南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

小壁漁港のハマユリ

kokb1.jpg
 野の花々


 岩手県大船渡市三陸町の首崎(こうべさき)の半島部北側に小壁漁港という所があります。
 花を狙って訪れたわけじゃないんですが、ハマユリ(スカシユリ)が岩場にたくさん咲いていたので撮って来ました。

kokb2.jpg

 漁港といっても、以前から周辺に人家はなく、現在は漁業用の船は1隻もありません。
 荒波から船を守る防潮堤すらありません。

kokb3.jpg

 岩に空いた穴は、かつてあった船を揚陸するための設備の跡です。

kokb4.jpg

kokb5.jpg

 こんなところにまとまって咲いているなんて思わんかったなあ。
 まあ、あっても何の不思議もない場所ですけど。

kokb6.jpg

kokb7.jpg

 フシグロセンノウも咲いていました。
 晩夏の花です。
 林道沿いなんかのあまり日の当らない場所にまばらに生えていますね。

kokb8.jpg

kokb9.jpg

kokb10.jpg

kokb11.jpg

 大漁祈願の戎様だろうか?
 賽銭覗いたら、100円玉がけっこう入ってました。
 よく誰も盗らないもんだ。

kokb12.jpg

kokb13.jpg

 ハマギクもあります。
 こちらはこれからの花ですね。

kokb14.jpg

 対岸の死骨崎がうっすら見えます。
 南三陸は8月に入ってから、ほとんど晴れた日がありません。
 海を眺めると、水平線の辺りがいつもモヤっています。
 冷たくてとても海に入れるような天候ではなく、どこが夏なんだか。

kokb15.jpg

kokb16.jpg

kokb17.jpg

 まるで城郭のような岩盤。

kokb18.jpg

kokb19.jpg

 岩の隙間に生えるハマユリ。

kokb20.jpg

kokb21.jpg

kokb22.jpg


          岩手県大船渡市三陸町   首崎 小壁漁港のハマユリ

スポンサーサイト
  1. 2017/08/15(火) 19:15:19|
  2. 野の花々

碁石海岸のヤマユリ その2

goyam1.jpg
 野の花々

 「野の花々」かどうか、国立公園内なので微妙なところですが、植栽したわけでも管理しているわけでもないから、まあこれで良しとしましょう。
 
 仕事している身では、いかに仕事を早く終えても、行く距離に限度があります。
 暗くなる前であれば、せいぜい気仙管内や気仙沼市街地がやっと。
 そこで、以前UPしたヤマユリの咲き具合が気になって碁石海岸へ行ってまいりました。
 到着してみると、まさにドンピシャの咲き具合でありました。

 貼り付け職人と化して、やたらペタペタ貼っていきます。

goym2.jpg

goym3.jpg

goym4.jpg

 碁石海岸のヤマユリの売りは何かといったら、
 太平洋を一望する断崖のすぐそばにあり、
 松林の中に、雑然と咲いている、といったところではないでしょうか。
 こういったシチュエーションはなかなか無いと思います。

 きっちり整理整頓された花壇もいいけれど、人間の意思などまったく無関係に適当に咲いている状態というのは、何故か見る者をホッとさせます。

goym.jpg

 クルマユリもありました。

goym6.jpg

 こちらはノカンゾウか。

goym7.jpg

goym8.jpg

goym9.jpg

goym10.jpg

 ご覧のように、雑草の中に好き勝手に咲いています。
 咲いている範囲があまりにも広いせいか、管理者も雑草だけ刈るようなことはしていません。
 まったくの放任です。 このほうが返っていい感じ。
 この辺が管理されたユリ園とは大きく異なるところ。

goym11.jpg

 ヤマユリを撮ろうと雑草の中に分け行ったら、セミが。

goym12.jpg

goym13.jpg

goym14.jpg

 よく見ると、ヤマユリ以外にもいろいろな花が咲いています。

goym15.jpg

goym16.jpg

 もちろんまだ蕾状態の花もありますが、次第に少なくなりつつあるようです。

goym17.jpg

goym19.jpg

 観光コースからは外れているけれど、碁石の名勝のひとつ、 赤土倉にある巾着岩。
 昔はフッサフサに植物が生えていたのだけれど、今ではツルッツルになってしまい かつての面影はどこにもありません。
 身につまされる人達もいるんだろうなあ。

