南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

川辺の鳥たち

iop20.jpg
  道草・寄り道・油売り

 所用で大船渡市まで。
 時間つぶしに盛川の河川敷を散策がてら、水辺の鳥たちを撮って来ました。

 ねらって近付くと気配に気付いて飛び立ってしまうし、安いコンデジの手持ちなので、毎度のことながらブレブレ画像のオンパレード。
 白鳥とカラスくらいなら分かるけれど、鳥の名にはまったく疎いため、特定いたしません。
 大抵の川なら居そうな鳥ばかりです。

iop01.jpg
 ウミネコが川に登って来て水浴びしている時は、海が荒れているんで釣りには行かない、というのがセオリー。

iop02.jpg
 どう見ても水鳥じゃないけど、川辺にいました。

iop03.jpg

iop04.jpg
 季節外れに遡上した鮭の死骸をついばんでいました。 カラスと、左はウミネコの幼鳥です。

iop05.jpg

iop06.jpg
 ガチでバトルしたら絶対勝つはずなんだけど、なぜかカラスに追いまくられるトビ。
 何か弱みでもあるんだろうか?

iop07.jpg

iop08.jpg
 どちらが魚捕り上手いのか?

iop09.jpg
 右はユリカモメ、   のような気がする。

iop10.jpg
 そういえば、もらったカモ肉がまだ大量に冷蔵庫に残っているはず・・・・・。
 コクがあって美味しいけれど、毎回カモ鍋じゃやっぱり飽きる。
 家人に 「他のもの作って」 という勇気はないし・・・。
 弁当にまで昨夜のカモ鍋のクズ野菜がてんこ盛りじゃ、喰う気なくなりますって。

iop11.jpg
 オオバン?

iop12.jpg

iop13.jpg

iop14.jpg
 カモは種類が多くて、どれがどれやら・・・。

iop15.jpg

iop16.jpg
 この画像じゃ分からないと思いますけど、鵜です。たぶん。
 ウミウとカワウは遠目じゃほとんど分かりません。
 嘴の根元にある黄色い模様が若干違うくらい。
 海にいるからウミウかといえばさにあらず、川にいるからカワウかといえばさにあらず。
 どちらも生活圏が重なっているから、ややこしい。
 だからといって、小隊長としては判別できなくてもいっこうに困らないわけで。
 ちなみに、鵜飼いの鵜はなぜかすべてウミウなんだそうです。

iop17.jpg

iop18.jpg

iop19.jpg

                           岩手県大船渡市      盛川河畔から



スポンサーサイト
  1. 2015/02/23(月) 19:18:37|
  2. 道草・寄り道・油売り

合地沢の滝

IMG_0196.jpg
    住田町の滝


 人家のあるところまで大概の路上は乾燥状態。バイクで走って何の問題もなし。
 しかしそれより上に登るとなると、雪だらけでにっちもさっちも。
 それが現在の南三陸の状況です。
 それを承知していながら、しばらく滝を見ていない鬱憤から、とうとうお出かけ。

 行った先は、岩手県住田町にある合地沢。気仙川の支流です。
 合地沢には本流支流合わせて10本ほどの滝が流れています。
 そのうち今回はどうにか見に行くことが可能だった4本の滝を貼り付けます。
 どれも以前に紹介済み。

 まず、何はともあれ オズガヨウ です。
 合地沢を代表する滝。

ggg06.jpg

 我等がろくでもないブログで紹介するまで、地元民以外ほぼ無名の滝でした。
 しかし見ていてくださる他のブロガーが遠方からわざわざ「ハイキングにあべじゃ」と足を運んでくださったりして、なんともホントにおもさげなございません。
 はたしてそれだけの価値がありやなしや。

ggg07.jpg

ggg08.jpg

ggg10.jpg

 世界観のある滝で、ほっこりできることだけは保証します。

 ここは オズガヨウ を見るだけでなく、桂の巨木も同時に見ることができます。
 この巨木は新緑も紅葉もシーズンになると滝に華を添えてくれます。

ggg09.jpg


 オズガヨウの少し下流には キッチヶ滝 が流れています。
 道路からはまったく見えない滝。

ggg11.jpg

 崖の上から精一杯腕を伸ばして撮影しましたが、完全逆光。
 ならばと、今度は上流側から撮ったら、

ggg12.jpg

 あんまし滝らしくない。どうすりゃいいんだ?

