてどんななんか分からなくなっています。

cdrs04.jpg

 お不動さんが飛沫を浴びながら立ち続けています。

cdrs06.jpg

 滝に向かって左側の岩盤。
 壁の一部には文字が彫られています。
 手前の辺りに、昔は不動尊が建っていたと思われ。

cdrs07.jpg

 滝の右側の斜面。
 巨石がごろごろあります。
 東日本大震災でよく崩れなかったもんだ。

cdrs08.jpg

cdrs09.jpg

 非常に穏やかな印象の滝で、気分が落ち着きます。
 ただ、周囲が杉林で情緒感が薄いこと、滝壷が無いこと、三陸道が近くに出来たため、時おり車の音がするのがマイナス。
 訪れる度に簡単な掃除をしているので、親近感の湧く滝です。

                岩手県陸前高田市米崎町         地竹沢不動滝

スポンサーサイト
  1. 2017/05/31(水) 19:59:30|
  2. 陸前高田市の滝

山吹城址の大イチョウ

ymbk001.jpg
 巨樹・古木                      室根山


 一関市大東町大原の大原バイパスを通過するたび気になっていた場所があります。
 大原の町のはずれ、丘の上に大きめな東屋が見えるのです。
 おそらく公園か城跡なんじゃないかと推測していましたが、いつもどこかに行く途中で、あえて立ち寄ることはありませんでした。

ymbk014.jpg

 場所的には、大原中学校や大東病院、そして体育館などの建物が並んでいる背後の丘になります。
 内陸部からの帰り、少々時間があったので思いきって行ってみることにしました。

ymbk002.jpg

 入口にあった看板。
 そこは山吹城という城跡でした。

 草が一面に生い茂り歩きづらい状況でしたが、距離的にはわずかなので、頂上の本丸跡まで登ってみると、

ymbk003.jpg

 下から見えていた東屋と、驚くべきイチョウの巨木が。
 これは予想してなかったな。

ymbk004.jpg

 右後方に見えるのは、一関市の室根山。
 本丸跡のある頂上からは大原の市街地がよく見えます。
 天候に恵まれれば 東屋で下界を眺めながらゆったり過ごすのも悪くないかも。

ymbk006.jpg

 本丸跡にあった説明看板。
 山吹城なんて名前、かっこいいっすねえ。
 ただ、昔のよすがを思い起こさせるものはどこを見渡しても何もありません。
 あるのは、

ymbk007.jpg

ymbk008.jpg

 このびっくりな巨木だけ。 イチョウの木です。

ymbk009.jpg

 自宅に戻ってからこの木について調べてみたのですが、環境省のデータベースには載っていませんでした。
 これほどの巨木なのに、記載漏れになってしまったようです。

ymbk010.jpg

 イチョウの巨木の中には、ヒコバエを含めての巨木というのがけっこう多いようです。
 でもこの巨木は正真正銘主幹だけの巨木。 横幅がすごい。

ymbk011.jpg

 城の本丸が建っていた当時、すでにこの木は立っていたのかもしれませんね。

ymbk012.jpg

 城跡としては何もありませんが、この大イチョウを見るだけでも行く価値はあると思います。


          岩手県一関市大東町大原     山吹城跡の大イチョウ


  1. 2017/05/30(火) 19:23:04|
  2. 巨樹・古木

大平野の滝

oohr01.jpg
 奥州市胆沢区の滝


  胆沢を取り巻く山々には、地図を見ただけでも多くの滝が存在します。
 しかしほとんどの滝は峻嶮な谷の奥深くにあるので、簡単に見ることができません。
 滝見隊はこれまで、その中のほんのサワリだけをいくつか覗き見ることに成功しました。
 我々の未熟なレベルでも何とか行ける場所だけですが、どれもこれもものすごい滝ばかりです。
 全体では一体どれだけの宝が隠されているのか、観光の面から考えるととてももったいない存在ではあります。
 これらの滝を見るためには、それなりの装備と体力と知識とスキルが必要。
 滝見隊は幸か不幸かそれらがまったく備わっておらず、おかげで危険度マックスの山に入る勇気もないので、これまで事故らしい事故にも合わずにやってこれました。

 手元の資料によれば、焼石連峰は、昭和43年に国定公園に指定されました。
 その大きな特徴は、天然林100%だということ。
 国立公園の山でも大抵は針葉樹の人工林があるものですが、ここに関しては、林齢185年になるブナ、ナラなどの広葉樹が全てを占めているすばらしい場所です。
 (資料が古いため、現在もそうであるかは心元ありませんが)

