南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

生出川最上流部の滝

fvdc01.jpg
 陸前高田市の滝


 何度か登場している滝です。
 県道246号線、世田米矢作線、通称折壁峠線。
 高田側から間もなく住田町に入る峠の少し手前。
 生出川の最上流部にとてもいい滝が流れています。

fvdc02.jpg

 2段構造。 水質抜群。

fvdc03.jpg

 上段の滝の全体。
 落差あります。

fvdc04.jpg

 上段の滝の上半分。

fvdc05.jpg

 下半分。

fvdc06.jpg

 下段の滝。

fvdc07.jpg

 滝見隊が発見し、当ブログでしかUPされていません。
 まったく無名な滝。
 当然ながら名前すらありません。
 生出川十滝に入る資格十分です。

          岩手県陸前高田市矢作町    生出川 → 矢作川 → 気仙川



スポンサーサイト
  1. 2017/06/17(土) 20:23:41|
  2. 南三陸町の滝

赤沢川の滝

akswa01.jpg
 遠野市の滝                ミズバショウもあちこちで出始めました。


 遠野市には 赤沢川 が2つ存在します。 行ってから気が付きました。
 2つの沢をいっぺんに紹介しようと思いましたが、ひとつの沢には滝がありませんでした。

 まずは、遠野市上郷にある、早瀬川支流赤沢川。
 昨年入渓しようとしたら、電気柵に阻まれあえなく撤退した沢です。
 今回は、前回の失敗に懲り、山道から迂回して、上流から下に向かって入りました。
 が行けども行けども岩盤のないザラ瀬。 沢に沿った山道は、ほとんど廃道で、倒木ぬかるみ多し。
 あげくが、泥田んぼのようになった山道にバイクがハマってしまったからさあ大変。
 小隊長のケツを付いてきたニーハオ隊員のバイクまでもが撃沈。
 脱出しようと無理やりフカしたら、完全に逆効果になって、手をハンドルから離しても微動だにしないくらいハマッてしまいました。

 幸い後続の2台が無事だったので、ロープを結んで救助してもらうことに。
 1個も滝を探せなかったばかりか、バイクは泥だらけ、小隊長のスパイク長靴が脱げて足まで泥にハマるというていたらく。
 車体を洗う場所もないので、そのまま国道を走る羽目になってしまいました。
 走行中、タイヤからびゅんびゅん泥が飛び跳ねるので、誰も近付きません。
 こんなことをやってるから他のバイク乗りが近付かないんだよなあ。


 その後で入ったのが、宮守地区の赤沢川です。
 水質が良くなく、傾斜も少なく、どう見てもダメ沢だったのですが、入らないことには地図から潰せないので、ほとんど期待もせずに登って行きました。

 そこで発見した滝。

aksawa02.jpg

aksawa03.jpg

akswa04.jpg

 地図を眺めても上流何もないはずなのに水質が悪いというのが不思議でした。
 水さえきれいであれば、もう少しどうにかなりそうな滝です。
 印象度  

 これより先、『松茸山につき入山禁止』 の看板あり。
 『無断侵入した場合は当局へ通報すっかんね』 とあったんでけったくそ悪くて引き返しました。
 季節が違うし、もちろん採る気もありませんが、上流へ進んでもとてもいい滝があるとは思えず。

               岩手県遠野市宮守    赤沢川 → 猿ヶ石川 → 北上川



  1. 2017/04/28(金) 20:10:19|
  2. 南三陸町の滝

荒沢神社の不動滝

szkw1.jpg
 南三陸町の滝                        志津川湾


 巨木を見に出かけたら、偶然にも滝を見つけました。 ラッキー。

 宮城県南三陸町志津川。
 海のすぐそばにある荒沢神社。
 目の前の海岸は津波によってガチャガチャに壊され、只今復興の真最中。

szkw2.jpg

szkw3.jpg

 この説明文を読むと、かつてはここで滝修行を行っていたらしい。

szkw4.jpg

 社殿の裏手を沢に下りて行くと、滝がありました。
 滝行するにはちょっと窮屈なサイズかと。

szkw5.jpg

 昨年暮れからずっと渇水状態が続いているので、流れ落ちる水もごくわずかです。
 水量あれば、見栄えも違っていたはず。
 上流が宅地開発されてしまい、水質いいとはいえず。
 しかし雰囲気は悪くありません。
 現状放置状態ですが、手を入れれば絶対良くなる滝です。

