南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

網代の滝

                                        奥州市水沢区の滝


 龍門の滝 のある大久保川の上流部にも滝があります。
 網代の滝 です。こちらの方が名が通っていますね。

DSC06457.jpg

DSC06463.jpg

DSC06459.jpg

 標高は大したことないのですが、ひっそりした環境で、深山に流れる滝のような雰囲気があります。
 岩盤の間を流れ落ち、やや窮屈な感じのする滝。
 いかにも北上山地系の匂いのする滝です。
 水質はまあまあ。汚れているわけではないけれども、きれいともいいかねます。
 おだやかな流れで落ち着ける滝です。
 ただこの日は、藪蚊やメマトイがうるさくまとわりついてそう長くは居られませんでした。

 川沿いに降りてきて新たに発見した滝。

DSC06466.jpg

 1枚の岩盤を落下するシンプルな滝。滝壷もあります。
 網代の滝 よりずっと下流にあるのだけれど、その割には水量が少ないように見えます。
 水量さえあればかなり見栄えがする滝になりそうです。

 印象度  

                                        大久保川→北上川
スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 18:03:14|
  2. 奥州市水沢地区の滝

龍門の滝

                                        奥州市水沢区の滝


 岩手県奥州市水沢区の黒石町といえば、蘇民祭で全国区にもなった黒石寺が有名ですよね。
 近くには日本一のカヤ葺き屋根を持つ正法寺もあります。
 
 のっけから余談になりますが、何年か前、猥褻だとして一躍日本中に名を轟かせたあの蘇民祭のポスター。
 それに対して小隊長は烈火のごとく怒りました。
 なぜなら、毛深さにおいてあのポスターのオヤジと小隊長は遜色ないからです。
 思春期の頃から、「クマ」とか「雪男」とか「アイヌの子」とか言われてきた小隊長。
 あんなもんで猥褻というなら、小隊長は服をまとっていても猥褻物陳列罪そのものじゃないですか。
 幸か不幸か生まれ付いて持ってきているものに、それが猥褻だという奴の品性下劣さに腹が立って憤懣やるかたなかったのです。
 自分の容貌が完璧だと思っている人は世の中にどれほどいるのでしょうか。
 人の容貌を笑う奴は、まず己の容貌を鏡で見てから言え、と言いたい。

 冷静さを欠いて申し訳ありません。ポリポリ
 さて、本題に戻ります。
 黒石寺からあまり離れていないところに大久保川が流れています。
 その下流域に 龍門の滝 があります。
 平地の滝、人里の滝です。
 道路を降りてすぐ。簡単に行ける場所にあります。

DSC06440.jpg

 滝の前にはりっぱな説明看板が立っています。
 それによると、

DSC06454.jpg

 上から、舟滝、中段が、釜滝、2条になった下段が 升滝 というらしい。
 3段合わせても6mほどの落差。
 正面から眺めるとなかなか雰囲気の良い景観。

DSC06443.jpg
 下段の 升滝。

DSC06445.jpg
 中段の 釜滝。

DSC06446.jpg
 上段の 舟滝。
 以上で終了かと思っていたら、上流にも滝が見えるではないですか。

DSC06449.jpg

 上には2段の滝がありました。
 こちらには名前を付けなかったようです。
 正面から見えない位置にありますからね。

DSC06451.jpg

 最上流の滝。
 この滝がいちばん落差がありました。
 滝の横には水でえぐられたのか洞窟まであります。
 せっかく5滝あるんですから、ひとまとめにして龍門の滝とすればよかったのに。

 人家や田畑を縫って流れる川ゆえ水質は良くありません。
 さらに残念なことに、下流20mほどの距離にトンネルとトンネルに挟まれた鉄橋があり、時折轟音を響かせて新幹線が通過していきます。
 これによってせっかくの景観が大きく損なわれてしまいました。
 まあ後ろを見ないで滝を鑑賞することですね。

 印象度 

                                        大久保川→北上川

 
 


  1. 2013/08/27(火) 20:15:08|
  2. 奥州市水沢地区の滝

網代滝

                              奥州市水沢区
発見された年代が記録として残っている珍しい滝。
 西暦1616年だそうです。
 ちなみに、この年は大阪夏の陣で豊臣が滅び、徳川が名実ともに天下を取った翌年にあたります。
 
 この滝は、奥羽山脈系ではなく、北上川の東側、北上山地系の滝です。
 落差約7メートル。岩の間からひっそりと流れ落ちています。
 水量はあまりありません。
 狭いけれども深い滝壷があります。

 滝壷は滝空間を構成する重要なアイテム。
 これがあるとないとじゃ滝の風格に大きな差が出ます。

 岩間から流れ出る滝ゆえに、見える範囲が狭く、正面からも岩がじゃまになります。
 網代滝は北上山地系の滝らしく、透明な水が流れ、苔に覆われたきれいな滝でした。

網代滝

 印象度は                                   大久保川⇒北上川


  1. 2012/01/27(金) 16:07:32|
  2. 奥州市水沢地区の滝
  3. | コメント:0

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (153)
巨樹・古木 (75)
野の花々 (38)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (23)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (7)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (7)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (83)
住田町の滝 (104)
大船渡市の滝 (92)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (124)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (15)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (14)
大崎市の滝 (7)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
東松島市の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する