南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

まんず咲く か

mnsk1.jpg
 野の花々


 そっかあ。
 もう花巡りを開始した方もいらっしゃるんですね。
 人間は昨年のことすら忘れてしまうけれども、花はちゃんと時期が来れば忘れずに咲きますからね。

 これから、あのシーズンがやって来ます。

mnsk2.jpg

 杉花粉が飛散するシーズンです。

 これ、杉が悪いわけじゃなくて、行政の失策ですね。
 岩手県の山林の6割以上は人工林で、そのほとんどが杉なんですから。

 馬鹿は風邪ひかないといいますが、花粉症にもならないんじゃないだろうか。
 我が滝見隊、誰一人として花粉アレルギー患者がおりません。
 ま、そうじゃなかったら春先山に入れっこないんですが。

mnsk3.jpg

mnsk4.jpg

 蕾が膨らみ始めたコブシの木。
 栄養状態の良いコブシは、木いっぱいに白い花をつけて、そりゃあ見事なもんです。

mnsk5.jpg

 春、ダッシュ一発で咲くマンサク。

mnsk6.jpg

 でも、とにかく地味。

mnsk7.jpg

 近くによらないと、咲いてるのかよく分からない。

mnsk8.jpg

 以上、陸前高田市内で拾ってきた画像でした。  春よ 来い。


スポンサーサイト
  1. 2017/02/16(木) 18:53:45|
  2. 野の花々

広田崎の早咲きスイセン

hrty1.jpg
 野の花々


 本日、四国や九州南部での積雪が話題となっております。
 山陰や中国地方も前回以上の大雪になりそうだとか。
 
 一方、南三陸の広田半島に雪はありません。
 雪はなくても、北東北だからやっぱ寒いわけで。
 強い風が吹かないだけ助かります。体感温度が全然違う。

hrty2.jpg

 岩手県陸前高田市。 広田半島先端部に来ました。
 海はやや荒れ気味。
 正面に見える灯台のある島は、椿島です。
 ウミネコの糞害によって、椿は1本も残ってないと思われ。

 何でここに来たのかといえば、春を告げる花 早咲きスイセンを見に来たのです。
 はたして咲いているでしょうか?

hrty3.jpg

 海のすぐそば。
 大震災の大津波を被った場所に、ニホンズイセン(日本水仙)の日本最北といわれる自生地があります。
 震災前はところどころに人家があった場所。
 現在は若干の畑と荒れ地になっています。

hrty4.jpg

 斜面にまばらに群生しています。
 何年か見続けていますが、とくに増えたり逆に減ったりもしていない様子。
 株分けして植え直しをすれば、かなり増えるのでは。

hrty5.jpg

 すでに開花して、芳香が漂っていました。
 ニホンズイセンは特に匂いが強い品種だとか。
 この場所だけは春の訪れを感じます。

hrty6.jpg

hrty7.jpg

 椿の花とともに春の花のトップランナーですね。

hrty8.jpg

 福井では、越前海岸に広く自生し、県の花にもなっているとか。

hrty9.jpg

 いつの頃か、ここにも球根が流れついたんでしょうね。
 ちなみに原産地は地中海だそうです。

hrty10.jpg

 派手さはないものの、ツートンカラーで愛らしい。

hrty11.jpg

 咲きやすいように環境を整備しているわけでもないし、花を切り取って持って行ってる形跡もなし。
 自然のまま、放任状態にあります。
 生育し難い場所ですが、返ってこのほうが人目につかず荒らされなくていいのかもしれない。

hrty12.jpg

 可憐であっても水仙の仲間は毒草が多い。
 牧場などでは家畜に食べられないよう、見つけ次第根こそぎ掘り取られるそうな。

hrty13.jpg

 まだまだ寒くて、自販機の暖かいものをほシーガル小隊長。
 でも春はそこまで来ているカモメ!          
 (おい、ザブトン全部取れ!)