goym20.jpg

goym18.jpg

goym21.jpg

 巾着岩を禿げらかした犯人(?)がこいつ。 ウミネコ。

goym22.jpg

goym23.jpg

goym24.jpg

 レストハウスの横に咲いていた唯一の園芸種と思われるユリ。
 色はハデだが、匂いはヤマユリにかなわない。
 同じヤマユリでも色変わりの変種を時に山で見ることもあります。

goym25.jpg

 よく見たらセミの抜け殻がくっついていました。

goym26.jpg

 いちばんいい時に訪れたのは間違いないでしょう。
 団体客からもしきりに感嘆の声が上がっていました。

 ヤマユリが終わると、ハマギクが咲き始め、次第に寒さに向かって行きます。


            岩手県大船渡市 碁石海岸のヤマユリ



  1. 2017/07/28(金) 21:54:49|
  2. 野の花々

碁石の花々

nonop01.jpg
 野の花々


 滝のストックもあるんですが、旬の物を優先させないとたちまち色あせてしまうので、まずはこんなものから。
 大船渡市の碁石海岸で現在咲いている花々です。

nonop02.jpg

 あやめ、ハナショウブ、かきつばた、のどれか。 どれだろう。
 海岸のあちこちに咲いています。 群生はせず、ばらばらと。

nonop03.jpg

 上のとは違う気がする。
 一度完璧に覚えた筈だが、それを披露することもなく時間ばかり経ち、もうどれがどれやら記憶が定かではありません。
 情けなか・・・。

nonop04.jpg

 一方こちらはニッコウキスゲ(ゼンテイカ)。
 徐々に終わりを迎えつつあるようですが、まだまだしぶとく咲いています。

nonop05.jpg

 どれもこれも海を向いて花開くため、写真のアングル的にはうまくない。

nonop06.jpg

nonop07.jpg

 何か分からないけれども 「あやめ科の花」 ということでくくっておけばまあ間違いないっしょ。

nonop08.jpg

nonop09.jpg

nonop10.jpg

 甘い匂いのスイカズラ。
 蜜を吸ったのでこの名になったとか。

nonop11.jpg

nonop12.jpg

 ??

nonop13.jpg

 碁石海岸は知る人ぞ知るヤマユリの隠れた名所。
 現段階ではこの程度。 あと2~3週間待ち。

nonop14.jpg

 庭の隅っこなんかによく咲いていて、草むしりの時なんかにだまってむしり取られる運命の草。
 よく見りゃきれいだけど、花扱いされてない。

nonop15.jpg

nonop16.jpg

 今のところ、紫のあやめ族とオレンジのニッコウキスゲ一家が海岸一帯で覇を争う構図。
 ニッコウキスゲ一家は衰退傾向にあり、徐々に白のヤマユリ集団に取って代わられそう。

nonop17.jpg

 この日、海は穏やかなれど、霧っぽくて海上の見通し悪し。 やっぱ梅雨だね。

nonop18.jpg

nonop19.jpg

 おそらく次回訪れた時には、このオレンジ色は無くて、代わりに白色の花が一面に咲き誇っているはずです。


         岩手県大船渡市  三陸復興国立公園  碁石海岸


 
  1. 2017/07/01(土) 19:46:19|
  2. 野の花々

綾里湾のニッコウキスゲ

nkkr1.jpg
 野の花々

 季節は巡り、知らない間にニッコウキスゲが咲くようになっていました。
 一般的には高原に咲く花のイメージですが、ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) は、ここ南三陸では岩礁地帯の海岸に普通に見られます。
 画像は、岩手県大船渡市三陸町の綾里湾に面した海岸に咲くニッコウキスゲです。
 特にコメントもないので、ペタペタ貼ります。

