南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

入畑の滝、夏油の滝

gtok1.jpg
 北上市の滝

 
 北上市の入畑ダム周辺にいくつか滝がある、という情報を得て、滝見隊で見に行くことにしました。
 他の情報を漁っても、この辺の滝の画像が出て来ないので、これは何かありそうだという気はしたんですが・・・。

 まずは、入畑ダムの展望台に登り、ダムの管理所方向を注視すると。

gtok2.jpg

この画像では判断できませんね。
 寄っていくと、

gtok3.jpg

 ピンクの色が塗られた施設は、誰が何と言おうと艇庫に間違いないとニーハオ隊員が言い張っております。
 だから何なんだ。
 その後方に、滝が見えます。
 地図にも載っている滝です。
 
 さらにズームすると、

gtok5.jpg

 これでいっぱいいっぱい。
 これ以上はどうにもならないので、展望台を降り、ダム施設に行ってみることにしました。

gtok9.jpg

 ダムの堤体を歩きながら、上流方向を撮った画像。
 なんちゅう悲しい色やねん。 いつもこうなんだろうか?

 奥の管理施設まで行ってみると、建物が邪魔で滝の姿がまったく見えないことが判明しました。
 一般的にはほとんど撮れない滝なんで、WEB上に載ってないのも当然です。
 斜面を越えて滝のある場所まで移動する、というのは地形的にまず不可能。
 ジ・エンドかと思ったら、なんと施設内に管理者がいて、写真を撮るだけなら施設内に入ってもOKとの許可を得ることができました。 ラッキー!

gtok7.jpg

 ダム湖に直接流れ込む滝で、それゆえ滝壷はありません。
 まとまりの良い滝ではありますが、なんともパッとしない滝です。
 まあ、この状態なら   くらいのもんかと。
 しかしニーハオ隊員の言葉を聞いてハッとしました。
 「ダムができる前だったら相当の落差があったんだべな。」
 そうなんです。 ダムの高さは70~80mくらいあります。
 ダムが無ければ、とんでもない高滝だったはず。

 管理している県職員にこの滝の名前を聞いたら、「無い。少なくとも聞いたことがない。」 ということでした。
 ま、入畑ダムの滝 と言っても、何も困らないと思います。

 後出しになってしまいました。
 周辺の図。

gtok4.jpg

 Aが入畑ダムの滝。
 そして今度は、夏油川やその支流にあるB,C,Dの滝を目指しました。

 正規の道路はありません。
夏油川に沿って、というかかなり高台に工事用の作業道があります。
 夏油川の川原まで続いていますが、ユンボやダンプなどが行き交い、一般人の入れる隙はなし。
それでも途中まで進み、後は、沢伝いに登るか、完全ヤブコギになりました。

夏油川の合流点からオボガ沢を登り始め、地図に滝マークのあるポイント(B地点)まで来てみると、

gtok10.jpg

 あらら、堰堤ではないですか!
 しかしそのすぐ上に滝が見えます。

gtok11.jpg

gtok12.jpg

 これが上の滝。
 自然の滝なのか人工滝なのか判断に苦しむような形。
 仮に自然滝だとすれば、すぐ下流に堰堤を造ってしまったために、景観がだいなし。
 真近かからなら堰堤抜きの画像が撮れますが、遠景では無粋にも堰堤が入ってしまいます。
 WEBに滝の画像がなかったのは、このせいではないかしらん。
 地図にマークを書き込むあたりは、ちゃんとした滝の姿をしていたのかも知れません。
 しかし洪水などによって、その後堰堤を造ったと思われ。
 何にしろ、我々滝好きにはがっかりな結果でした。
 支流なので水質は悪くありませんでした。 飲めるような水ではないですけど。
 印象度  

 オボガ沢を下り、夏油川本流まで戻って、次はCの滝を目指しました。
 川の流れが急になり、深さが増し、両岸も急角度の岩盤になってきたので、途中からヤブコギに変更。
 ところがあるべきはずのところに、滝はありません。
 おかしい?変だ? と何度か行ったり来たりしました。
 結果からいえば、ちゃんとした滝はなかったのです。
 いえ、あるにはありました。
 急角度の岩盤にちょろっと流れる水。
 おそらくこれがマークの滝だと考えたのですが、規模は大きいながら滝としての存在感皆無。
 水量があればそれなりの形にはなると思いますが、現状では画像を残すほどの価値はありませんでした。

