南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

堺ノ神沢の大滝

skmk1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 岩手県宮古市新里地区を流れる刈屋川支流倉ノ沢の滝を見た後で、滝見隊は移動しました。
 倉ノ沢の上流部分には何本もの支流が流れ、地図を見た限りでは倉ノ沢大滝以外にも滝はあると確信していました。
 でも滝探ししようとなると決定的に時間が足りません。
 強引に入ったとしても、残してしまう沢が多くなり、中途半端で終わる恐れがあります。
 だから上流にはそのうちいつかということになり、残った時間で確実に滝のある沢を攻めることにしたのです。

 入ったのは、堺ノ神沢。
 宮古市と岩泉町の境界にある堺ノ神岳(1319m)を水源とする沢で、ひと山越えれば岩泉町に入ってしまうところ。
 なんだか北上山地の奥の奥まで来てしまったなあ、と感ずるような深い山間地です。
 林道に入ってしばらく進むと車止めがあって、そこで工事が行われていました。
 その先には車どころかバイクでさえ入れないような細い廃道らしき道が続いています。
 廃道に入るには、目の前の工事現場を通過しなければなりません。
 ユンボが土砂をダンプに積み込む真っ最中。
 手を振って 「南三陸からやってきたアホバカなんだども、ちょこっと通らさせてもらえねべか?」 と恐る恐る尋ねると、
 「何しに行くの?」
 「滝探し」
 「???」 といった怪訝な顔。
 世の中に滝探しを趣味とする人間がいるなんて普通の人は思ってもいませんから、まあ当然の反応。
 どうにか承諾を得、バイクを邪魔にならない場所に並べると、いざ突入。
 どこの馬の骨とも分からぬ風体怪しき男どもの通過を 手を停めて待っていてくれた作業者の方々に感謝です。

 廃道はまさしく廃道そのもの。道としての体を成さない状態。
 ヤブコギしたり、倒木をくぐったり、沢に降りたり、道に戻ったりの繰り返し。
 断崖の下を通っているはずの道が、上から大きく崩壊し、崩れ去った道に倒木が渡してありました。
 いつしつらえたのか分かりません。腐っていたらどうしようと不安いっぱい。
 一人ずつじわじわと渡りましたが、倒木は体重を乗せるとしなって、いつ折れるかわからずガクブル。 
 転落したら大怪我は免れません。 そんなのが2ヶ所も。
 冷や汗の連続で沢を登って行ったら、ついに目当ての滝が。

skmk3.jpg

 地理院地図を眺めると、堺ノ神沢の中流部に滝マークがあります。
 間違いなくこの滝です。 WEB 初登場。
 滝名があるかもしれませんが、現時点では分からず。
 とりあえず、そのまま堺ノ神沢の大滝としておきます。

skmk2.jpg

 地図に載ってるくらいだから、当然大きな滝です。

skmk4.jpg

 まとまり感あって、威風堂々とした印象。
 水量はそれほどないので、威圧感は感じません。

skmk5.jpg

 広い滝壷に岩魚を3匹見ました。
 きれいな水質です。 飲めます。
 岩に苔があればもっとカッコ良かったと思いますが、特に欠点のないすばらしい滝です。

 印象度  


 じっくり眺めて十分堪能した後、さてこれで目的は達したし日の暮れる前に帰ろうか、と考えていたら、またまた滝バカが余計なことを。
 「この沢だったら、上流にも大きな滝がありそうだ。」
 確かに岩盤が多いし、傾斜もあるし、水量に不足はないし、地形的にもさらに滝がありそうな沢です。
 でも小隊長は1週間の仕事の疲れが溜っているし 天候も気になるしで なるべく早く帰りたい。
 しかし釣り師とニーハオ隊員まで同調してしまったので行かざる得なくなりました。