 キッチヶ滝 と同名の滝が、遠野市の藤沢四十八滝にもあるんですよ。
 未だに キッチ の意味分からん。


 今度は オズガヨウ のかなり上流にある滝。
 バイクで雪道を突進していったら、前に進むより横走りするほうが多くなり、途中で乗り捨てるはめに。
 一応スタッドレスタイヤは装着してますが、シャーベット状になった深い雪には全然歯が立ちましぇ~ん。

ggg01.jpg

ggg02.jpg

 上段の滝と下段の滝があり、こちらは下段の方。
 特に下段の滝は雰囲気あって好きです。滝壷の前が岩壁で見難いのが難点。
 どの角度からも見難くて一般受けする滝じゃないですね。

ggg03.jpg

ggg04.jpg

ggg05.jpg

 上3枚が上段の滝。
 おそらく名前がない。
 ちょっと下に不動尊らしき社があるから、合地不動滝でもよろしいかと。

 最後は、合地沢支流叶倉沢にある 山神様の滝。

ggg13.jpg

 同時に3つの滝を見ることができます。
 そのうち手前の2つが 山神様の滝です。
 画像では離れているように見えますが、実際はすぐそば。
 写ってませんが、画像左側に山神様の社が建っています。

ggg14.jpg
 これが最下段の滝。

ggg15.jpg

ggg16.jpg

ggg17.jpg

 そしてこれが上の滝。
 合わせて撮れば良かったのに、と今になって思うものの、すでに後のまつりでございます。
 これより上流は積雪が多くて、今はしんどい。 春にならなければ。

                             岩手県住田町       合地沢 → 気仙川 → 広田湾 


  1. 2015/02/21(土) 20:08:48|
  2. 住田町の滝

雌滝のつらら

P9190004.jpg
道草・寄り道・油売り                          大船渡市三陸町の半島(手前が脚崎、奥が首崎)


 

 岩手県大船渡市三陸町にある綾里不動へ出かけて来ました。
 すでに何度も紹介している場所ですが、改めて位置から御案内します。

 綾里 (りょうり) の語源になったのは、この地に残る綾織(あやおり)伝説から。
 はるか遠い昔、この地に綾織姫がいて、たいそう長い布を織った後、忽然と姿を消したという。
 どこへ行ったかといえば、遠野市の綾織らしい。 ま、あくまで伝説ですから。
 他にアイヌ語説もあります。

 

きmm02
 
 大船渡中心部から海沿いに30分ほど走り、トンネルを3つくぐって綾里の町へ入ったら山を目指します。
 まずは綾里小学校、または綾里郵便局を目標にして、着いたら、綾里川沿いに登って行きます。
 道なりに数分ひたすら登って行くと、正面に綾里ダムの堤体がのっそり現れます。
 右手に水道浄化設備の建物があり、そこから左手の枝道に入ります。
 入口に不動滝の看板がありますから、見逃さないように。

ryty03

 奥に進んで行くと、突き当たりに大きな鳥居が建っていて、その前に駐車場があります。
 綾里小学校からここまで1車線の全面舗装路。
 途中何か所かエスケープ帯があり、すれ違いにさほど困難はありません。

rrt254

 境内の概略図。
 駐車場から雄滝まで徒歩5分程度。徒歩でしか行けません。
 境内といっても整備された場所ではなく、荒れた谷間といったイメージ。
 トチなどの巨木が立ち並び、一種独特な雰囲気が漂っています。
 周辺は傾斜のきつい山に囲まれています。
 道は未整備なので、サンダル履きでは無理です。
 この一帯だけで数本の滝が流れ、三陸地方では稀有な場所になっています。

 と、ここまで紹介しておいて何なんですが、今回、滝の画像は雌滝だけです。
 時期的に、現在最も水量が少なく、それぞれの滝では貧弱な流れしか確認できませんでした。
 とりあえず、過去の画像をご覧下さい。

mstt01.jpg

 雌滝です。
 この滝だけは年間通してほとんど水量が変わりません。
 滝の上に沢がなく、地下水がダイレクトに滝になっているからです。
 岩手名水20選のひとつ。角の取れた柔らかな味がします。美味。

mstt02.jpg
 雌滝上部。

 本来滝を撮るのが目的ではありませんでした。
 境内からほど近い場所にできる氷瀑を撮りたかったのです。
 境内からは見えない場所にあり、滝見隊が偶然発見しました。
 寒さ厳しい日が続くとみごとな氷瀑になります。
 行ってみたところ、今年はがっかりするようなデキで撮影を見合わせざる得ませんでした。

