南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

中井沢の滝

nkzr1.jpg
 大船渡市の滝


 登山道のすぐ下に流れる滝で、見るつもりなら何の苦労もなしに見ることのできる滝。
 にもかかわらず、滝とはほとんど認識されていない滝でもあります。

nkzr2.jpg

 岩手県大船渡市猪川町。 盛川支流の中井沢にある滝です。

nkzr3.jpg

 アクセス簡単で、斜瀑ですが落差もあり、水質も良好。
 欠点は、周辺杉林で暗く、岩盤の規模に比べて水量がまったく足りないこと。

nkzr4.jpg

 もし水音激しく流れていたならば、誰もが注目するであろう大きさがあります。

nkzr5.jpg

 杉の植林を滝のそばギリギリまで行ったため、暗いし、杉の枝が落ちて来て堆積します。

nkzr6.jpg

 大雑把には3段構造の滝。

nkzr7.jpg
 
 水量さえ多ければ皆から注目される滝なのに、それが無いのが非常に残念。


      岩手県大船渡市猪川町  今出山登山道  中井沢 → 盛川 → 大船渡湾



 
スポンサーサイト
  1. 2017/08/09(水) 19:01:10|
  2. 大船渡市の滝

秋宿ノ滝

 aksk1w.jpg
 大船渡市の滝


 大船渡市で名爆といったらこの滝が筆頭じゃないでしょうか。

aksk2w.jpg

 秋宿ノ滝。
 規模・景観ともすばらしい滝です。

aksk3w.jpg

 その割には、いいんだか悪いんだかほとんど知られていない滝でもあります。

aksk5w.jpg

aksk6w.jpg

 渇水期でも水量は十分あるし、深くて広い滝壷も持っています。

aksk7w.jpg

 以前はもっと神秘性の高い滝でしたが、周辺の杉林が伐採され、少し解放感のある滝に変わってしまいました。
 直近の回りはそのまま広葉樹の林が残っているので、どうにか景観は維持されています。
 10年くらい放っといてもらえば、再び2次林が形成されて、神秘性が戻るはずです。


          岩手県大船渡市        大野川 → 盛川 → 大船渡湾

  1. 2017/03/26(日) 16:44:42|
  2. 大船渡市の滝

今出山の滝

nknk1.jpg
 大船渡市の滝


 大船渡市だけにあるのが今出山。
 標高756mほどの山で、山頂付近には通信塔が立ち並び、街からはよく目立ちます。

 今出山の東山麓にはそこそこ名の通った滝がいくつか流れています。
 一方西側斜面にはこれといった滝がありません。
 数少ない滝のひとつがこれ。

nknk2.jpg

 今出山登山道の途中、崖下に流れており、見つけにくい滝。

nknk3.jpg

nknk4.jpg

 水量僅か。 しかし水質抜群です。

nknk5.jpg


                 岩手県大船渡市  中井沢 → 盛川 → 大船渡湾


  1. 2017/02/08(水) 17:33:20|
  2. 大船渡市の滝

気仙城の滝

ksju1.jpg
 大船渡市の滝


 気仙城の滝。
 昨年発見した滝です。
 同じ大船渡市の御滝様を発見していなければ、間違いなく昨年の年度代表滝になっていたはず。

ksju2.jpg

ksju3.jpg

 この滝は気仙城という場所にあります。
 ところがどこにも城があるでなし、何でこんな名前なんだろう?