 さて今回は、胆沢の栗駒焼石ホットラインをうろちょろして、入れそうな沢はないか、見に行ける滝はないかを偵察してこようと云う算段。
 簡単に見れそうな滝ならそばまで行くし、滝があっても近付くのが難しければそれなりの準備をして次回に回すつもり。

 結果からいえば、大収穫。 場所が場所だけに必ずやあるに違いないと思っていました。
 いくつかりっぱな滝を見つけ出すことに成功。 さすが滝の多い胆沢の山々です。
 この滝はそのひとつ。

oohr02.jpg

 橋の上から撮影。 ちょっと分かり難いかと思います。

oohr03.jpg

 大寒沢川に架かる大平野橋のすぐ上流に流れていました。
 橋の上からなら誰でもこの程度は見ることができます。

 滝下まで慎重に降りて行くと、

oohr04.jpg

oohr05.jpg

 高さはあまりないですが、川幅いっぱいに流れ、なかなかいい滝です。

oohr06.jpg

 こんなに手軽に見れる滝ですら、まだどこにも紹介されたことがないようです。

oohr07.jpg

 川底ちょっと滑ります。 でも水質は悪くなさそう。

oohr08.jpg

 スタイル良し、環境良し、水質良し。
 橋が目の上のタンコブですけど、下流なので、ま、視界に入ることはありません。
 名前が分からないのでとりあえず 大平野の滝 と仮名を付けておきます。
 印象度  

 滝見隊はさらにすごい滝を発見していますが、容易に近付くことができない場所。
 準備が整ったら そのうち再突撃するつもりです。

         
         岩手県奥州市胆沢区          大寒沢川 → 前川 → 胆沢川 → 北上川


 
 
  1. 2017/05/27(土) 20:45:00|
  2. 奥州市胆沢区の滝

猿岩とユキツバキ

sriw01.jpg
 道草・寄り道・油売り                これって焼石岳ですよね?


 胆沢方面の情報として欠かせないのが、「胆沢まるごと案内所」のブログ。
 それを拝見したら、とっくに栗駒焼石ホットラインが開通してるじゃないですか。
 北は奥州市の胆沢ダム上流部から、南は一関市のマツルベ大橋まで、南北およそ11Kmの快適な高原道路。
 岩手宮城内陸地震以後、崖崩れなどがありしばらく放置されていた道路です。
 途中人家が1軒もないため、放置しておいても誰も困らなかったようです。
 滝見隊は、いままで一度も通り抜けたことがありません。
 ただ一人、同郷の釣り師がバイクのツーリングで走ったことがあるそうです。
 でも、単独では滝探しはおろか滝見すらしない人間なので、ホットラインに沢があるのかどうか、水量はどうか、林道はあるのか、などなど何を尋ねても 「分がんねえ。」 の一点張り。
 聞くだけ無駄でした。

 雪が消えて開通したのであれば、偵察に行ってみようじゃおまへんか、とさっそく総員出動。
 厳密には我々南三陸滝見隊の守備範囲外の場所なんですが、範囲内だけではマンネリになりますから、たまには気分転換というところです。
 途中、胆沢まるごと案内所で情報を仕入れようと考えていたのに、横を通過したまま気付かず、気付いた時には胆沢ダムまで来ていました。
 仲間の誰かが指摘すればいいのですが、思考能力を放棄して金魚のフンのようにくっついて来る隊員ばっかりです。
 くっそー、ソフトクリーム食べたかったなあ。 暑かったからなおさら。
 帰りは一関の厳美渓経由で戻るから、胆沢には行かないし。

 我々の目的は、滝探しですが、まったく初めての場所なんで、滝の気配があるや無しや、その気配を感ずるための索敵が今回の主目的。
 簡単に見れるような滝があれば、当然そばまで行くつもりですが、てこずるような場所なら、次回本格的に入ろうという算段。

 今回は、滝に関してはひとまず置いといて、副産物というか、余禄というか、行ったついでみたいなものを先に揚げます。

 猿岩とユキツバキです。

sriw02.jpg

 胆沢ダムから眺めた猿岩。
 中央部にポコンとある小山がそれ。
 ここから見ると、ほとんど特徴はありません。

sriw03.jpg

 近付くと存在感が出てきます。

sriw04.jpg

 岩が露出した部分は柱状節理なんでしょうかね?
 