 登ったあげく滝が無いとなれば、いがみ合いがおっ始まっても不思議じゃなかったのですが、予測通り滝はありました。

skmk7.jpg

 これもWEB初登場になるかと。 いい滝です。

skmk8.jpg

 下の滝と比べれば、若干小さい。
 でも存在感は甲乙つけがたい。

skmk9.jpg

skmk10.jpg

 こちらの滝もほぼ円形の滝壷を持ち、さらに苔の配置もあって、日が射していたら美しい滝だったろうと思います。

 印象度  

 見ごたえある滝が2本もあって突入した甲斐ありました。
 でも恐ろしい道。ていうか、ほぼ崩壊状態なんですよ。
 崖に渡された倒木を再び踏むのは、本心から心臓縮み上がりました。
 もし滝探し初心者が入ったら、もう2度と滝探しには行かないんじゃないでしょうかね。
 沢そのものはとてもいいので、入るとしたら沢登りの装備で夏がお勧めです。 でも藪だらけかも。
 なお、地図上の山道と実際とはかけ離れています。 沢に沿ってはいますが、位置がいい加減。


 沢を下る途中、小隊長にアクシデント発生。
 目の前の岩を跨ごうとして目測を誤り、岩の斜面に足を付いた瞬間に滑って川に転落。
 疲れて足が思うように上がらなかったのです。
 幸い上半身を濡らすことはなかったのですが、スパイク長靴ごと太ももまで水に入ってしまいました。
 渓流靴は持参していました。
 でもこの時期水に入るのは勘弁してくれと思っていたものだから、スパイク長靴のまま入渓していたのです。
 スパイク長靴は林道とか草付きの斜面では威力を発揮しますが、濡れた岩場では無力。
 それを分かっていながら履いて来たわけで、考えが甘かった。
 「ガタイばかりデカい熊体型で、手足が短いってこと、忘れてんじゃねーの。」 と滝バカ。
 「うっせえ、エテ公体型のオメエに云われたくねえよ。」
 「誰がええとこのボンボンじゃ。」
 「この前、俺をブログで笑ったから、天罰・天罰」 と釣り師。
 長靴をガボガボいわせながらバイクまで戻り、ズボンを換え、乾いている渓流靴に履き替えましたが、風を通すので帰還する途中の寒いったらありゃしない。 氷水に足をつっこんでいるよう。


          岩手県宮古市新里           堺ノ神沢 → 刈屋川 → 閉伊川



  
スポンサーサイト
  1. 2015/11/09(月) 20:17:12|
  2. 宮古市新里地区の滝

倉ノ沢大滝 ふたたび

qazx1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 「も一回、倉ノ沢に行ってみねが?」 と気仙沼隊員から ありがた迷惑な催促。
 そりゃあ、小隊長も気になってたんですよ。
 以前 「倉ノ沢の滝は、段瀑もしくは連瀑ではないのか?」 と書いたものの、確証が持てなくて、なんかモヤモヤしたものがありました。
 だからそのうち再訪してみようとは思っていたんですよ。 ぼんやりと来春以降の腹積もり。
 でもすぐに行くとなると、とにかく遠い・寒い・暗くなるのが早い・疲れる といったことが頭に浮かんで、なかなか決断できませんでした。
 他の2名に尋ねると 「行ってみっぺ。」 とのことだったので、皆に引きずられるようにしぶしぶながら出かけることにしました。

 当日、曇りで夜になってから雨が降るといった天気予報。
 雨さえ降らなかったらどうにかなるけど、バイクで長距離走るとひたすら寒い。
 日差しがあるとないとでは、えらい違い。
 道中 気温が10℃内外で、その中を走れば体感温度で10℃は下がるから、真冬の外に立っているようなもんです。

 立丸峠は霧の中。ていうか、こりゃあ雲でしょ。
 全身に水滴を被って峠を越えました。
 帰りまで降らないことを祈るのみ。 冬の雨は雪よりきついかんね。

 
 まずは前回見た倉ノ沢の神社下の滝から。

qazx7.jpg

qazx8.jpg

 前回よりやや水量が少ない。
 広くて深い釜を持っています。

qazx9.jpg
 
 いい滝です。周辺の雰囲気がいい。

qazx11.jpg

qazx10.jpg

 断崖に囲まれ、すばらしい景観。
 世界観を持った滝です。
 正面から眺めると 流れの一部が断崖の陰に隠れてしまう所がおしい。

 印象度  

 滝の流れる林道のそばには2ヶ所の神社があります。
 互いの距離は200mくらい。
 下の神社は大きめで林道横に建っています。 駐車スペース有り。
 神社前からは木立を通して2つの大きな滝が見えます。
 その神社の前に 川へ下る不明瞭な小道があります。
 川縁は洪水が原因なのか崩壊していますが、それでも楽に川まで下りられます。
 下りた地点から100mほど上流にこの滝は流れています。
 川に入らなくても、縁をへつって行けば滝の正面まで行けます。
 ただ川に入った方が楽。