 印象度  

                    宮城県南三陸町志津川  荒沢神社 不動滝


  1. 2017/02/18(土) 20:13:00|
  2. 南三陸町の滝

長清水川の滝

ngsz1.jpg
 南三陸町の滝                    志津川湾に浮かぶ椿島


 「次はいよいよ南三陸だな。」
 そう言われて、期待感とテンションが一挙に下降する小隊長。

 もう何度も書いてるように、気仙沼以南は北上山地が没する土地。
 低い山ばかりで奥行きが無く、これといった川もありません。
 今まで何度もこの辺一帯で滝探しをしてきましたが、驚くような滝に出会ったためしがないのです。
 だから行くのにおっくうな気持ちが否めませんでした。
 しかし中には女川のように意外な川もないわけではなく、南方攻略強化年を宣言した手前、しぶしぶながら出陣することに。
 もしかしてだけど、もしかしてだけど、あっと驚く滝があるんじゃないの。

 まず向かったのが、宮城県南三陸町戸倉。
 そこに長清水という川が流れています。 ほとんど期待を抱かずに入って行きました。
 奥に進むに従い、滝探しにとっていい川ではないということがはっきりしました。
 水量は初めっから期待していませんでしたが、べったりした川で、傾斜が少なく、川底には岩盤が見えません。
 本流を上まで登って諦め、いったん下って来てから今度は枝沢を徒歩で登っていきました。
 そこでようやく滝発見。

ngsz2.jpg

ngsz3.jpg

ngsz4.jpg

 あっただけでめっけもん。 入ったのが無駄にはならなかった、といった程度の滝でした。
 印象度  
 画像で残せるのはこの滝くらいで、後は箸にも棒にも。


 戸倉の公園には、震災以前、2体のモアイ像があってそれぞれが海を見つめていました。
 大津波で流されたのだろうか? と思っていたところ、丘の上の学校の校庭に移されていました。
 さずがに無傷というわけにはいかず、あちこち穴が開いて痛々しい姿に。

ngsz6.jpg

 下の公園が整備されたら、傷が回復して戻って来ることを願っています。


                         宮城県南三陸町戸倉  長清水川 → 志津川湾



  1. 2016/05/06(金) 20:29:56|
  2. 南三陸町の滝

穴滝 + 1

antn06.jpg
                                                       南三陸町の滝


 宮城県南三陸町、滝の沢の滝第3弾は、町でもっとも名の知られた 穴滝 です。

 蜘蛛滝の上流200mくらいの場所にあります。
 山道が壊れているので、沢の中を歩く必要があります。
 長靴を忘れたらちょっとめんどい。

 規模からすると、蜘蛛滝には到底及びません。
 しかし、由緒ある滝として見るせいか、どことなく風格や威厳を感じさせる滝・・・でした。

antn01.jpg

 今回行ってみると、何ということか、杉の倒木に覆われ、姿がほとんど見えない状態。
 あまりにひどいので、3人がかりでとりあえず片付けられるものは片付けたのがこれ。

antn02.jpg

 滝の前にある大きな杉の木も、3人なら何とか動かせるだろうと腕に力を込めて片付けようとしましたが、先端が岩に食い込んでにっちもさっちもルイ・アームストロング。これ以上どうしようもありません。