 実は、かつてこの山の中をトンネルがくり抜かれていました。
 というか、今もあるはず。
 手彫りのちょっと薄気味悪いトンネルで、 猿岩隧道 といってました。
 胆沢ダムの造成に伴い、現在は湖底に沈んでいます。

sriw05.jpg

 この猿岩、頂上付近に神社があってただの小山ではないらしいのですが、神仏に縁の薄い我々にはなんのこっちゃです。
 注目したのは、この山とその周辺部に広がるユキツバキです。
 椿の仲間ですが、雪国仕様で、ヤブツバキとはちょっと異なるらしい。
 天然記念物になっているとか。

sriw06.jpg

 胆沢ダム上流部の赤い橋を渡って、猿岩の神社に向かう参道(?)を登って行きました。

sriw07.jpg

 どうせこんなこったろうと来る前から思っていたのですが、あにはからんや、ユキツバキの花の時期はとっくに過ぎていました。
 花が無いから分かりにくいのですが、よく見ると山道のあちこちにユキツバキの木が群生していました。

 それでもどっかに花が残ってないかと手分けして探したら、ほんの僅かながら咲いていました。

sriw08.jpg

 ツツジの花の間にあるちっちゃな赤いのがそれ。

sriw10.jpg

 ユキツバキの樹高はせいぜい2mほど。 古木になっても幹が太くなることはないそうです。
 積雪の多い地域にあるため、幹がしなって雪の重みにも耐えられるよう進化したらしい。

sriw09.jpg

 ヤブツバキの花はぽっちゃりした感じ。
 一方ユキツバキの花は、薄くてシンプル。 別な花に見えます。

 見つけた花はたったこれだけですが、それでも見られただけでラッキーです。


           岩手県奥州市胆沢区  胆沢ダム上流  猿岩とユキツバキ



 
  1. 2017/05/24(水) 20:28:23|
  2. 道草・寄り道・油売り

幻の滝 大松沢大滝

oomui1.jpg
 陸前高田市の滝


 南三陸で幻といわれる滝。 それが高田の 大松沢大滝です。
 南三陸滝見隊が探索すること数度。 
 地図にちゃんと載っているのになんでか探し出すことのできない不思議さ。
 訳が分からず まるでタヌキかキツネにたぶらかされたよう。
 分かってみればなんてことないことだったのですが、仕掛けが分かるまでが大変でした。
 その大松沢大滝へひさしぶりで出かけました。

oomui2.jpg

 モミジはすでに柔らかな葉に覆われています。

oomui3.jpg

 生出川に入ったなら、なにはともあれおなじみの滝へご挨拶。
 お気に入りの 大滝小滝 です。

oomui4.jpg

 いつ来ても水の濁っているのを見たことがない。

oomui5.jpg

 あーだこーだいうこともないすばらしい滝だと思います。

 その上流にある 白糸ノ滝。

oomui6.jpg

oomui7.jpg

oomui8.jpg

 遠くから来たお客さんには、こちらの白糸ノ滝のほうが受けるようです。
 手前に生出川をはさんだ形でしか見られないので、いささかインパクトに欠けるきらいはあります。

oomui9.jpg

 菜の花畑を通過。

oomui10.jpg

 周辺の山々はすっかり新緑で覆われました。

oomui11.jpg

 何度も通って確定したルートをえっちらおっちら登っていくと、高所から流れ落ちる滝が現れます。

oomui12.jpg

 上と下に2ヶ所流れが見えるはず。
 これは繋がった1本の滝です。

oomui13.jpg

 これぞ大松沢大滝。
 形状的には大滝というより高滝といったほうがよいと思います。

 我々が発見するまで、どんな滝かまったく不明でした。
 画像1枚なかったんですから。

oomui14.jpg

 非常に神秘的な滝です。
 が、東日本大震災で、滝の左岸の岩盤が崩落し、ガレ場になってしまいました。
 神秘性が若干低下してしまい、とても残念です。

oomui15.jpg

 いつ来ても、もっと水量があればと感じますが、無い物ねだりですね。
 水量がなくても当地方ではトップランクの滝には違いありません。

              岩手県陸前高田市矢作町  大松沢大滝

  1. 2017/05/21(日) 12:15:24|
  2. 陸前高田市の滝

沢檜沢の滝

swhkc1.jpg
 釜石市の滝                   鵜住居の菜の花畑


 地形や水量から、入ったら絶対滝があるに違いないと思いつつ、入れないまま経過すること数年。
 念願叶ってようやく入ることのできた沢があります。
 釜石の鵜住居川支流、沢桧川のそのまた支流、沢檜沢です。