                岩手県陸前高田市広田町  広田崎のニホンズイセン自生地




  1. 2017/02/10(金) 20:37:55|
  2. 野の花々

碁石海岸のヤマユリ

gise1.jpg
 野の花々


 今が最盛期なんで急ぎUPします。
 岩手県大船渡市にある碁石海岸のヤマユリです。
 ほとんど宣伝はしてませんが、隠れた名所。
 国立公園内なので、カテゴリとして『野の花々』はちょっと変かなとも思ったものの、人が植えたわけでもなく、藪だらけの中に放任してありますので、ま、これでいいか。
 
 腹が立つのは、2・3年前だったか、ヤマユリが密生している場所を問答無用になぎ払い、埋め立ててしまったことであります。そこに建ったのが現在のインフォメーションセンター。
 球根を掘り上げて他の場所へ植えかえるようなことをした形跡はいっさいありません。
 いくら管理者がやることとはいえ、こんなことでいいんかい?

gise2.jpg

 背景は太平洋。

gise3.jpg

 海のすぐそばに、これほど群生するヤマユリは珍しいのでは。

gise4.jpg

 全体としてはこんな感じでバラバラと咲いています。

gise5.jpg

gise6.jpg

gise7.jpg

 ヤマユリは華やかで高貴な感じがします。

gise8.jpg

 手入れされることもなく、藪の中に咲き誇るヤマユリ。

gise9.jpg

 花粉が衣服に着くと取れないんだなこれが・・・。

gise10.jpg

 日中でも匂いますけど、夕刻になるとかぐわしい香りがあたり一帯に漂います。

gise11.jpg

 夏の訪れを感じさせる花で、小隊長は大好きです。

gise12.jpg

 碁石海岸のアジサイは少数。

gise13.jpg

 群生しているのも見ごたえあるけど、ほの暗い森の中に1本だけ咲いているのも情緒ありますね。

gise14.jpg

 余談ですが、山中でピンクのヤマユリを見たことがあります。
 色が違っても、ヤマユリそのものでした。
 突然変異が起こることもあるようですね。

gise15.jpg

 家の中に1本あるだけで強い芳香が充満します。
 もちろんここは国立公園内だから採ったりしませんけど。

gise16.jpg

 ところによってはまだこれからというのもありますが、ほぼピークじゃないかな。

gise17.jpg

gise18.jpg

 碁石にはラベンダー畑もあります。
 市で管理している畑にいったら、たまたま管理者がいて、
 「この前 摘み取り会をやったばかり。 雨で参加者が少なかった。 
 どうせ刈り取ってしまうんだから、好きなくらい持ってけ。 
 なんならこの畑のやつ全部でもいいぞ。」 とのこと。




  1. 2016/07/26(火) 20:02:22|
  2. 野の花々

広田半島のハマユリ

bbbb1.jpg
 野の花々


 『ハイキングさ あべじゃ』 のスピンオフを狙って、急遽広田半島へ向かいました。
 釜石でハマユリが咲いているなら、広田半島だって咲いているはず。
 そう思って広田崎までバイクを飛ばしました。
 ハマユリなんて全然頭になかったもんな。

 結果。 遅かった。
 とっくに終わっていました。 枯れた花弁すらありません。
 広田半島は釜石から50km以上南だからしょうがないか。
 撮れたのはこれ1枚のみ。

bbbb4.jpg

 広田崎もハマユリの多いところなのです。
 それなのにたった1本きりとは・・・・。 滝見戦隊ザンネンジャー。
 むしろ1本でも残っていたのはラッキーというべきか。

 せっかく来た以上、何かしら収穫を持って帰りたい。
 で、そのへんに咲いている花やら実やら海岸風景なぞをスナップショットしてスゴスゴ帰還。

bbbb5.jpg

bbbb3.jpg
 奥は唐桑半島。

bbbb2.jpg

bbbb6.jpg

bbbb7.jpg

bbbb9.jpg

bbbb10.jpg

bbbb11.jpg

bbbb12.jpg
 ハマギク。
 夏を越えてから最盛期に入る花。
 断崖に散りばめたように咲きます。

bbbb13.jpg
 椿島。
 ったって、今は椿1本生えていません。
 ウミネコの糞が原因。

bbbb14.jpg
 ハマヒルガオ。

bbbb15.jpg
 ヤマユリ。
 南三陸ではいよいよこれから。
 夏の到来を感じさせる花です。

bbbb16.jpg
 2つ合わせて青松島。

bbbb17.jpg
 ネジバナ。
 草っ原によく生えてますね。

bbbb18.jpg
 色の濃いエゾアジサイ。
 もしくは園芸種かな?
 アジサイは種類が多くてわけ分からん。

bbbb19.jpg
 目立たないけどきれいな花。 何だろ?