antn03.jpg

 これでは威厳や風格どころではありませんね。
 名前がなければ一瞥しただけで通り過ぎてしまうような、ありきたりな滝になってしまいました。

antn04.jpg

 せっかくのレリーフが泣きます。

antn05.jpg

 「いったいこれは何なんだべなあ」 としか思いませんですね。

 もし高名な滝という思い込みがなければ、穴滝より上流部にあるこっちの滝の方がずっと見ごたえがありました。

antm.jpg

 景観的には断然いい滝です。
 こちらも杉林に覆われた滝ですが、滝に障害物がないだけずっと見やすかったです。
 印象度  

                                    南三陸町   滝の沢 → 伊里前川 → 伊里前湾


  1. 2014/12/26(金) 18:21:20|
  2. 南三陸町の滝

蜘蛛滝

PC210035.jpg
                                                            南三陸町の滝


  滝の沢の滝第2弾は、蜘蛛滝(クモ滝)です。

 荒沢不動尊から林道を登って行くと、やがてちょっとした広場に出ます。
 ここが行者の道の入口になります。ここまで車でOK。普通に通れます。
 トイレ有り。でも冬場は閉鎖みたいです。

kooo01.jpg
 広場にある案内看板。

 行者の道に入ってすぐに気付くのが荒廃した山の姿。
 植林した杉林が累々と倒れていました。
 こんなにするんなら、最初っから植えるなといいたくなります。

kooo02.jpg

 杉ばかり植えて、手も入れず、後は知らんじゃ、こうなりますって。 ひどいもんです。

 山道に倒れ込んだ杉の残骸をよけながら登って行くと、橋が見えてきます。

kooo03.jpg

 奥に滝が見えますね。蜘蛛滝です。

kooo04.jpg

 この橋、一見すると吊り橋に見えますけど、イミテーション.。 ただの橋です。
 手すりの強度がなくなったのか、寄りかからないで、と注意書きがありました。
 この右手奥が蜘蛛滝です。

kooo05.jpg

「土蜘蛛(ツチグモ)」とは、生物学的には存在しない名称で、現在では妖怪としてだけその名が残っています。
 おそらくは古代より朝廷に恭順しなかった土族達を蔑視を込めてそう呼んだのではなかろうかと。
 土族といっても、蝦夷から落人、サンカ衆、単なる山賊集団の類まであるわけで。
 古代、この辺りで金を採っていた人達がいたことや、近郷に蝦夷塚が残っていることから、これらがヒントになるのかも知れませんね。
 ま、無学者の想像ですけど。

kooo06.jpg

 気仙沼以南、石巻までではもっとも落差のある滝。
 この画像だけでは3段の滝に見えますが、岩石の堆積によるもので、本来は2段だったように思われます。
 2段のときはさぞ見ごたえがあったでしょう。

kooo07.jpg
 滝の横にある巨岩に嵌めこまれたレリーフ。

kooo08.jpg

 荒れた周辺環境が気になります。
 一応観光滝なんだから、なんとかしてほしいっす。
 滝そのものはとてもいい滝です。
 水質はけっして悪いわけではないものの、良いというわけでもない。
 高田市以北の滝と比較するのは可哀そうですが、南三陸(町)を代表する滝であることは確か。




  1. 2014/12/24(水) 20:10:10|
  2. 南三陸町の滝

荒沢不動尊の滝

hnc01.jpg
                                                             南三陸町の滝



 宮城県南三陸町、伊里前川上流の支流部に樋ノ口という集落があります。
 そこから田束山に向かっては、かつて行者の道という登山道がありました。
 現在では車で山頂まで行けるので、この急峻な登山道はほとんど利用者がいないようです。
 行者の道に沿って流れているのが滝の沢。
 その名の通り、滝の多い沢です。

 今回から3回に渡って滝の沢の滝を紹介します。
 といっても、すでに紹介済みの滝ですけど。
 
 第1弾は、滝の沢下流にある 荒沢不動尊の滝から。

 行者の道に入ってすぐに、鐘つき堂を備えた不動堂が見えてきます。
 その横、崖下に滝が流れています。

hnc02.jpg

hnc03.jpg

 崖の上からでもどうにか覗きこめますが、ちゃんと見ようとすると、ザイルが必要になります。
 今回は手を抜いて上から眺めただけ。
 前回、下まで降りたら、ブログ読者から、教育上よろしくないといったようなお叱りを受けました。
 確かに危険といえば危険ですが、こんなブログ、品行方正なお子様は見ないと思うんですけどねえ。