ksju4.jpg

 気仙城の沢にはたくさんの滝が流れています。
 その中で、ダントツの滝格。

ksju6.jpg

 直瀑で、周囲を断崖に囲まれた景観のすばらしい滝です。
 水質もいうことありません。

                         岩手県大船渡市              気仙城の滝

  1. 2017/02/01(水) 17:12:17|
  2. 大船渡市の滝

御山下不動の滝

drte1.jpg
 大船渡市の滝


 春を待ちきれなかったのか、とうとう桜の狂い咲きでんがなまんがな。

drte2.jpg

 場所は大船渡市民会館リアスホールの横にある公園。
 正真正銘2017年、今年の画像です。

drte3.jpg

drte4.jpg

 お分かりの方はお分かりですね。
 年に2度花を咲かせる十月桜の仲間です。
 たまに早咲きと勘違いして通報する人もいるとか。

 この公園の横の道を山に向かってとっとこ進んでいくと、御山下不動の滝があります。

drte5.jpg

 全体像。
 林道を少し下りて行くと不動尊の社殿があって、その後方の岩の上にお不動さんの像があり、その下に滝が流れています。

drte6.jpg

 しばらく雨らしい雨が降っていないため、心細い流れ。

drte7.jpg

 水道の黒いホースが何本も見えるように、この水は下流の民家で現役の水道水として使用されています。

drte8.jpg

 東日本大震災で水道が使えなくなった時、市民が命をつないだ水でもあります。
 市内在住のニーハオ隊員もだいぶ御世話になったらしい。

drte9.jpg

 お不動さんです。 違う違う。
 すぐ下が住宅地だというのに猿がいました。
 十数頭の群れ。
 この猿たちだってお不動さんの水を飲んでいるに違いない。


                岩手県大船渡市盛町   御山下不動の滝


  1. 2017/01/25(水) 18:04:46|
  2. 大船渡市の滝
  3. | コメント:0

立根の御滝様

mlpo1.jpg
 大船渡市の滝


 年に1度の恒例行事、「2016年度南三陸滝見隊 大賞選考会」 を気仙沼市の某酒場において12月30日の夜大々的に挙行いたしました。
 大々的っつったって、メンバーはいつもの4名だけ。 現実はみみっちい飲み会です。
 選考会とはいえ、単なる忘年会の名目に過ぎないわけで。

 我々は、その年の年末、滝見隊大賞の滝を選ぶのが習わしになっています。 年度代表滝の選考です。
 早池峰山から南、北上川から東が滝見隊の守備範囲。
 中でも大船渡市、陸前高田市、住田町、気仙沼市を活動の中心にしています。
 その年、初めて見た滝の中から、自分がもっとも感動した滝・すばらしいと感じた滝を推薦し、最高の滝を決定するというもの。
 対象は守備範囲内の滝に限られます。
 すでに知られている滝でも、我々が初めて見た滝なら候補になります。
 それまで公開されていない滝で、我々が初めて遭遇した滝なら大幅ポイントアップ。
 滝の大小は問題外。
 これだけは絶対に譲れない前提条件があって、それは飲める程度以上の水質の滝であること。
 人口過疎地で、かつ山間僻地にあって、飲用できない水なぞお話にならないのであります。

 毎年抜きん出た滝を発見しているので、侃々諤々の論議が交わされることは少なく、だんたいすんなり決定することが多いです。
 とりわけ2016年は滝見隊創設以来、初めてのエポックメーキングな滝を発見したので、まったく異論が出ないまま滝見隊大賞は決定しました。

 それでは発表いたします。
 なんていちいち言わなくても、タイトル見れば分かりますね。
 岩手県大船渡市にある、 「立根の御滝様」 が2016年度南三陸滝見隊大賞に決定しました。

mlpo2.jpg

 正真正銘 伝説の滝で、ごくごく一部の人間は知っていたかもしれませんが、我々が発見するまで公になったことがありません。

 大船渡のニーハオ隊員が何気なくめくっていた書物にその滝の民話が載っていたのが事の発端。
 
 昔々、毛無森という山の麓に住む人が、沢へ行くと、水が真っ赤に濁っていました。
 それが三日三晩も続くので、不思議に思って沢を登って行ったら、大きな滝が流れ、その滝壷に大蛇が死んでいました。
 大蛇=龍=水神=雨を降らせる神であります。
 このままでは村が干ばつになると怖れた住民は僧を呼んで大蛇を弔い、祠を建てて供養しました。
 おおざっぱに書けばこんな話です。