 問題がいくつかありました。
 まず、沢桧川を渡らなければ、目標の沢へは行けません。
 本流の沢桧川は水量次第では渡れない恐れもありました。
 次は、沢に沿った道がないこと。 藪のジャングルになる前に入らなければなりません。
 次に、この山には確実にクマが生息しています。
 数年前、小隊長はこの川の林道で実際デカいやつに遭遇しています。
 にらみ合いになり、生きたここちがしませんでした。
 クマが去った後は、ションベンちびり、路上に崩れ落ちました。
 そして最後の難関は、この山、ヤマダニの生息地だということ。
 うっかり皮膚を露出していたら、知らない間にがっちり喰われます。
 ただ喰われるだけならまだしも、病原菌を持っているから恐い。

 そうした諸々を勘案すると、入るのは今を逃すと、落葉期まで待たなければなりません。

 「そんだけの価値ある沢なんだべなや?」
 「知らんがな。 入ってみなけりゃわがんねべ。」
 「クマ出たらどうすんの?」
 「そりゃ逃げるべさ。」
 「そん時は、隊長が最後尾だかんね。 足短くて逃げ足遅いし、太ってっからクマには喰いであっぺから。」

 素晴らしい滝があることを祈りつつ4名で出発。
 勾配きつそうだし、崖登りや沢を歩かなきゃならない場合もありそうで、ほぼフル装備をバイクにテンコ盛り。

 沢檜沢へ入る前に、本流の沢桧川にある ヨドマワリの滝 へ立ち寄りました。
 標識はないけれど、林道から見ることができるし、瀧澤神社奥の院のすぐ上流にあるので、初めてでも迷わないと思います。

swhkc2.jpg

swhkc3.jpg

 大きさほどほど。 バランス良し、水量良し、景観良し。
 これといった気に触るような欠点のない滝なんですが・・・。

swhkc4.jpg

swhkc5.jpg

 何でなんだよお?!
 滝壷から下流の川底が緑色なんです。
 よく見ると、それはアオミドロじゃないですか。
 水質が悪く、富栄養化した、淀んだ沼地みたいなところに生息する、ヌラヌラした藻です。
 上流には人家はおろか田畑もない川になぜアオミドロが生えているのかまったく不思議。

 原因が分からぬまま、上流を目指しました。

swhkc6.jpg

 こちらは本流の大平沢です。
 これを横断して対岸に渡りました。

swhkc7.jpg

 水の流れが見えませんが、手前、右から左に流れ下るのが大平沢で、手前から奥に登って行くのが、目当ての沢檜沢になります。
 つまり、大平沢と沢檜沢が合流して沢桧川になるわけ。
 本来は、沢檜沢が本流だと思うのですが、水量が大平沢より格段に少なくて枝沢にしか見えません。

 いよいよ入り口に到着してほっと一息。
 沢沿いに登れそうですが、勾配がきつい。
 これで水量があれば滝がありそうに思えます。
 ところが登るに従って落胆の色が濃くなりました。

 確かに勾配があって小滝が次々に出現するのですが、岩盤が少ないのです。
 ないわけでなく、洪水の濁流で破壊され、欠けた大岩が累々と沢に堆積しているのです。
 登っても登っても岩越えばかりで、これといった滝がありません。
 ありそうなのに行っても行ってもないというのは、むなしく疲労度が増します。

 そんな中、からくもようやく見つけたのがこの滝。

swhkc8.jpg

 落差数mの直瀑。

swhkc9.jpg

 さすがにここまで上ってくると水の透明度が良くなって飲めそうな感じがしてきました。

swhkc10.jpg

 この滝もよくよく見れば巨岩が積み重なったもので、岩盤とはいえません。
 多かれ少なかれどの滝もこんな風でした。
 印象度  

 沢はここから上流にも延々と続いていましたが、同じ景観ばかりで、この先登るのに飽きてしまい、遂に断念。
 かなり期待して入った割には、労多くして益少なしの結果に終わってしまいました。
 ま、こんなこともよくありますって。 あ~あ、疲れた。