                            岩手県陸前高田市広田町 広田崎



  1. 2016/07/13(水) 21:13:44|
  2. 野の花々

三陸町のツツジ

IMGp_1388.jpg
 野の花々


 こちらが滝画像を送ったお返しに、大船渡隊員から先週行って来た散策会の画像が送られてきた。
 岩手県大船渡市三陸町にある、夏虫山・大窪山・元山周辺だという。
 こういった画像は旬を過ぎてしまうと鮮度が落ち、情報としても役立たなくなるので、早めにUPします。
 といっても、すでに1週間以上遅れてしまいましたが・・・。
 最新情報によると、まだ咲いているとのこと。

 ちなみに画像のやりとりは大船渡隊員とだけ。
 気仙沼隊員は自分で撮ったものを秘匿してしまうし、釣り師はそもそも画像に興味なし。

IMGp_1252.jpg

IMGp_1390.jpg

 ヤマツツジですね。
 気候が合っているのか、三陸の南部にはツツジの名所が多いです。
 気仙沼市の徳仙丈山は特に有名。 
 それ以外にも沿岸部には、五葉山、氷上山、室根山、田束山などあちこちありますよ。

IMGp_1392.jpg

IMGp_1396.jpg

IMGp_1400.jpg

IMGp_1402.jpg

 これらはクリンソウ。 ヤマツツジと同じ頃咲くようです。

IMGp_1398.jpg

IMGp_1404.jpg

 たぶん、元山。
 放牧は放射能騒ぎで止めたらしい。

IMGp_1408.jpg

 半島の形から、吉浜湾では。

IMGp_1412.jpg

IMGp_1417.jpg

 水平線が、青の1本線のところなのか、下の濃い部分なのか分からん。
 
 そういえば、気温が上昇するようになると、冷たいヤマセの霧が沖から音もなく襲ってきます。
 海岸一帯で進撃を停める場合もあれば、山を乗り越える場合もあります。
 気温が一気に下がって肌寒くなるからヤマセは嫌なんだよねえ。

IMGp_1422.jpg

 孤高のツツジ。 かっこいい。

                                    岩手県大船渡市三陸町




 
  1. 2016/05/30(月) 20:25:07|
  2. 野の花々

早春賦

ftrd1.jpg
 野の花々


 岩手県大船渡市日頃市町にある長安寺の裏庭。

ftrd2.jpg

 今年も福寿草の花が開き始めました。

ftrd3.jpg

 日頃市町は、大船渡市でも内陸部にあるため、他より気温が低く、他では雪が完全に溶けているのに、ここだけはまだあちこちにあります。
 そんな寒いところにある長安寺の、しかも日があまり当たらない裏庭なのに、毎年時期を忘れず、福寿草は花開きます。

ftrd4.jpg

 あまり手入れされてないつーか、放りっぱなしみたいな土手に、最盛期はそこら中に黄色い花が咲きます。
 今はまだ、ちらほらといった感じ。

ftrd5.jpg

ftrd6.jpg

 来る途中で見つけた梅の花。
 梅は成長が早く、管理しないとこのような状態。

ftrd7.jpg


                     岩手県大船渡市日頃市町  長安寺




 
  1. 2016/02/10(水) 17:55:06|
  2. 野の花々

椿島のハマユリ

tubk1.jpg
 野の花々                              広田半島 椿島


 「ハイキングさ あべじゃ」 というブログがあります。
 岩手県内はもとより、その周辺部のメジャーな観光地から誰も知らないようなスポットまで網羅したすごいブログ。
 管理人様は岩手県内に限っていえば、もう回るとこなんかないんじゃないの、と思うくらい歩きまわってというか、車で走り回っておられます。 
 南三陸というディープな場所からほとんど外に出ることのない滝見隊とすれば、ただただ脱帽する以外にありません。