 まあ普通に考えれば、単なる民話・おとぎ話に過ぎない話で、よほどの物好きでもない限り真偽を確かめようとは思わないはず。
 しかし、幸か不幸か、アホバカな滝好きがそれを読んでしまったからさあ大変。
 情報はあっという間に隊員間を流れました。
 伝説の滝は実在するのか、十中八九伝説で終わるだろうけどとにかく探してみっぺとヘッポコ探検隊が山に分け入りました。

 何本かの沢を探し回り、遂に発見したのがこの滝でした。
 他の滝とは明らかに違う規模、そして滝格。
 大蛇を祀る祠もちゃんとあります。 もう間違えようがありません。
 伝説の滝は実在しました。

mlpo3.jpg

 3段構造の滝で、これは1段目と2段目。
 大船渡市では最大級の滝です。
 これほどの滝が山中に潜んでいようとは!

mlpo4.jpg

 1段目。

mlpo5.jpg

 2段目。

mlpo7.jpg

 3段目。

 まさかまさかおとぎ話のような滝が実在し、それを我々のようなウスラバカ隊が発見するなんて夢にも思ってなかったことでした。
 大袈裟もいいとこですが、滝見隊的には、エジプトのファラオの墓を発見したり、徳川の埋蔵金発掘に匹敵する偉業であります。
 滝屋冥利につきるし、滝見隊結成以来の金字塔になりました。
 これまで、山田町の海へダイレクトに落下する滝や、全てが完璧な大槌町の神美滝、陸前高田市の幻の滝であった大松沢大滝、胆沢川上流にある圧倒的なスケールの巨滝など、数々のすばらしいそして知られざる滝に遭遇し当ブログでUPしてきましたが、この滝もそれらに勝るとも劣らぬすばらしい滝です。
 伝説から掘り起こして滝を発見するなんて、おそらくもう二度と実現できないでしょう。
 これぞ南三陸滝見隊の真骨頂、滝探しの集大成といっても過言ではありません。
 正直、これから滝探しはするなといわれても、これだけの滝を見てきたのだから本望だと思っております。
 ま、家人以外誰も止めろとは言わないので、これからも続けて行くつもりですけど。

mlpo8.jpg

 滝の横にある祠。

mlpo9.jpg

 滝見隊の連中はほとんど信仰心を持ちませんが、今回ばかりは供え物を持参し、周辺を掃除しました。
 その時、これまで気がつかなかった岩盤の彫り物を発見。

mlpo10.jpg

 見やすいところにあるのに何で今まで分からなかったんだか。
 よく見ると、祠の形に線が彫られ、長方形の窪みがあります。
 そしてその横には、はっきり 「文久三年」 と読める文字が。
 幕末の動乱期、こんな山中でコツコツ岩を彫っていた人がいたんだなあ。


            岩手県大船渡市立根町         御滝様



 
  1. 2016/12/31(土) 19:39:53|
  2. 大船渡市の滝

須崎川の滝

szcf1.jpg
 大船渡市の滝


 岩手県大船渡市の市街地を流れる須崎川。
 ここには大船渡で指折りの馬越大滝が流れています。
 川床に岩盤が多く、滝がいくつもあります。
 今回は大滝以外の滝2つをご紹介。

 まずは馬越大滝よりずっと下流の滝。

szcf6.jpg

 まあなんですな。 滝っちゃ滝だけど、落ち込みといったほうがいいような・・・。
 崖上にある林道から覗いた時は、ここにもりっぱな滝があったと喜んだんですが。

szcf7.jpg

szcf8.jpg

 これで水質悪かったらUPしませんでした。
 画像右側にゴミが・・・。
 なんでわざわざここまでゴミを捨てに来るのか、理解不能。
 釣り人が捨てたのが流されてきた可能性もあるけど。
 ちなみに上流には数十年前に放置された廃屋しかありません。 