            岩手県釜石市 橋野町     沢檜沢 → 沢桧川 → 鵜住居川



  1. 2017/05/19(金) 19:52:00|
  2. 釜石市の滝

三交の欅

uhvf1.jpg
 道草・寄り道・油売り


 「三交の欅」って何処?
 と思うかも知れませんが、何、前回と場所がまったく変わっていません。
 東松島市矢本の大明王院の境内から1歩も外に出ていないのです。

uhvf2.jpg

 前回とちょっとだけアングル変えただけの画像。
 対象物は社殿の右側、入口すぐのところにあります。

uhvf3.jpg

 これが三交の欅です。
 若葉が美しい、ケヤキの巨木。

uhvf4.jpg

 枝張りは普通だけど、根の張り方がすごい。

uhvf5.jpg

uhvf7.jpg

 整地された神社の境内に植えられたわけではなく、神社になるまえから生えていたと思われ。
 周囲に生えていた樹木を押しのけ、岩をも抱きながらメリメリとたくましく成長したようです。

uhvf8.jpg

 2本のカヤの木が両側にくっつき、根が絡み合っています。
 だから 三交の欅 というわけ。 うまいネーミング付けるもんだ。

uhvf9.jpg

 樹齢1000年の天然記念物。
 樹齢はかなりあやしいと思うが、すごい巨木には違いありません。


           宮城県東松島市矢本    大明王院不動尊  三交の欅

  1. 2017/05/16(火) 17:22:57|
  2. 道草・寄り道・油売り

大明王院の滝

mydm01.jpg
 東松島市の滝


 宮城県東松島市は当ブログ初登場であります。
 我々南三陸滝見隊の守備範囲である北上川東側からは離れた場所ですが、機会があったらいつかは行ってみたいと考えていた所です。

 三陸自動車道、矢本パーキングエリアのほぼ真南に1Kmばかり離れたところ。
 滝山公園入り口付近に、さびれた神社があります。
 その名も、大明王院不動尊。

mydm02.jpg

 表札(?)まで柱から外れてしまい、地面に直置き。

mydm03.jpg

 境内に入ると、不動明王の石像と社殿。
 こじんまりとした雰囲気。

mydm04.jpg

 松島の五大堂に匹敵する歴史があるとか。
 この周辺には掃除したようなあきらかに人の手が入っている跡があります。
 しかし全体的にはやや寂れた印象。

 社殿の後方に、1度は見たかった目当ての滝があるはず。

mydm05.jpg

 ありました。
 太古には海岸縁の崖だったような場所。
 えぐれた崖からあまりきれいとはいえず、また多いとはいえない水が落下していました。
 が、何といっていいか分からない。

mydm06.jpg

 滝としての存在を無視され、打ち捨てられたかのごとく荒れっぷり。

mydm07.jpg

 何のために引いているのか、滝の前には黒いホースが。
 上流を覗いたら汚れたため池がありました。 とても飲料水には利用できないから農業用か。

mydm08.jpg

 水はきれいではないけれど、環境をきれいにしたら、絶対見事な滝になりまっせ。
 素材的には非常に良い物を持っているのに、なんでこうなるんかなあ。

mydm09.jpg

 滝のそばには、穴をコンクリで塞いだようなものがあります。
 かつては防空壕なんかに利用していたのかもしれない。

mydm10.jpg

 こんなひどい扱いをされている滝はそれほどないんじゃないだろうか?
 放置感がハンパじゃない。
 不動明王を置いている意味がないと思う。

 印象度  

 来なければよかったなどとはまったく思わないけれども、おそらくもう2度と来ることは無いかも知れない。
 まあこんな滝だと確認できただけでも収穫です。


                 宮城県東松島市矢本町    大明王院不動尊

 
  1. 2017/05/14(日) 09:45:15|
  2. 東松島市の滝

猫ノ沢の滝

nkonko01.jpg
 住田町の滝


 両隣の沢にはりっぱな滝があるし、同じ山塊の沢だから、水量さえあれば滝があるはず。
 その沢のそばを通過するたび、そう考えていました。
 住田町の荷沢峠途中にある 猫ノ沢 です。
 道路からはまったく見えず、地図で在り処を知りました。