nkkr2.jpg

nkkr3.jpg

 綾里湾。
 この日は波もなく穏やかな日和。

nkkr4.jpg

nkkr5.jpg

nkkr6.jpg

nkkr7.jpg

 少し濁りが入っていました。
 普段はもっと透き通って水族館のようです。

nkkr8.jpg

nkkr9.jpg

 午前中雨が降ったのが濁りの原因と思われ。

nkkr10.jpg

nkkr11.jpg

nkkr12.jpg

nkkr13.jpg

nkkr14.jpg

nkkr15.jpg

nkkr16.jpg

nkkr17.jpg

nkkr18.jpg


           岩手県大船渡市三陸町綾里      ニッコウキスゲ

  1. 2017/06/12(月) 19:35:14|
  2. 野の花々

長安寺のバイカモ

chfvb1.jpg
 野の花々


 「梅花藻なら大船渡にもありまっせ」 というのでまたまたお出かけ。
 出かけた先は、何度も来ている長安寺。
  山門はユニークだし、イチョウやイチイ、サクラの巨木はあるし、福寿草は毎年恒例の早春譜。
 その上バイカモまであるなんて知らんかったな。
 興味がないと見てるはずなのに見えてないってことなんですかね。

chfvb2.jpg

 川幅50センチ程度、水深10センチといったほんとに小さな沢です。

chfvb4.jpg

 奥が長安寺本堂。 オウシュウシダレザクラの巨木が見えてます。
 沢の右側は墓地で、画像手前には民家が数軒。

chfvb5.jpg

chfvb6.jpg

 バイカモが育っているんだから当然ですが、水は清冽。
 近くの川の位置よりだいぶ高いルートを流れており、やはり湧き水のようです。

chfvb3.jpg

chfvbn7.jpg

 すぐ前に民家があってゆっくりのんびり楽しめる雰囲気でないのが残念。


             岩手県大船渡市   長安寺のバイカモ



  1. 2017/04/17(月) 20:05:20|
  2. 野の花々

三ヶ月神社のバイカモ

mkzj01.jpg
 野の花々


 遠野市にあるバイカモはいくらなんでも小友町だけではないはず。
 そう考えてググッたところ、他に1ヵ所だけ特定できる場所をみつけました。
 それが三ヶ月神社。 前を流れる小沢にバイカモが生えているらしい。

mkzj02.jpg

 遠野市から釜石市の橋野高炉跡へ向かう笛吹峠線の途中に三ヶ月神社はあります。
 遠野市青笹町糠前135地割というところ。
 道路から神社の姿は見えないので、この並んだ石碑群が目当て。