 そして最後のDポイントの滝。
 夏油川沿いには登れないので、そのまま山に入り横移動。
 藪だらけのグシャグシャに濡れた斜面に悪戦苦闘。
 が、それだけでない、我々はいつの間にかデンジャラスゾーンに侵入してしまっていたのでした。

 ヤブコギしてしばらくしたら、やけに頭が痒いのです。
 はじめは木の葉だとか枝なんかが髪の毛に絡んでいるのだろう、と深く考えなかったのですが、いつまでたっても頭皮に違和感があるので、釣り師に見てもらうと、
 「わっ! ダニだ! 山ダニだ! マダニだ!」
 それも自分だけじゃなかったのです。
 よく見ると皆の衣服や、ザックにも赤いゴマのようなものがこびりついてワサワサ動いているではないですか。
 「げっ、俺にも!」
 「俺もだ!喰われて病原菌に感染したら死ぬやんけ。」
 「この前アブにさんざんやられて、今度はダニかよ!」

 ダニが皮膚に食い込んだら大事になります。 病院でしか取れません。
 Dの滝の目前まで来ながら、即刻中止。 またまた退却であります。
 というわけで、Dの滝の姿を見ないまま、我々は必死こいて逃げてきたのであります。
 まさかダニの巣だとは考えもせず。
 戻ってきたら、なんとバイクの上にまで這いまわっているじゃああーりませんか。

 戻る途中、夏油川に注ぎ込む滝発見。

gtok13.jpg

gtok14.jpg

gtok15.jpg


 この後、滝見隊は夏油温泉に向かいました。
 通常、いくら近くに温泉があっても、疲労感がどっと出て帰りのツーリングが辛くなるので湯には入らないのですが、今回ばかりはダニの検査を兼ねて露天風呂に入ることにしました。

 その途中で見かけた滝です。

gtok16.jpg

gtok17.jpg

 どちらも悪くない滝で、整備したら見られる滝になるはず。

 最後に、夏油の滝といったら、これ。
 洞窟の湯 の横に流れる、四郎左ェ門ノ滝。 有名。

gtok18.jpg

gtok19.jpg

gtok20.jpg

gtok21.jpg

 雰囲気のあるとてもいい滝です。
 印象度  

 随分久しぶりに夏油温泉に来たら、2軒ばかり温泉施設が閉鎖になっていたので、少しばかり寂しかったです。
 傾向としてはここも寂れて来ているんでしょうか。
 
 入湯料を払い、川のそばの露天風呂で互いに身体に異常がないか点検しました。
 人の身体をこれでもかというほどねちねち見まわしているので、それを傍で見ていた人達は何を思ったでありましょうか?
 我々以外数人入っていたのですが、こちらはそれどころじゃありません。
 ともあれダニにやられた形跡はなかったのでひと安心。

 洞窟風呂の内部。
 暑くて半分くらいしか侵入できず。
 現在は利用されてないんですね。 もったいない。

gtok22.jpg


 今回、夏油川にあるDの滝を見ないままに終わりました。
 じゃあ再挑戦するか、といったら、少なくともダニのいる季節を外さないことには行けないし、期待外れの滝ばっかりだったんでおそらくもう行かないと思います。
 誰かダニに食われるのを覚悟で、見て来てくれる人はいないでしょうかねえ、などと虫の良いことを考えたりなんかして。


 今回の滝見行は、 「NORIさんのゆるゆるブログ」 等、貴重な資料とさせていただきました。
 情報多謝。


           岩手県北上市   入畑ダム 夏油川



スポンサーサイト
  1. 2017/09/25(月) 19:57:25|
  2. 北上市の滝
  3. | コメント:0

小滝さん

ktyr1.jpg
 北上市の滝


 御滝さんと来たら、次は小滝さん。 近くにあるらしい。
 雄滝と雌滝みたいなもんだろうか?
 滝好き諸氏のブログ、および 「北上景観資産」 で知りました。
 「北上景観資産」 には滝の場所がピンポイントで分かる地図が掲載されています。 
 おかげで小隊長も迷わず行くことができました。

