南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

龍剣ノ滝

                                        一関市藤沢町の滝


 今回は、岩手県南の内陸部にある滝を3連発で紹介します。

 行く前からある程度の覚悟はしていましたが、この地域では建物が多く田畑の広がった丘陵地を流れているため、どの滝も水質はお世辞にも良いとはいいかねます。
 歯に衣着せずいうなら、ひどいもんです。程度の差こそあれ、どの滝も汚れています。
 滝見隊としては、おそらくもう訪れることはないでしょう。
 もちろん滝には何の責任もありません。
 人間がそんな状態にしてしまったのです。


 それではまず、第1弾目として 龍剣ノ滝 から紹介します。

 岩手県一関市藤沢町と宮城県登米市東和町の間を流れる川が相川。
 岩手県と宮城県の境界線になっている川です。
 だから「登米市の滝」としても間違いではないのですが、川に沿った林道が岩手県側にあるので、ここではとりあえず藤沢町にしておきます。

 相川にはかつて大きな滝があったそうです。
 それは故事由来から、「昌坊(まさぼう)滝」あるいは「来不来の滝」と呼ばれていたそうです。
 「来不来」も「まさぼう」と読みます。とても読めませんけど。
 その滝は今はもうありません。
 ダムが造られ、湖の底に沈んでしまいました。
 辛くも「まさぼう湖」と「正房橋」に名を残すのみです。

P9230026.jpg
 まさぼう湖。
 アオコが発生しているのか水の色は緑っぽい。
 滝はこの湖底に眠っています。

P9230027.jpg
 湖畔に奉られた水神。かたわらの石碑に「来不来」の文字が。

 まさぼう滝が無くなって、相川にはもう滝がないのか、といえば、まだ他にあります。
 ダムの500mほど下流に 龍剣ノ滝 が流れています。

P9230012.jpg

P9230010.jpg

 滝自体は悪くないです。
 清流だったら心落ち着くような滝です。
 しかし流れる水は濁っていて、淀みに泡が塊になっています。
 川床の岩はぬらぬら滑ります。
 薄く貼り付いた苔は薄汚れています。
 長く居られるような場所ではないですね。

 滝の付近には、岩に丸い穴の開いた龍剣石というものがあるという話。
 おそらく岩のくぼみに石が入り込み、水の流れで回転しているうちに穴が丸く大きくなっていったものではないかと推測しました。
 探してみましたが、どこへ行ったやら見当たりません。

 この一帯は景観の良い場所。
 水さえきれいだったら、散策コースにふさわしいはずですが、水の汚れがすべてをだいなしにしてしまい、雑草だらけで訪れる人もありません。

P9230019.jpg


                                          相川→北上川




スポンサーサイト
  1. 2013/09/26(木) 18:25:18|
  2. 一関市藤沢町の滝

二股川源流部の滝

                                        一関市藤沢町の滝
 

 宮城県最北部、北上川に合流する二股川は、その源流のひとつが岩手県一関市藤沢町にあります。
 そこは宮城県気仙沼市と目と鼻の先。境界線上といってもいいような場所です。
 内陸の川と沿岸の川の分水嶺がこれほど沿岸部に近いところにあるとは地図を眺めるまで知りませんでした。
 道路上を走っていても、あまりに低い山々ばかりで、どこが峠でどこが分水嶺なのかすら分かりません。

 今回は全員(といっても生き残り4名しかおりません)で二股川探検に向かいました。その1として、岩手県編です。
 行くに当たっては、まったくというほど期待をかけていませんでした。
 地形上からも実績上からも、ここら辺に大滝やすばらしい滝があるとは思えないからです。
 なるべく期待値を低くして向かった方が小滝でも喜べるというもの。

 この辺りは県や市町村の境界が入り組んで、自分がどこにいるのかがよく分からなくなります。
 「おい、ニーハオ。ここはどこの市なんだ?」
 「知らねえよ。地図見れや。」
 「おい、滝バカ。ここは何県?」
 「岩手か宮城のどっちかだべよ。俺に聞いたって無駄。」
 「おい、釣り師。ここはどこだ?」
 「尖閣諸島だっちゃ。」 こんな調子です。 

 最初に入ったのが、二股川本流の源流部。千松という場所。
 結論からいえば、ダメダメ川でした。
 勾配が無さ過ぎで、水量も無し。川相も良くないし藪だらけ。
 川床は岩盤の無いザラ瀬です。水質も決して良いとはいえません。

DSC03512.jpg

 滝らしい滝はまったく無くて、とりあえず撮ったのがこの1枚。
 深い釜があることぐらいで、他は褒められるようなものがありません。
  印象度  
 
 次は近くの沢野入沢川。
 はじめの沢より若干良くはなっていましたが、それでも全体的に低調な川でした。
 なにより勾配が無さ過ぎ。目線を上げるまでもなく、視界に山の稜線が入って来ます。
 標高200mクラスの低山ばかりで、平地でも100mくらいありますから、傾斜が緩く奥行きの無い川になってしまうのは仕方のないところ。

DSC03513.jpg

 小滝ながらたたずまいは悪くない滝です。
 穏やかで落ち着ける滝でした。水質けっこういいです。
 滝壷に小さなヤマメが泳いでいました。
 ただし杉の人工林に囲まれて、環境悪し。
 管理された植林ならまだしも、倒木だらけで荒廃してました。
 
 林野行政の杜撰さは、ここに限らずどこの山でも目にします。
 これからますます高齢化が進み、放棄された人工林ばかり残ったらどうなってしまうのでしょうか。
 殺伐とした山の風景を見るにつけ、思うところはたくさんありますが、何の力も持たない小隊長です。
 暗澹たる思い。

 印象度  

                                   沢野入沢川⇒二股川⇒北上川
  1. 2012/10/06(土) 22:00:57|
  2. 一関市藤沢町の滝
  3. | コメント:0

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (138)
巨樹・古木 (71)
野の花々 (34)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (70)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (101)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (120)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (14)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する