 道なんか無さそうだし、緑が濃くなってしまうと入るのに難儀します。
 行くのだったら今しかない、というわけで大型連休を利用して突撃しました。

 国道107号線のパーキングゾーンにバイクを停め、道路を降りて小股川を渡り、初めての猫ノ沢とご対面。
 この時期顔を出す野の花々に迎えられました。

nkonko02.jpg

nkonko03.jpg

nkonko04.jpg

nkonko05.jpg

 沢はおおよそこんな感じ。

nkonko06.jpg

nkonko07.jpg

 悪くない沢でしたが、期待したような大きな滝は無し。
 そこそこなら。

nkonko08.jpg

nkonko10.jpg

 あえてわざわざ見に来るほどの滝ではありません。
 水質の良いのが加点されるくらいで、佇まいとしてもいまいち。

nkonko11.jpg

nkonko12.jpg

 もう少し水量あったらバランスも良くなったはず。
 印象度  

          岩手県住田町  荷沢峠 猫ノ沢     小股川 → 大股川 → 気仙川


  
  1. 2017/05/11(木) 20:11:52|
  2. 住田町の滝
  3. | コメント:0

五葉山の猿

gosr01.jpg
 道草・寄り道・油売り                            ヤマブキの花


 今、近郊の山はヤマブキの花が満開です。
 南三陸では、「山吹が咲くとカレイが釣れ出す」 という諺があります。
 海水温は5月に入るとようやく温まり始めるので、それまで寒さに耐えて底に張り付いていたカレイがエサを求めて動き始める時期だというわけ。

gosr02.jpg

gosr03.jpg


 さて、五葉山に生息するニホンザルです。

gosr04.jpg

gosr05.jpg

 五葉山周辺には数グループいるそうです。

gosr06.jpg

 この時は十数頭の集団でした。

gosr07.jpg

 同じニホンザルであっても、日本に住む他の地域のサルとは遺伝子が大幅に違うらしい。
 古い時代に五葉山だけが陸の孤島化してしまい、それ以来交わりがなくなってしまったから。

gosr09.jpg

 大船渡のニーハオ隊員に聞くと、そう頻繁ではないけれど、珍しくはないくらいの頻度で見るらしい。
 山の中に入って探すこともなく、路上に集団でいることもあるそうな。

 ついでに、ニョロリも。
 路上に長々伸びていると、一瞬ギョッとします。

gosr10.jpg

 シマヘビですね。
 近付き過ぎると尾を小刻みに震わせて威嚇したりしますが、無毒で臆病なヘビです。
 暖かくなって、最近はかなり見かけるようになりました。
 さて問題。 この縞は縦縞でしょうか、横縞でしょうか?


         岩手県大船渡市    五葉山 ダム近辺にて

  1. 2017/05/09(火) 19:35:18|
  2. 道草・寄り道・油売り

寺沢渓谷の滝

trrt01.jpg
 遠野市宮守地区の滝                   寺沢高原から望む早池峰山


 最近遠野の記事が連続しています。
 遠野しか行ってないのかと思われそうですが、鮮度的な問題で優先しているだけ。
 途中、何回か遠野市以外にも出かけているので、順番が乱れておりますが、そのうちUPするつもり。
 で、今回またしても遠野であります。

 岩手県遠野市宮守地区。 寺沢渓谷です。

trrt02.jpg

 「四十八滝」。 看板に偽りありません。
 どころか、倍以上はありそうです。
 が、大きな滝は、最上流にある 一の滝 1本だけ。
 他は3m級の滝が多くて、 二の滝、三の滝というのもあるのですが、どれがどれやら状態。

trrt03.jpg

 寺沢川中流部の 不動滝。
 寺沢高原連絡道の途中、滝見橋付近にあります。
 橋の上から車に乗ったまま眺められます。

trrt04.jpg

trrt05.jpg

trrt06.jpg

 景観良好。
 ただし水質は一見きれいながら、思っているほど良くはありません。
 気になるレベルではないですが。
 おそらく上流部に牧草地や牧場などがあるのが原因では。

 情報として有効か。
 寺沢高原に向かう連絡道には、道に沿って下から上までヤマザクラが生えています。 
 ほとんど知られていませんが、見事な並木です。
 下の方ではとっくに葉桜になっています。
 でも標高差があるため、頂上近くではまだ蕾状態。
 これから行っても、蕾から葉桜まで十分に楽しめるはずです。

trrt07.jpg

trrt08.jpg

trrt09.jpg

trrt10.jpg

 もひとつ情報。
 寺沢高原は、ほぼ1000mの標高があります。
 その頂上部にある展望台へは、現在通行できません。
 何かの工事が行われているようで、最上部へ向かう最後の500mくらいがゲートで封鎖されています。
 その下にあるロッジには第2展望台があります。
 頂上部へ行けないのなら、別にそこでもいいかと。