mkzj03.jpg

 ここから見える六角牛山。

mkzj04.jpg

 石碑群の後ろに、幅1mちょっとの小川が流れています。
 川底までコンクリに覆われた用水路なんですが、何故かここだけ底がコンクリではありません。

mkzj05.jpg

 わずか10mくらいの範囲内にバイカモが育っています。

mkzj06.jpg

 いかにも遠野郷らしい雰囲気の場所。

mkzj07.jpg

 水は湧き水なのかもしれません。 非常にきれいです。

mkzj08.jpg

 垂れているのはコブシの枝。
 これから気温が上昇し、花が咲くようになれば観光スポットになりそうな予感。

mkzj09.jpg

 バイカモ、もう少しあれば。
 納得できる量としては、現在の倍かも・・・・。 なんつって。

 ちょっと変わった名前の三ヶ月神社は、背後の山手、林の中に鎮座しています。

mkzj10.jpg

mkzj11.jpg

 正面の戸の穴が、三日月と満月になっています。

mkzj12.jpg
 
 横に回ったら、タヌキの溜め糞が。

mkzj13.jpg

 巨岩と巨木があり、小さいながらも存在感のある神社です。

mkzj14.jpg

 遠野らしさ溢れる場所ですので、近くを通った際はぜひ。


         岩手県遠野市青笹町糠前   三ヶ月神社とバイカモ



  1. 2017/04/16(日) 18:37:17|
  2. 野の花々

碁石海岸のカタクリ

gantb1.jpg
 野の花々                大船渡で桜の満開はまだ。 これは梅です。


 碁石海岸でカタクリが咲いているとの情報を得、出かけてみました。

 碁石海岸でも、メーン会場からやや離れた 穴通し磯。
 しかし碁石海岸の主役、大船渡市のシンボルともいえる景観。

gantb2.jpg

 この穴通し磯へ向かう、駐車場のトイレの裏側の、斜面一帯にカタクリが群生しているのです。
 最近少しずつ知られるようになってきました。

gantb3.jpg

 こんな場所です。
 海岸から近く。 雑木林の斜面。
 ササヤブが密生し、イバラもところどころにあります。
 
gantb4.jpg

gantb5.jpg

 国立公園内ではありますが、まったく管理されていない場所です。

gantb6.jpg

 大雑把には100m×100mくらいの範囲。 けっこう咲いています。
 環境が合っているのか、年々規模が拡大しているらしい。
 
gantb7.jpg

 松の木に生えたキノコ。 固いスポンジのよう。 ヒトクチタケというそうな。 非食用。

gantb8.jpg

 ハマヒサカキの花。
 びっしり付くけど、緑色なんで目立たない。

gantb9.jpg

 これは判断つかず。
 ゼンマイ・コゴミ・ソテツ・シダ、なんかそんな種類。

gantb10.jpg

gantb11.jpg

gantb13.jpg

gantb12.jpg

 この群生地はまだ人々に知られた存在ではない。
 だから今のところ誰でも自由に入って写真を撮るなり花を愛でるなりできているのですが、知れ渡ったらそうもいかないのではないか、という気がします。

gantb14.jpg
 
 狭い場所だし、土が柔らかい斜面なので、踏み跡ができつつあります。
 好き勝手に歩いたのでは、たちまち場所が荒らされそうです。

gantb15.jpg

 このあたりヤブツバキはどこにでもあります。
 今が満開。

gantb16.jpg

 スイセンも野生化したのがたくさん咲いています。
 これはニホンズイセン。 スイセンではいちばん好きな花。


          岩手県大船渡市 碁石海岸  穴通し磯のカタクリ自生地




 
  1. 2017/04/15(土) 20:12:19|
  2. 野の花々

清水の湧口のバイカモ

ppapo1.jpg
 野の花々

 「三陸の梅花藻シリーズ」 (そんなの無い無い!)
 2回目は、我が町陸前高田市であります。
 実は、名ブログ 「ハイキングさ あべじゃ」 に触発されてバイカモを始めたんでありますが、2発しか弾が無かったというおそまつ。
 今までバイカモって我々の関心の外にあって気を付けてなかったもんなあ。
 だから前回と今回分しかUPできるものがないんです。

 高田の矢作町、生出地区に、岩手名水20選に選ばれている湧水があります。
 清水の湧口です。
 ここにはバイカモが生育できる条件がそろっているため、一年中青々と美しいバイカモを見ることができます。

ppapo2.jpg

ppapo3.jpg

 ちょっと分かりにくい場所にあります。
 車数台分の駐車場有り。
 東屋有り。
 トイレ無し。
 人家の間にあって、雰囲気的にはもうひとつ。

ppapo4.jpg

 湧水量は多く、これだけの水が流れています。

ppapo6.jpg

 突き当りが湧き出し口。 他にも数か所から勢いよく流れ出ています。
 水量豊富で渇水になることはありません。

ppapo5.jpg

ppapo7.jpg

ppapo8.jpg

ppapo9.jpg

ppapo10.jpg

ppapo11.jpg

ppapo12.jpg

ppapo13.jpg

ppapo14.jpg

ppapo15.jpg


                  岩手県陸前高田市矢作町生出    清水の湧口

  1. 2017/04/10(月) 17:19:14|
  2. 野の花々

来内川のバイカモ

krni01.jpg
 野の花々           こちらは陸上の梅花


 日本の農村といわれ、典型的な山里風景の遠野市。
 そこにはたくさんの湧水が流れ、さぞやバイカモもあるのだろうな、と思いきや、
 小隊長は遠野市内ではただ1ヵ所しかバイカモが自生する場所を知りません。