ktyr01

 御滝さんからちょい乗りで行ける場所。
 県道18号線を展勝地方向に南下して、1回曲がるだけで到着。
 一帯は田んぼで、これといった目印がありません。
 曲がったところの道路が田んぼのあぜ道を広くしたようなダートなんで、ちゃんとした道路を通りたいなら舗装路があります。
 狭い道路ですが、車も停車可能。

ktyr2.jpg

 小滝さんは道路から10m足らずの距離。 車から降りたくなければ乗ったまま見えます。
 表示板には 「きたかみ景観資産  古道鷹巣街道の面影残す小滝さん」 とあります。

ktyr3.jpg

ktyr4.jpg

 ひっそりした場所。  滝の水量も少ない。
 落差は4~5mくらいか。
 どちらかといえば平野部の滝なんで、水質はそれほど良くはありません。
 古の旅人はここで喉を潤したらしい。 今ではためらってしまいます。

ktyr5.jpg

ktyr6.jpg

 もっと水量があって、滝壷でもあればいうことなかったんだけど。
 こんな滝がうちの近くにあったら、ぜったい放っておけませんね。
 ゴミ掃除しただけでかなり印象が違うはず。
 コンパクトにまとまった雰囲気のいい滝だと思います。

 滝の近くに、水を引くための塩ビパイプが数本転がっていたのが気になる。
 印象度  


                                            不明沢 → 北上川






  1. 2016/04/19(火) 20:31:55|
  2. 北上市の滝

御滝さん

ktot1.jpg
 北上市の滝                         


 何と何と、北上市の滝、当ブログに初登場であります。
 あれ、どっか行ってなかったっけ、と頭の中を引っ掻き回してみましたが、やはりこれまで北上市内の滝を見た記憶がありません。
 花巻なら温泉のついでに滝をということもあります。
 でも北上には親類縁者・友人知人のたぐいがまったくおらず、スキーも滝探しを始める前に止めているので、すっかり縁のない街になってしまいました。
 今回も、あえて来たわけではなく、温泉帰りの途中に立ち寄ったもの。
 滝見隊にとっては、北上山地ならともかく、北上川を越えて守備範囲外の奥羽山脈まで足を延ばすつもりはさらさらありません。
 目的の滝を見に来るのならともかく、滝を0から探すのは無理。
 おそらく何かの用事でもなければ、今後も訪れることはないんじゃないかなあ。

 で、御滝さん。
 ほかの滝好き諸氏のブログで知りました。
 北上川の東側、北上山地を水源とする滝です。
 であれば、なんとか守備範囲でもあるので1度は見てみたいと思っていました。

ktot01.jpg

 岩手県北上市、市街地から北東方向。 北上川をまたぐ北上中央橋のすぐ南側で、分かりやすい場所にありました。
 今行くと、周囲にノボリが立っています。
 南側から入っていくと、車10台程度停められるスペースがあります。

ktot2.jpg

ktot3.jpg

 これが御滝さんです。
 手入れの行き届いた公園内にあります。

ktot4.jpg

 静かな雰囲気の滝で、公園によくなじんでいます。
 ただ、水質はお世辞にもいいとはいえません。

ktot5.jpg

ktot6.jpg

 滝壷はなく、滝から川へそのまま連続的につながって行く感じ。 これが静かさの要因ですね。
 公園にマッチしたいい滝です。
 これで水質が良ければ。 印象度  

 ここに来る途中 「なんでまっすぐ家帰んないわけ?」 とゴネていた家人は、

ktot7.jpg

ktot9.jpg

 この光景を見て態度を改めたようです。

ktot8.jpg

ktot10.jpg

 親水公園の桜は、この時がジャストタイミング。
 人がゴチャゴチャいる展勝地より、パラパラとしかいないこちらの方が断然良かった。
 車だってストレスなしに出入りできるし。

 滝の周辺には桜のほか、アジサイも多数植えられています。
 7月になったら、また別の楽しみができるんじゃないでしょうか。


                         北上親水公園内          不明沢 → 北上川



 
  1. 2016/04/18(月) 21:03:17|
  2. 北上市の滝

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (158)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (63)
陸前高田市の滝 (127)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する