 そのブログに、釜石市のハマユリが載っていました。
 そうか、その手があったとインスパイアされて、行ってみることに。
 ヤバい、もうすぐ日が暮れる。急がねば。

 ハマユリはなにも釜石市の専売特許ではございません。
 こちら南三陸の海岸でも 毎年あちこちに咲いています。
 向かった先は広田半島椿島。
  
tubk2.jpg

 正確には広田崎というらしいのですが、地元では島だけでなく半島先端部まで含めて椿島と呼んでいます。
 もうすぐ太陽が落ちる頃、椿島に到着。

tubk3.jpg

tubk4.jpg

 そうじゃないかと思いながら来てみたら、案の定少し遅かった。
 ほとんど花が落ちたりしぼんだりで時期が過ぎていました。

 でもないわけじゃありません。
 こまめに探せば、開花しているハマユリをそこかしこで見つけることができました。

tubk5.jpg

tubk6.jpg

 ハマユリ というのは通称。 本当は スカシユリ というらしい。
 さらに、本州北部太平洋岸のは、イワトユリ というらしい。
 オレンジ色が主だけれど、黄色っぽいものや赤に近いものもあるそうです。
 日の当たる海岸の岩の間によく生えています。

tubk7.jpg

tubk8.jpg

tubk9.jpg

 今日の海は、若干透明度が悪く、視界もうすぼんやり煙った感じ。

tubk11.jpg

tubk10.jpg

  ハマユリは花弁が大きくて存在感ありますけど、小隊長は同じユリ科でもヤマユリのほうが断然好きですね。
 花そのものより、花の持つイメージといったらいいのか、これから夏が始まるぞという季節感が好きです。
 
tubk12.jpg

 まもなく太陽が沈む。 日没は午後6時頃か。

 
 では、動物遭遇シリーズ。 んだから、そんなのないんだってばよぉ。

tubk13.jpg

 ちっちゃくてすみません。
 鵜 です。 ウミウ か カワウ か判別できず。
 海にいるからウミウとは限らず、川にいるからカワウとは限りません。
 南三陸の海岸ではよく飛んでます。

tubk14.jpg

 フナムシ。
 うじゃうじゃいるのに、捕まえようとすると、これが至難の業。
 魚釣りの餌を切らした時、こいつで代用することもあります。

tubk15.jpg

 空に浮かぶ雲。 あ、違った。 蜘蛛です。
 空にはいつの間にかイワシ雲。 
 南三陸の夏ももうすぐ終わります。 
 寒くなるの、嫌だなあ。

                  岩手県陸前高田市  広田半島 椿島


  1. 2015/08/10(月) 21:03:11|
  2. 野の花々

雨の碁石海岸 ヤマユリ

 野の花々                               碁石海岸のアジサイ


 もう咲いているんじゃないか、そう思って岩手県大船渡市の最南端、碁石海岸へ行って来ました。
 ヤマユリの花です。
 夏場は仕事を終えても、暗くなるまで若干時間があるから助かります。

 霧のような雨が降り続く碁石海岸。

ggg2.jpg

 海は台風の影響で荒れていました。
 打ち寄せる波が泡だって、ソーダ水のよう。

ggg3.jpg

ggg4.jpg

 雷岩に打ちつける波の音が重低音で響いていました。

ggg5.jpg

 乱暴谷。

ggg6.jpg

 今回は海岸を眺めるんじゃなくて、ヤマユリです。

ggg7.jpg

 結果からいえば、ちょっと早かった。
 蕾が圧倒的に多いです。

ggg8.jpg

 一株で一輪くらい咲き始め。 ピークは1週間くらい先か?