 一方、上の神社は、森の中の小道を入って行くと建っています。
 小さめなお宮さんで、確認しませんでしたが不動尊ではないかと。
 高い断崖の上にあり、この真下に流れているのが上に貼った画像の滝。
 その断崖からは、上の滝(=倉ノ沢大滝)は見えませんから、画像の滝こそ神社のご神体であろうと思われます。
 倉ノ沢大滝のそばには神社がなく、下の滝だけ2つあるのはどういうわけなんでしょう?
 だから素直に名前を付けるとすれば、倉ノ沢不動滝 とでも呼べばいいのかも。

 林道を少し歩けば、崖の下に 倉ノ沢大滝が見えてきます。

qazx2.jpg

 前回、遠くからチラッと見ていますが、滝下に降りたのは初めて。

 ここで当ブログをご覧の皆さまにお詫びしなければいけません。
 倉ノ沢大滝 と、先程の下流の滝とは、確認したところ30m以上離れているようです。
 だから段瀑どころか連瀑でもなく、それぞれが別個の滝だと判明いたしました。
 誠に申し訳ございませんでした。
 情報発信に誤りがあり 多大なるご迷惑と信頼を損ねてしまったことを心よりお詫びし、今後二度とこのようなことがないように肝に銘じて日々精進してまいる所存でございますので、今後とも変わらず御愛好いただきたくお願い奉り候。 なんつって。
 いや、ほんとにすんませんでした。 前回の記事を訂正させていただきます。
 弁解するなら、下の神社から眺めると2つの滝は連続しているように見えるのですよ。
 ともあれ、これで懸案のひとつが解決でき、胸のつかえが取れたような。

qazx3.jpg

 他のWEBで見る画像より水量は少ないです。

qazx4.jpg

qazx5.jpg

 倒木に沿ってロープが見えます。 トラロープです。
 我々が放ったロープではありません。
 滝見隊なら、画像に写らないもっと下流から降下します。
 誰かが降下するために残置したようです。
 あそこに降りても移動できないと思うのですが
 時々滝の近くでこんなのを見ますが、トラロープは危険です。
 トラロープは標識用です。荷重を加えるものではありません。
 摩擦に弱く、滑りやすく、延びるし、紫外線でも劣化します。
 何度も使用すれば体重を支えきれなくなる恐れがあります。
 クワバラ・クワバラ・くわばた・おはら。 トラロープはぜったい止めましょうね。

qazx6.jpg

 倉ノ沢大滝。 もっと水量があれば良かったかなあと思いますが、いい滝には違いありません。
 ただ、下の滝を見た後では感激が薄くなったのも事実。
 林道がすぐ上を通っているので、車が通るとちょっと居心地が悪い。
 滝を中心とした世界観では、下の滝の方が勝ります。

 水質は普通。
 周辺にはやたら合成樹脂のバケツやらトロ箱などがありました。
 上流に人家があるんでしょうか。 かなり興ざめする光景。

 印象度  

 上下どちらかの滝を選べといわれたれ、小隊長はだまって下の滝を指さします。

 時間があれば何本も流れる倉ノ沢の支流を遡りたかったのですが、ほかの沢で滝探しする予定があり、断念しました。


                        岩手県宮古市新里         倉ノ沢 → 刈屋川 → 閉伊川


  1. 2015/11/08(日) 16:48:48|
  2. 宮古市新里地区の滝

戸塚沢の滝

tzas1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 新里の滝、第5弾(最終回)は 戸塚沢の滝です。

 前回の岩穴沢の滝から引き返し、五番地区総合センターの手前から源兵衛平方向へ左折します。
 およそ5~600mほど登って行った右手に滝があります。
 藪が濃くて道路からはわずかに見えるだけ。 知らずに通り過ぎるかも知れません。