 寺沢川最上流にあり、最大の滝、 一の滝。

trrt11.jpg

 存在感のあるいい滝です。

trrt12.jpg

trrt13.jpg

 この滝の水も滑ります。川底には十分気を付けないと。

trrt14.jpg

 一の滝 が寺沢渓谷最終地点で、これより上流は傾斜がなくなり、湿地状に変わって来ます。

trrt15.jpg

 ミズバショウかと思って近付いたら、どうやら別な植物のようです。 なんだろ?
 これが湿地にたくさん生えていました。 あっちにもこっちにもあります。

 第2展望台から眺めた景色。

trrt16.jpg

 まだ若干積雪が残っていますが、牧草地は標高の低い場所から次第に緑色に変わりつつあります。

trrt17.jpg

 焼石連邦と、右奥の白い三角形は鳥海山と思うのですが、正確には分かりかねます。
 全然違ったりして・・・・

trrt18.jpg

 これは絶対分かります。 早池峰山。

 南三陸でもっともなじみ深いというか、沿岸でもっとも高い山が 五葉山。
 船で沖に出ると、いちばん最後まで見える山です。
 早池峰山も遠野に出ると必ず見える山なので、滝見隊にはおなじみの山。

 一方、岩手山といえば、

trrt19.jpg

 岩手沿岸南部に住む我々にとっては縁遠い山。
 普通にこちらで生活しているかぎり、まったく見ることはありません。
 こういった高い場所か内陸に行かないと見えないので、その姿が見えると物珍しい感じがします。


         岩手県遠野市宮守  寺沢渓谷と高原

  1. 2017/05/06(土) 11:54:26|
  2. 遠野市宮守地区の滝

荒川高原の滝

arkws1.jpg
 遠野市の滝                      タラの芽 ちょっと過ぎたけど、食べられないこともない。


 岩手県遠野市を流れる荒川。
 中流には 荒川不動滝 があり、上流には 長瀞ノ滝 があるということは、滝好きの方なら先刻御承知ですよね。
 じゃあ、その中間部に滝はないのか? が今回のテーマでありました。
 滝探しには今がベスト。
 残雪が消え、歩くに邪魔な草木が芽吹く前だからです。
 見通しが効く半面、雪解け水が低温で、うっかり沈したら大事になります。

arkws2.jpg

 まずは出発点となった 荒川不動滝。
 行きやすく、車を停めやすく、滝下まで下りやすい、とてもメジャーな滝です。
 標識はありませんが、川から道路を挟んで不動尊があります。

arkws3.jpg

 景観の中では小さな滝にしか見えないのですが、実際目の前にするとそこそこ大きさがあります。
 でもあと1mほども高かったらなあ。 存在感違っていたはず。

 不動滝の上にも物理的な滝が流れています。

arkws4.jpg

arkws5.jpg

 景観的にここらはあまり滝とは認識されてないです。

 バイクを連ねて高原に向かう道路を登って行きました。
 すれ違う車両には出会わず。
 この日の段階では、まだ頂上部に残雪があり、上の方で通行止めが続いていたからです。

reiyou02.jpg

 おっとお! 

reiyou01.jpg

 路上にいたニホンカモシカ。
 あとで名前を拝借することになりました。

 アスファルトの舗装路から林道に分け入り、しばらく荒れ地をグリグリ侵入して行きました。
 しかし、泥濘、倒木、崩壊がひどくなって、完全に廃道に変わってしまいました。
 4輪はおろか2輪でも進行困難になって、とうとうバイクも置き去り。
 デポしてガタガタの廃道を歩くことに。
 恐かったのは目覚めたクマ。
 それぞれがベルを装着し、万が一にも出会わないように用心しました。