gggh10.jpg

 なんかに似てるなあ、と思ったら、バナナだった。

ggg9.jpg

 一口に碁石海岸といっても、場所によって開花する進行度が違います。
 もっとも早く咲いているところが、大船渡市博物館の裏側(海岸側)。
 松の木が少なく、よく日が当るせいではないかと。

gggh12.jpg

gggh13.jpg

gggh14.jpg

gggh15.jpg

 碁石レストハウス周辺は開花が遅れていて、

gggh16.jpg

 まだ固い蕾状態です。

 一方、そろそろ終わりかけなのが、アジサイ。

gggh17.jpg

gggh18.jpg

gggh19.jpg

 ラベンダーはまだまだ咲き続けるようです。

gggh20.jpg

 碁石海岸では、ヤマユリを強く押し出してはいませんが、隠れた名所だと個人的には思っています。
 ヤマユリは藪の中に咲いていることが多く、もう少し周囲を刈ったらいいのにと思わないでもないです。
 でも国立公園内なのでみだりに手をつけられないんですね。
 元々自然発生的に増えていったようで、ヤマユリだけの白一色だし、造園的な華やかさはありません。
 それが逆に風景と合っていい雰囲気になっています。
 夕方に行けば、一帯に芳香が漂いますよ。
 あと、室根山とか大東町のあたりにヤマユリは多いですね。

                         岩手県大船渡市 国立公園 碁石海岸



  1. 2015/07/17(金) 21:50:38|
  2. 野の花々

碁石のニッコウキスゲ

gois1.jpg
 野の花々                   碁石岬から望む太平洋  左は綾里崎


 雨が止んだ隙間をねらって、岩手県大船渡市の碁石海岸国立公園へ。
 今、碁石海岸はニッコウキスゲのシーズンです。
 海岸線のいたる所で咲いています。

gois2.jpg

gois3.jpg

 正しくは、ゼンテイカ (禅庭花) というらしい。 知らなんだ。

gois4.jpg

 向かいの島は、ウミネコの団地になっています。 鳴き声がかまびすしい。

gois5.jpg

gois6.jpg

 一日花なんで、朝花が開くと、夕方にはしぼんでしまいます。

gois7.jpg

 ほとんどが海に向かって花を開くから、一緒に撮るのがムズい。

gois8.jpg

 東北以南では高原にしか咲かないらしいが、こちらでは海抜1mのところでも咲いてます。

gois9.jpg

 ニッコウキスゲが終わると、7月中旬頃からいよいよヤマユリの出番。
 寒がりのくせに汗っかきという訳の分からない体質の小隊長。
 それでも夏の来るのが待ち遠しい。

                                          岩手県大船渡市 碁石海岸


  1. 2015/06/06(土) 18:42:27|
  2. 野の花々

野の花々 急がなきゃ

                                野の花々


 花の画像を撮ったものの、ストックしておくとたちまち時の流れに追いつかなくなります。
 あちこちで切り取って来た画像を放出します。
 スナップショットですから、というよりそれしか撮れないんで、いつものように画質良くありません。

hhh3.jpg
 フデリンドウ

hhh4.jpg

hhh5.jpg

hhh6.jpg

hhh7.jpg
 ニリンソウ
 七折ノ滝の登山道はこの花でいっぱいでした。

hhh8.jpg
  高い場所へ行くと、まだ咲いているところがあります。

hhh9.jpg

hhh10.jpg

hhh11.jpg

hhh12.jpg

hhh13.jpg

hhh14.jpg

hhh15.jpg
 あまり好きじゃないヤマフジ。
 他の木に巻きつき、やがては絞め殺してしまうところがどうも。

hhh16.jpg

hhh17.jpg
 南三陸にはツツジの名所がたくさんあります。
 五葉山、夏虫山、今出山、氷上山、室根山、徳仙丈山、田束山など。
 麓では満開ですけど、高い所はこれから。

hhh18.jpg

hhh419.jpg
 こちらもこれからのタニウツギ。
 南三陸と云わず、全国的に縁起の悪い花とされているようで。
 植木としてハコネウツギはたまに見ますけど、タニウツギはないですね。
 きれいな花で好きなんですが。




 
  1. 2015/05/12(火) 20:38:57|
  2. 野の花々
次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (134)
巨樹・古木 (66)
野の花々 (29)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (6)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (21)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (69)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (100)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (119)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (13)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する