 滝の位置は分かったけれど、どうやって降りればいいのか。
 背丈以上の藪が斜面をびっしり覆っています。
 距離的にはほんのわずか。
 でもここまで全部の滝で多かれ少なかれヤブコギしてきたので、いい加減嫌になって来ています。
 「道がないんだから強行突破しかねーべ」 というので、しぶしぶ突撃。
 手でかき分けても どこに足を置いたらいいのか迷うほど濃密な藪に参りました。
 1回手でかき分けては1歩進み、1回かきわけては1歩進み、の繰り返し。
 平地に下りるとグチャグチャの湿地帯で足が嵌ります。

tzas2.jpg

 目の前がパッと開け、ド~ンと現れた滝。 デカい。
 落差は数mですが、面積が広い。

tzas3.jpg

 地図にもマークされた大滝です。
 マークはあれど、滝の名前は分からず。 こちらもそのまま 戸塚沢の滝 としておきます。
 これもWEB初登場になるかと。
 斜瀑なので、滝の正面で見るより 崖を登って上から眺めた方が より大きさを感ずると思いましたが、そう思っただけで登らず。
 もう気力が残っていません。

tzas4.jpg

 これだけの大滝でありながら、やっぱり顧みられている形跡のない滝ですね。
 標識はおろか、踏み跡すらどこにもありません。 完全ヤブコギです。
 この地域、滝が多過ぎじゃねーの。

 印象度   

 この後、まだ行ってみたかった場所はありましたが、タイムアップ。
 南三陸までの帰途を考えると、これ以上進むわけにはいきませんでした。 疲れました。
 葉が落ちた頃にでもまた来てみたいとは思うものの、バイクで長距離走ると今でも寒いのに、さらに気温が低下すると凍えるようになるんだな これが。
 どうすっぺやあ、と只今思案中であります。

   
           岩手県宮古市新里地区        戸塚沢 → 平片川 → 刈屋川 → 閉伊川



  1. 2015/09/25(金) 22:00:33|
  2. 宮古市新里地区の滝

穴岩沢の滝

iwiw1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 新里の滝 第4弾は、岩穴沢の滝 です。

 前回の平片ノ滝から川沿いの道路をそのまま約1.5km登って行きます。
 すると、五番地区総合センター という、集会所らしき平屋の建物が右に見え、その先に、橋があって 源兵衛平に向かう道が右手からつながって来ます。
 右には行かず、そのままおよそ600m余り直進すると、左手の崖下に大きな滝が現れます。
 少し先の道路下に民家有り。
 滝の正式名称は不明なので、とりあえずそのまま 岩穴沢の滝 としておきます。
 地図にも滝マークが記されています。
 それを目当てに滝見隊はやって来ました。

 道路から降りていく道がないので、ここもヤブコギです。 ヤブコギは大したことないですが、急傾斜。

iwiw2.jpg

 直瀑の大滝。

iwiw3.jpg

 まとまりのあるいい滝です。
 探しましたが見つからないので、おそらく WEB初登場。

iwiw4.jpg

 平片ノ滝よりかなり上流とはいえ、やはり水質は雨で若干濁り気味。 ただし気になるレベルではありません。

iwiw5.jpg

 画像以上に大きさを感じさせます。

iwiw6.jpg

 滝マークがあるのも至極当然の滝だと思います。
 なのに踏み跡皆無でまったく無視された存在。 

 印象度  

              
                 岩手県宮古市新里地区         岩穴沢 → 平片川 → 刈屋川 → 閉伊川




 
  1. 2015/09/25(金) 18:34:40|
  2. 宮古市新里地区の滝

平片ノ滝

hrki1.jpg
 宮古市新里地区の滝



 新里の滝、第3弾は平片ノ滝。
 第1弾の八瀬ノ滝、第2弾の倉ノ沢大滝は、滝見隊らしいグズグズぶりで終わりました。
 かくてはならじと、第3弾は平片ノ滝で汚名挽回。