 川を窺いながらしばらく登っていくと、

arkws6.jpg

 法面の崩壊した先に、なにやら大きな滝らしいものが見えました。

 「あったあ、新滝発見!」
 「ちょ、ちょっと待て。 あれ、長瀞じゃないのか?」
 「いやいや、地形的には長瀞よりだいぶ下だっちゃ。」

 とにかく行けば分かるというので、急斜面を降下。

arkws7.jpg

 近付くと長瀞ノ滝ではないことがはっきりしたし、かなりデカい滝で、これまで見たことのない滝だということも明らかになって来ました。

arkws8.jpg

 う~む、デカい。

arkws9.jpg

 滝の上部は川幅いっぱいに流れ、下部でそれがひとつにまとまって流れて行きます。

arkws10.jpg

 規模的には長瀞ノ滝とそんなに差がありません。

arkws11.jpg

 もっと傾斜があり、さらにまとまり感があれば最高でした。
 この滝も今まで紹介されたことのない大滝です。

arkws12.jpg

 「隊長、命名のほどよろしくお願いいたしやす。」
 そういわれても、気取った名前が何一つ浮かびません。
 「上がナガトロの滝だから、こちらは中トロの滝っつーのは?」
 「アホ丸出しでやんすねえ。」
 先程道路で出会ったカモシカを思い出し 「じゃあ、とりあえず 羚羊ノ滝 ってことで。」

 すでに名前があっておかしくない、というよりこれだけの滝格なら無い訳が無いと思うのですが、WEB初登場の滝ゆえに名前が分かりません。
 で、羚羊ノ滝 と仮名をつけておきます。
 当然ながら、この滝も本年滝見隊大賞 有力候補に挙げられます。
 印象度  

 廃道に戻った我々はさらに上を目指し、やっと見覚えのある滝に到着。

arkws13.jpg

 おなじみ、長瀞ノ滝 です。

arkws15.jpg

arkws14.jpg

 滝の水を被っているこの倒木は、すでに数年の歳月を経過しています。

arkws16.jpg

 いつ来て見ても風格と存在感があります。
 これで川床の滑りがなければいうことないんだけど、滑るんだよねえ、これが。


          岩手県遠野市        荒川 → 猿ヶ石川 → 北上川


 
  1. 2017/05/04(木) 20:20:39|
  2. 遠野市の滝

中沢川の新滝

nkzh01.jpg
 遠野市の滝                 遠野のシンボルのひとつ 六角牛山


 遠野市にも探せばまだまだりっぱな滝があります。
 紹介されることがないから知らないだけ。
 これまで知られている滝と滝格に差のない未見の滝を、今回と次回紹介します。

 まずは、中沢川の滝から。
 中沢川といえば、六角牛山を水源として、不動滝とか大滝と呼ばれる滝があるのが知られていますね。
 探してみると同川にはそれ以外にもすばらしい滝がありました。

nkzh03.jpg

 発見した瞬間、思わず 「おおっ!」 と声が。
 真っ先に見つけたのは、例のごとく気仙沼の滝バカ。
 こいつがいないと戦果が半減します。
 この滝、おそらくWEB初登場。

nkzh04.jpg

 規模・岩盤・水量・スタイル、どれも文句なく、中でも青味がかったクリアな水がひときわすばらしい滝。

nkzh05.jpg

 同じ川に不動滝があったもんで、陽の目を見れなかったというんでしょうか。
 しかしまったく遜色ないです。

nkzh06.jpg

 滝の落ち口にも深い釜を持っているのが特徴のようです。
 なんか、カッパの頭って感じがします。

nkzh07.jpg

nkzh08.jpg

 道はないけれどそんなに行き難いわけじゃなし。
 こんないい滝が地元ブログにも載っていないというのはどういうことなんでしょうか?
 おそらく、故事云われのたぐいがなく、神が祀られていないせいだと思うのですが。
 存在感のあるすばらしい滝で、このまま放っておくにはもったいない。

nkzh09.jpg

nkzh10.jpg

 本年滝見隊大賞に堂々のエントリーです。
 名のないのは困るので、芸もなく、河童の皿滝 ととりあえず呼ばせてもらいます。
 隊員からは命名するのならもっと学のある名を付けろよ、と毎回いわれますが、学がないんだから仕方ねえじゃねえか。
 これだけの滝格があり、なんかちゃんとした名前が備わっている気はするんですけど・・・。

 印象度  

 それにしても、もしこんないい滝が人口の多い関東周辺にあったなら、とうの昔に見つけられてあっちこっちのサイトにUPされてたんでしょうね。
 人口の少ない ♯ 東北でよかった。
 当地には滝見隊が探す余地がまだたくさん残ってますもんねえ。


         岩手県遠野市      中沢川 → 早瀬川 → 猿ヶ石川 → 北上川



 
  1. 2017/05/01(月) 18:02:00|
  2. 遠野市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (153)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (124)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (14)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する