 それが来内川です。
 遠野市上郷町来内の堤地区のあたり。 遠野ダムの上流といったら分かりやすいか。

krni02.jpg

 来内川のバイカモ(梅花藻)です。 たくさん生育しています。

 バイカモの生育条件といったら何でしょうか?
 まず、年間通して14度前後の安定した水温と、清浄な水。
 溜り水ではなく、絶えず流れている水。 急流ではない。
 20~30cm程度の水深で、増減が少なく、底が岩ではない川。
 といったところかな。 
 かなりハードルが高そうで、この条件をクリア出来る場所は、やはり湧水地とその近くの下流しかなさそうです。
 しかもえり好みがあって、上の条件に合っていても生育してない場所は多数あります。

 ところが、であります。
 遠野の来内川はどう見てもこの条件から逸脱しているとしか思えません。

krni03.jpg

 ここが生育場所です。
 どうです? バイカモが生えているイメージじゃないと思いませんか。
 上流・下流とも護岸工事が行われ、コンクリートの擁壁にびっしり囲まれています。
 上流には少なくとも数十軒の人家があり、田畑があり、家畜の厩舎があります。
 当然、チラッと見えますが、排水が流れ込んでいる川なのです。

krni04.jpg

 それなのにそれなのに、この場所にはたくさんのバイカモが育っているのですよ。
 なんでやねん! ここのバイカモは余程のへそ曲がりか掟破りか。

krni05.jpg

 バイカモの花期は3月から11月。
 当地ではこれから成長期といったところで、まだ緑の厚みがありません。

krni06.jpg

 ここにあるって知らなかったら、まったく素通りだよなあ。

krni07.jpg

 でもよく考えて見れば、見た目で損しているだけで、実際は水質が恐ろしく良い川なのかもしれませんね。

 ここだけが遠野唯一のバイカモの生育地、とは思いたくないんだけど、あとどっか他にあるんだろうか?


               岩手県遠野市上郷町   来内川のバイカモ


 
  1. 2017/04/09(日) 17:40:53|
  2. 野の花々

まんず咲く か

mnsk1.jpg
 野の花々


 そっかあ。
 もう花巡りを開始した方もいらっしゃるんですね。
 人間は昨年のことすら忘れてしまうけれども、花はちゃんと時期が来れば忘れずに咲きますからね。

 これから、あのシーズンがやって来ます。

mnsk2.jpg

 杉花粉が飛散するシーズンです。

 これ、杉が悪いわけじゃなくて、行政の失策ですね。
 岩手県の山林の6割以上は人工林で、そのほとんどが杉なんですから。

 馬鹿は風邪ひかないといいますが、花粉症にもならないんじゃないだろうか。
 我が滝見隊、誰一人として花粉アレルギー患者がおりません。
 ま、そうじゃなかったら春先山に入れっこないんですが。

mnsk3.jpg

mnsk4.jpg

 蕾が膨らみ始めたコブシの木。
 栄養状態の良いコブシは、木いっぱいに白い花をつけて、そりゃあ見事なもんです。

mnsk5.jpg

 春、ダッシュ一発で咲くマンサク。

mnsk6.jpg

 でも、とにかく地味。

mnsk7.jpg

 近くによらないと、咲いてるのかよく分からない。

mnsk8.jpg

 以上、陸前高田市内で拾ってきた画像でした。  春よ 来い。


  1. 2017/02/16(木) 18:53:45|
  2. 野の花々
次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (160)
巨樹・古木 (79)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (27)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (3)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (8)
奥州市胆沢区の滝 (8)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (87)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (93)
大船渡市三陸町の滝 (64)
陸前高田市の滝 (128)
気仙沼市の滝 (27)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する