 この滝は過去2回訪れているので、何も迷うこと無し。
 県内の滝好きなら大概知っているメジャーな滝では。

hrki2.jpg

 最近誰も入っていないのか、川までの踏み跡がありません。
 しようがないから、道路から斜面を下るまでヤブコギ。 まあ大した距離じゃありませんけど。

hrki3.jpg

 スイマセン、ここでもレンズに水滴付いてます。 その場では画像見ても気付かないんですよ。

 通常なら3条の流れ。 今回水量が多く、2条の流れがつながってます。

hrki4.jpg

hrki5.jpg

 あえて、あーだこーだ言う必要のないりっぱな滝です。
 少々濁りが入っていたのが残念。

                岩手県宮古市新里地区    平片沢 → 刈屋川 → 閉伊川

  1. 2015/09/25(金) 16:53:10|
  2. 宮古市新里地区の滝

そうだったのか、倉ノ沢大滝

kknnss1.jpg
 宮古市新里地区の滝


 新里の滝、第2弾は 倉ノ沢大滝です。

 自宅に帰ってからこの滝について、あっ!と驚くようなことがありました。
 それは後ほど書きます。

 倉ノ沢大滝は初見の滝。
 以前小隊長は入院したことがあって、その間、滝バカ隊員とニーハオ隊員が2人で来たとかで、道案内は彼らにおまかせ。
 つったって、倉ノ沢に沿った林道をどこまでも道なりに進むだけで、迷うような脇道に入ることは一切ありませんでしたが。

 林道沿いに、威厳のある鳥居を持った古びた神社があります。
 滝を御神体にした神社らしい。
 その神社の前に、小道というか踏み跡というか、とにかくはっきりしない道があって、そこを川に向かって下りて行きます。
 川原まで下りられます。 ただし急坂で崩壊しかけています。
 道には石垣が積んであるので、かつてはミソギとかお祈り用の路だったのかも。

kknnss7.jpg

 途中で現れる4段の滝。 
 見ごたえあり。 深山幽谷の雰囲気。 すばらしい。 これ見れただけでも良かった。
 手前の木が邪魔で、何とかはずそうと下でも撮ったのですが、そうすると4段の滝のいずれかが見えなくなってしまいます。

 川へ降りると、上流に大滝が見えます。

kknnss2.jpg
 
 大きいし、迫力あるし、カッコいい。

kknnss3.jpg

 この時、「あれ? 2条の滝じゃなかったっけ。」 と一瞬思ったのですが、水量が大幅に増えているため、滝の形が変わってしまったのだろう、と思考能力が欠如してるために簡単に片付けてしまいました。

kknnss4.jpg

 滝自体はすばらしいもの。
 この日、5本の滝を見ましたが、もっとも印象深かった滝です。

 周囲を岩盤に囲まれ、ここだけの滝世界が形成されています。
 圧倒的な水量と深い滝壷。 これぞ滝、といった雰囲気。
 真近で見たいけれども、岩盤と滝壷に阻まれ近付くことができません。

kknnss5.jpg

 いい滝見たなあ、来た甲斐あったと満足感に浸りながら神社まで登り、振り返って遠景からもう1枚。

kknnss6.jpg

 高所から眺めると、いまの滝のすぐ上にも滝が流れているのが分かりました。
 見た目に貧弱で、下の滝の露払いのような滝に見えました。
 そちらの滝も撮っておきたかったのですが、下からでは登れないのと、行くのにメンドいのと、時間の余裕がないのとで、パスすることに。
 遠くまで滝を見に出かけると、体力・気力の温存を計りたいために 無駄なことはしたくないという意識がどうしても働いてしまいます。  
 後で考えたら、他の滝を1本省いても、なにはともあれ行くべきだった。

 さて帰宅後、他のブログを見てみると、どうも我々が撮った画像と滝が一致しません。
 倉ノ沢大滝の水量が違ったにしても、背景の地形まで大きく変化するわけがない。
 我々の見てきた滝は、本当に倉ノ沢大滝だったのだろうか?
 いやいや、あんな堂々として存在感のある滝はそうそうあるわけはないから、倉ノ沢大滝で間違いないはず。
 滝バカに連絡取ると「前にもあの滝しか見てない。 なんか文句でもあんの?」との返事。