 代わりに撮ったのが雌滝から造られたつららの数々。
 ありきたりなもので申し訳ございませんです。

mstt03.jpg

mstt05.jpg

mstt06.jpg

mstt07.jpg

mstt08.jpg

mstt09.jpg

 綾里不動の滝群は、すべて枝沢にあるので通年水量不足。
 見に行くなら大雨の降った後か、梅雨時がよろしいかと。

 季節はまだ冬。
 南三陸沿岸部はいいとして、ちょっと山に入ったり内陸へ行ったりすると、たちまち雪に阻まれます。
 バイクじゃ遠くへ出かけられないし、あ~あ、早く春が来ねえかなあ。




 追記

 ニーハオ隊員から綾里不動の滝の雨後の画像が送られてきたので転載します。
 最近(2015年3月)のものらしい。
 いつもこれだけの水量があればいうことないんですが。

 雄滝
mik152.jpg

mik153.jpg

 雌滝
mygd5333.jpg

 荒神ノ滝
ddou660.jpg

looo25.jpg

 浄吉ノ滝
nnlo998.jpg

 雨期だけの滝
ccxd524.jpg

 醍醐ノ滝
sspl117.jpg




  1. 2015/02/11(水) 17:14:17|
  2. 道草・寄り道・油売り

南三陸小散歩

mmsr01.jpg
                道草・寄り道・油売り


  昨日昼ごろから降り始めた雪は夜半まで降り続きました。
 翌朝目を覚まして外に出てみると、長時間降った割には3センチほどの積雪で、思いのほか少ない。
 水分の多い雪で、昼ごろには路面から姿を消してしまいました。

 雪がないならと、バイクでホームセンターへに出かけるつもりが、足を延ばしていつの間にか三陸の海を見に行くことに。
 行った先は、岩手県大船渡市の海岸線。ちょっとした散歩気分です。
 
 あちこち写真を撮りましたが、けっして観賞用の画像ではございません。
 撮影がへたっぴの上に逆光ときてるのでお見苦しいと思います。お許しを。
 ベタベタ貼ります。

mmsr02.jpg

 肉眼では宮城県の金華山(牡鹿半島先端の島)も見えます。

mmsr03.jpg

 奥の半島は綾里崎。 
 先日山火事があって、辿りつける道がないため消火に3日要したとか。
 「大震災以来のヘリの数だった。」 とは知人の話。

mmsr04.jpg

 ここは岩手県大船渡市三陸町の小路(こじ)というところ。
 落差数メートルの海岸瀑があります。
 渇水期で今はまったく水が流れていません。
 流れていれば、この滝をメーンに据えるつもりだったのに。

mmsr05.jpg

mmsr06.jpg

 出入りの多いリアス式の三陸海岸。
 宇宙からの衛星写真を眺めても、虫眼鏡で海岸の岩を見つめてもどこまでもギザギザ。
 拡大しても縮小しても形状が同じ。
 こういうのをフラクタル構造というのだとか。

mmsr07.jpg

mmsr08.jpg

mmsr09.jpg

 合足地区の岬の突端部。
 釣り人くらいしか足を踏み込まない場所。
 両側が断崖になった馬の背を歩いて行きます。
 残念なことに樹木が多くて展望の開けたポイントがありません。

 この杣道をバイクで下り、海岸道路に出た瞬間、パトカーとばったり。
 ギョッとした表情の後、不審げに見つめる警察官の顔がはっきり見えました。
 なぜなら、黒ヘルメットに黒い目出し帽、黒いレインジャケットという全身黒尽くめの男が黒いバイクに乗って突然現れたから。 俺はイスラム国じゃねえって。たのむから早く行ってくんねえかなあ、テンション下がります。

mmsr10.jpg

mmsr11.jpg

mmsr12.jpg

mmsr13.jpg

mmsr14.jpg

mmsr15.jpg

 大船渡市赤崎町外口地区。
 名の通り、大船渡湾の出口にあたります。
 対岸は碁石海岸。
 この日、低気圧が過ぎ去ったばかりで、海はやや荒れ気味。
 天気まずまずで、展望も良く、久しぶりに潮の香りを嗅ぎ、気分が落ち着きました。

                                    岩手県大船渡市赤崎町~三陸町



  1. 2015/02/02(月) 20:39:36|
  2. 道草・寄り道・油売り

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (153)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (124)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (14)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する