 苔の貼りつきの良い、いい滝だと思います。

                                      滝の沢 → 伊里前川 → 伊里前湾 →志津川湾


  1. 2014/12/23(火) 12:12:23|
  2. 南三陸町の滝

長清水川の滝

                                          南三陸町の滝


 宮城県南三陸町長清水川の滝を紹介します。
 すぐ石巻市北上町に入る半島の境界線近くにあります。
 
 この川は滝見隊にとってあまり好ましい川ではありませんでした。
 流域面積が狭く、水量が不足気味で、川床の岩盤がほとんど見当たらず、低い山ばかりで傾斜がない、と南三陸の地形的な悪条件が揃ったような川。
 そのため、これといった滝が見つからず、どうにか2コばかり無理やり撮って来ただけです。

nsz01.jpg

nsz02.jpg

 悪く無い滝です。
 でもいい滝かといえば、そうでもない。
 アピールするものがありません。
 せめて景観が良ければいいのですが、ろくに間伐もしていない杉の人工林に囲まれ、なんとも落ち着けない雰囲気でありました。 
 水質は普通。これまた良くも悪くも無し。
 印象度  

                                       長清水川→志津川湾
 
 
 
 2枚だけでは間が持てないので、ここでも油を売ります。

nsz03.jpg

nsz04.jpg

 山で見つけたアケビの実。
 最近では三陸の山でも少なくなっています。
 ここにはたわわに実っていました。
 今がちょうど食べ頃。
 ゼリー状でほのかに甘い。でも種が多いのが難点。


 南三陸町といえばモアイです。
 チリ地震津波が縁で、とにかくそういうことになっています。
 以前チリから贈られたモアイが、東日本大震災で流され、今回再びチリから贈られてきました。
 模造品ではなく、正真正銘本物のモアイ像です。

nsz05.jpg

nsz06.jpg

 小隊長は何故かモアイが好きです。
 何を考えているのか分からないような表情が気にいっています。
 大震災の鎮魂碑になってくれればと願っています。

 志津川の仮設商店街のちょっと外れた広場に建っています。
 商店街は賑わっていましたが、像の前まで来る人はまばらでした。





  1. 2013/10/12(土) 20:40:00|
  2. 南三陸町の滝

金ヶ沢の滝

                                          南三陸町の滝


 当初の計画では宮城県女川町まで足を伸ばすことにしていました。
 でもこの日の天気予報では、夕方から雨。
 朝早く出発すれば無問題なのですが、皆仕事の疲れが残っていてあまり早起きはしたくはありません。
 そんなわけで、割と近場で、かつまだ入ったことのない沢、宮城県南三陸町、旧志津川町の金ヶ沢に入渓することにしました。
 
 何度もお話したように、この辺は北上山地が終わりかけになっている場所で低山が多く、どこに行っても目を見張るような滝はありません。少なくとも現在のところそうです。
 そのため、今回もほとんど期待はしていませんでした。
 結果を先にいえば、予想通りの展開となった次第。

P8310008.jpg

 中流域にあった小滝。
 ま、どうこう言えるようなものではございません。
 水はとてもきれいです。何の躊躇もなく飲める水質です。

P8310005.jpg

P8310004.jpg

 この沢でいちばんの滝。
 杉の枝が辺りに散乱して非常に見苦しい状態。
 それもそのはず、この山、上から下まで杉の人工林で覆われた山なのです。
 こういう山は好きじゃありません。
 暗く湿って鬱陶しくて、全然憩えません。気分がさっぱり開放されないのです。
 周辺を整理したらけっこう見られる滝になるんじゃないかと思います。