 今度は馬越大滝よりずっと上流の滝。

szcf2.jpg

 林道を登って行くと見えます。
 車を停めるスペースまったく無し。
 仮に停めても、1日に通行する車は0に近いと思いますが。

szcf3.jpg

 ほぼ直瀑の滝。

szcf4.jpg

 黒々とした岩盤や滝の形状はとてもいいです。
 もちろん水質もいうことなし。 滝壷もあります。

szcf5.jpg

 林道のすぐ下にあるし、いつ来ても暗いのが難点。
 せっかく見栄えのする滝があるのに、環境・雰囲気いまいちです。
 


                     岩手県大船渡市大船渡町  須崎川


 
  1. 2016/10/08(土) 20:50:25|
  2. 大船渡市の滝

第二の滝 (中甲子の滝)

bgtr1.jpg
 大船渡市の滝


 大船渡のニーハオ隊員に 「最近の画像あったら頂戴」 と依頼したら、2ヶ所の滝画像が届きました。
 ありがたく使うことにします。

 ちなみに、画像のやり取りはニーハオ隊員とのみ。
 滝バカは自宅の壁に額縁入りで滝画像を飾っているくらいだけれど、人との画像のやり取りは 「我が家の家訓で断固断る。」
 釣り師はハナっから滝を撮っておくような性格ではありません。

 送られてきた画像は、当ブログではおなじみの 第二の滝 と 綾里不動滝。
 今回は 第二の滝 をご紹介。

bgtr2.jpg

 第二の滝 ったって、何それ? でしょう。
 これが本来の滝の正式名称なのですが、おそらく役所内でしか通じない名前です。
 通称は 地名をとって 中甲子ノ滝 といってます。
 岩手県大船渡市、盛川支流鷹生川に流れる滝。

bgtr3.jpg

 落差はそれほどないものの、横幅があり、南三陸では大型の滝。

bgtr4.jpg

 台風後に撮影したということで、水量多し。 豪快です。

bgtr6.jpg

 滝だけなら、規模的にも水量的にもいい滝なんですけど、いろいろ問題を抱えた滝でもあります。

bgtr7.jpg

 何といっても水質が良くないこと。
 川底に、富栄養化の象徴アオミドロという始末の悪い藻が生えています。
 きれいな水ならイワナやヤマメがいてもおかしくないのですが、ここには何とコイやフナが生息。
 その原因は、すぐ上に巨大なダムがあるせい。
 上流では清流なのに、ダムによって堰き止められ滞留してしまうから水が腐ってしまうんですね。

bgtr8.jpg

 画像のアングルが限定されるのも、周囲に人工物がいろいろあるからです。

 何度も繰り返していいますが、ダムがなかった頃の姿が見たかった。


                   岩手県大船渡市        鷹生川 → 盛川

  1. 2016/09/15(木) 20:51:06|
  2. 大船渡市の滝

立根の御滝様

tkot1.jpg
 大船渡市の滝


 岩手県大船渡市。 立根の御滝様。
 これで3度目か4度目のUPになります。
 発見したのが今年年頭のことだから、異常に早い。
 それだけわれわれにとって価値ある滝なんです。

 南三陸滝見隊の真骨頂というか、滝探しの集大成になったのが御滝様の発見でした。
 伝説として埋もれていた幻の滝。 実際あるのかないのか誰も関心を持たなかった滝です。
 史書にしか記載されていない民話を掘り起こしてあちこち探し回り、その滝が実在していたことを明らかにしました。
 伝説は事実だったのです。 こんなことってあるんだなあ。
 誰も誉めてくれないから、我々は我々だけで誉めます。 よくやったよ、滝見隊。
 日常の生活でこれほどの感激を味わうことはめったにありません。 滝探し冥利につきる出来事でした。

 tkot2.jpg

 毛無森。 
 特に特徴のある山ではないので、登山ルートは未整備。
 低山ですが地元のニーハオ隊員はじめ、隊員の誰一人山頂まで登ったことがありません。
 仮に登山ルートがあったにしても、メンバーに登山を愛好する者は皆無。 登るやつはいないと思いますけど。
 滝バカなどは「また下りて来なきゃなんないのに、なんで山登るんだべ?」 と極論を吐いております。
 