 じゃあ、なんなんだ? となって、ハタと気が付いたのが最後の画像。
 そこにはちゃんと2条の滝が写っているではありませんか。
 結論として導き出したのが、倉ノ沢大滝というのは、1段ではなく 実は2段構造の滝ではないかということ。
 そうか、そうういうことか。
 だから神社のある位置も、2段の滝がちゃんと見える場所に建っているんだ。 4条の滝も目の前にあるし。
 他の人達は上段の滝を撮り、我々は下流側から行ったから下段の滝しか撮れなかった、ということではないでしょうか。
 ともかく、上下2段を倉ノ沢大滝というのなら、落差は倍ほどもあり、相当すごい滝であるのは間違いないこと。
 下段の滝だけでも印象度は くらいになります。 

 小隊長の推論は当っているのでしょうか、それともトンチンカンの大ハズレ?
 こんなことがあるから滝探しってホンマおもろいなあ。 と、開き直って言っときます。
 いずれにしても、この滝だけを目当てに行く価値十分。
 いつになるか分からないけれど、真相究明できるかどうか、機会をうかがって再チャレンジしなければ。

 ちなみに、こんだけすばらしい滝でありながら、地図上では無印です。 んなアホな。


                      岩手県宮古市新里地区         倉ノ沢 → 刈屋川 → 閉伊川



 
  1. 2015/09/24(木) 19:33:38|
  2. 宮古市新里地区の滝

平片ノ滝

 真黒な岩盤を落下する三条の水流。
 存在感のあるいい滝です。

 いつも思うんですけど、道路から滝元まで下りる小道でもあればとても助かるのですが。
 けっこう大きな滝でもそばまで近づける道がないことがしばしば。
 滝というのは人との関わりが薄いため、その存在を無視されることが多いですね。
 我々滝好きにとってははなはだ残念なことです。
 ただ、そのおかげで人に知られていない滝を自らが探し出す楽しみがあります。

 新里地区では、この他に数か所の滝を見て回ったのですが、自宅にストックしていたデータは大津波によって流され、紹介することができません。
 パソコンは瓦礫と化し、拾い集めたCD・DVDのデータのほとんどは再生できませんでした。
 ここで紹介している画像のいくつかは、隊員が持ち寄ったものと、これまで間借りしていたホームページから引っ越してきたものを使用しています。

新里村 平片の滝
 
 印象度                

                                   「岩穴川⇒刈屋川⇒閉伊川」





  1. 2012/01/21(土) 11:10:54|
  2. 宮古市新里地区の滝
  3. | コメント:0

安庭沢の滝

 この2つの滝は安庭沢の支流にあります。
 どちらも落差・水量十分でとても見ごたえがあります。
 にもかかわらず、まったく知られていません。
 だからどちらも滝に名前がありません。

PB030025.jpg
この滝は上流側。たどりつくまでがけっこうハードワーク。
でも疲れが吹っ飛ぶほどのすばらしさ。美しい。水質もいうことなし。
滝壷がもう少し深かったらもう何も文句はありません。

印象度  


新里村 安庭沢の滝

その下にあるのがこの滝。上流の滝よりやや小さいですが、こちらもすばらしい。
滝のスタイル・落差・水量・岩盤・滝壷・苔の貼り付き・背景・周辺環境・神秘性など、どれをとっても高レベル。上流に人工物がまったくないので、上の滝同様水質もパーフェクトです。おいしい水でした。

印象度             「安庭沢⇒刈屋川⇒閉伊川」
  1. 2012/01/20(金) 23:02:47|
  2. 宮古市新里地区の滝
  3. | コメント:0

長松ノ滝

                       

 はじめてこの滝を見た時には驚きました。かなり離れた対岸の林道から見たのですが、水の落下音が響き渡り、森の中に一筋の白い線が描かれていました。神秘的で絵画のような光景だったのでしばらくは目に焼き付いて離れませんでした。
 なんとかこの滝を間近に見たいと、それから2度ばかり川を遡上しトライしましたが2度とも挫折。みじめな敗北感だけを背負って帰還しました。それほど滝元から見てみたい滝です。

 印象度は       すばらしい滝です。                      

新里村 長松の滝
長松ノ滝  「安庭沢⇒刈屋川⇒閉伊川」
  1. 2012/01/20(金) 21:43:24|
  2. 宮古市新里地区の滝
  3. | コメント:0

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (134)
巨樹・古木 (66)
野の花々 (29)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (6)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (21)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (69)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (100)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (119)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (13)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する