 滝壷の水が濁っています。
 訪れた時は透明でした。
 どっかのバカ隊員が滝壷にヤマメを発見して、性懲りもなく引っ掻き回したせいです。
 こんなことをこれまで何度もやっていますが、ただの1匹も捕えたことがありません。
 印象度  

                                 金ヶ沢→西戸沢→折立川→志津川湾






 

 
 

  1. 2013/08/31(土) 22:02:06|
  2. 南三陸町の滝

滝浜の滝

                                          南三陸町の滝


 滝浜の滝 と聞いてどんな滝を思い浮かべるでしょうか?
 小隊長は、断崖から海にダイレクトで落下する豪快な滝、いわゆる海岸瀑を頭に描きました。
 でも全然違ってたんですね。
 それも唖然とするくらい違ってました。

 宮城県南三陸町に、海に面した滝浜という地区があります。
 ここを流れる川に、滝浜という地名の由来となった滝が流れている。
 その滝を御神体とする神社が川の横にある。そんな情報を耳にしました。
 どうも小隊長の考える海岸瀑ではなく、ごく普通の滝らしい。
 
 ま、海岸瀑であろうが、川の流れにある普通の滝であろうが、どっちでもいいんです。
 まだ見たことのないその滝を確かめに行きました。

 大船渡隊員と落ち合った後、陸前高田から唐桑・気仙沼でもひとり合流して・本吉・歌津・志津川と町を通過していきます。
 あの大震災から2年以上経過しましたが、どこの町も仮設だらけで復興の姿が未だに見えてません。
 いったいいつになったら、という焦燥に似た思いがあります。

 あれやこれや考えながら、滝浜に到着。
 川に沿った道をずっと辿って行きましたが、途中で行き止まり。
 Uターンして分かれ道まで戻り、近くで農作業をしていたオバチャンから道を聞いて山道を登っていきました。

DSC06153.jpg

 ほどなく滝のあるという一角に到着。
 が、何なんでしょう、この光景は。
 やたら水道パイプが走り、ロープが散乱し、倒木・流木が折り重なっています。

 画像右上には聞いた通り神社が建てられていました。
 その名も 瀧上神社。ほとんど誰も訪れた様子がなく、草が生い茂り荒れ果てた印象。
 ふむふむ、そうかそうか、神社があれば滝はこのすぐ近くにあるはず、と上を眺めてみれば、

DSC06148.jpg

 きれいな水が湛えられた滝壷があります。
 でもしかし肝心の滝がありません。
 何で?と目線を上にあげたとたん、とんでもないものが目に飛び込んで来ました。

DSC06151.jpg

 堰堤です。
 地形から考えると、この構造物は滝をぶっこわして造られたか、滝を覆い隠すようにして建てられたようでした。
 「そりゃねーべ!」
 「ひど過ぎ。」
 「行政は何をやってんだ?」
 「なにもあえてここに造る必要はなかったんじゃねーの?」
 「神をも恐れぬ行為だっちゃなや。御神体を潰したんだぜ。」 と口々にののしる声。
 小隊長も開いた口が塞がりませんでした。

 堰堤の壁の穴からは水が流れ落ち、どことなくクマが泣いている様にも見えます。
 滝が消失して泣きたいのはこっちなんですけど・・・。

 印象度っていったって、滝がないんですから、 

 
 気を取り直して、上流に滝がないか、さらに登ってみることにしました。

DSC06146.jpg

 短いながら渓谷になっている場所があり、そこでやっと滝を見つけることができました。
 あまりいい滝ではありません。  

 その上流にあった滝。
 これはちょっとだけいい滝です。

DSC06142.jpg

 サイズ的には小さく、横が護岸工事されています。
 水質は文句ありません。非常にまろやかな味がしました。
 印象度  

                                        滝浜川→志津川湾




 
 
  1. 2013/07/09(火) 21:32:39|
  2. 南三陸町の滝
次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (148)
巨樹・古木 (73)
野の花々 (35)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (82)
住田町の滝 (103)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する