 御滝様はこの山の懐に隠れています。

tkot3.jpg

 御滝様のある沢にはいくつもの小滝が流れ、景観がいい。
 ただし周辺杉林が多く、暗め。
 通常、水量はそれほどなくて、こんな小川にデカい滝があるとは到底思えない流れ。
 林道というか山道があるにはありますが、今回訪れたところ、台風でほぼ崩壊状態でした。
 バイクでも侵入困難で、下からの歩きを余儀なくされました。

tkot4.jpg

 御滝様。
 3段構造の滝で、これが1・2段目です。

tkot5.jpg

 現在までのところ、大船渡ではダントツの大きさ。
 市内でこれ以上の規模の滝はもう探し出せない気がします。
 圧倒的存在感があります。 素晴らし。

tkot6.jpg

tkot7.jpg

 これだけの大滝が今年に入るまでまったくノーマークだったとは信じられない思い。
 もちろん今はまだ当ブログでしかUPされておらず、幻の滝といってもいいような存在。
 決して辿り着くまでに疲弊するような場所にあるわけではないのですが。

tkot8.jpg

 これが3段目。
 1・2段目からほぼ90度に折れ曲がって落ちてきます。

tkot9.jpg

 滝壷有り。
 幾たびの洪水により土砂が流入し狭くなっているのがくやしい。
 この滝壷こそ伝説の核心部分なのに。

tkot10.jpg

 今年まだ3ヵ月以上ありますけど、これ以上の滝を見つけることは困難じゃなかんべか。
 事実上、本年度の南三陸滝見隊大賞は決まったようなものです。

tkot11.jpg

 御滝様の全体像を撮れるのはこのアングルだけのようです。
 今回の印象度も 

 3段目の滝の上にある伝説の祠。 大蛇を祀ったものと思われ。
 毎回掃除して御賽銭をあげています。 
 誰も訪れた形跡がなく、前回の御賽銭はそのまま残っています。

tkot12.jpg

 今回祠を被写体に撮影したのですが、画像を確認するたびブレまくり。
 何度トライしてもブレます。 「何じゃ、こりゃ???」
 同行したニーハオ隊員にも写してもらったら、こっちよりひどいブレブレ。
 ちょっと怖くなって、それ以上の撮影は止めることに。
 何かちゃんとした原因があると思うんだけど、     神ってる!


         岩手県大船渡市立根町       不明沢 → 立根川 → 盛川



  1. 2016/09/11(日) 16:27:55|
  2. 大船渡市の滝

鷹生川源流の滝

ttyr1.jpg
 大船渡市の滝


 これも在庫の画像。
 前回の続きみたいなもんです。

 釜石市の熊野川にほぼ沿った道路を登って行くと、やがて赤坂峠に至ります。
 五葉山登山口で、ツツジが見どころの場所。
 そのまま進むと大船渡市側へ下って行くことになります。
 道路は舗装され、もちろん車で通行できますが、対向車が来るとすれ違いに泣かされるほど狭い道。
 その途中、何度か鷹生川の源流部の沢を横切ります。
 森の中に見えるのがこの2連の滝。

ttyr2.jpg

 車の運転にばかり気を使っていると見逃しかねません。
 かといって、前を見ていなければ転落しかねない道でもあるし・・・。

 沢に沿って急斜面を登って行くと、

ttyr3.jpg

ttyr4.jpg

ttyr5.jpg

 これが下段の滝。 

 さらに登ると、

ttyr6.jpg

ttyr7.jpg

ttyr8.jpg

ttyr9.jpg

 上段の滝。 

 どちらも滑らかな岩盤を落下するちゃんとした滝です。
 ゴミが多いのも気になるけれど、それを差し引いたとしても滝の存在感が薄い気がする。
 どちらの滝にも滝壷があれば、格段に見栄えが良かったはず。


           岩手県大船渡市       鷹生川源流部 → 盛川 → 大船渡湾



  1. 2016/09/01(木) 17:53:52|
  2. 大船渡市の滝
次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (155)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (125)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (16)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (17)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する