南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

紅葉ヶ滝 松川

koyop1.jpg
 一関市東山町の滝


 あ~あ、だから言わんこっちゃない。
 現場は谷底で暗いんだから、三脚なかったらブレるぜって散々言い聞かせてたのに、やっぱ持って行かなかったもんなあ。
 そんなわけで、バイク乗り続け、天候悪く、三脚無し、手持ちで、どれもこれもブレブレ画像になってしまいました。
 確信犯です。 お許しください。

 岩手県南部で 「紅葉」 と付く滝は、知る限り2つ。
 いやホントは3つあるんですけど、一関市の久保川にあるやつはどう見ても「瀬」なんで省きます。
 ひとつはいつ行っても紅葉と重ならない、釜石市の 「紅葉の滝」。
 そしてもうひとつがここ一関市東山町にある 「紅葉ヶ滝」 です。
 今ならタイミングとしてはぴったりじゃないの、と勇んで出かけてみたら、

koyop2.jpg

 何故か咲いている桜の花。
 って、これは年に2度咲く四季桜という品種ですね。
 滝の上の道端にありました。

 紅葉ヶ滝の入口のモミジはご覧のよう。

koyop3.jpg

 あ、赤くねえ! 色付き始めたばっかりでした。

 道路から見下ろした紅葉ヶ滝。

koyop4.jpg

 葉は色付いているけれど、黄葉。

koyop6.jpg

moyop5.jpg

 この滝、いつ訪れても水量が足りません。
 水質もあまりよくありません。
 景観的には悪くないです。
 遊歩道完備。 駐車場はありませんが、道路脇に停められます。
 トイレ・東屋は無し。 小さな展望台があります。
 県道282号線から入って滝までの道路は狭い。すれ違い注意。
 周辺杉林が多くて暗いです。 ちょっと陰気っぽいところが難点。
 滝そのものの形状は悪くないんだけどね。


           岩手県一関市東山町松川


スポンサーサイト
  1. 2016/11/19(土) 14:10:15|
  2. 一関市東山地区の滝

藤壷の瀧

fjt1.jpg
  一関市東山地区の滝


 岩手県一関市祭畤(まつるべ)からの帰途、まだ時間に余裕があったので、東山町にある 藤壷の瀧 へ寄ってみることにしました。
 一度行ったことのある場所。 
 ですが、その時どこからどう入ったのかまったく覚えておらず、滝の在り処が分かるまで少々手こずりました。
アホな小隊長が道を間違えれば、そのまま金魚のフン同様付いて来るアホな隊員3名。
 釣り師以外は過去に来てるはずなのに。
 それでもどうにか滝の上にある駐車場に到着。

fjt2.jpg

 こんなでかい石に名前の彫られた滝など他に見たことありません。
 それだけ郷土の誇りなんでしょうね。
 トイレ・東屋はありませんが、駐車場と案内看板有り。通路は完全整備。

 駐車場脇に咲いていたムラサキケマン。
 誰かが云ってましたが、植物の名をカタカナで表記すると意味分からんと。
 確かに、確かに。 そう思って漢字調べたら、
 「紫華鬘」 いや、これでもアホな小隊長は意味分かりまへんがな。

fjt3.jpg

 毒草らしいです。口に入れたらどうなるか、詳細不明。

 道路から鉄の階段を降りると滝が見えてきます。

fjt4.jpg

fjt5.jpg

 う、むむむ・・・。
 水が・・・水の色が・・・・あまりにも・・・・汚い。

fjt6.jpg

 な、何じゃ、こりゃ。 ひど過ぎ。 評価以前の問題。
 郷土の名勝地ならもっとどげんかせんならんばい。

fjt7.jpg

 この滝の最大の特徴は、横にかつての金鉱の坑道がぽっかり開いているということ。 
 滝に関しては何も言う気になれず、すぐ関心を横の穴に移しました。
 

fjt8.jpg

 滝の横を掘ったら金があるって、どうして分かったんでしょうね。

 前回訪れた時には、坑道に照明がありませんでした。
 で、ちょっとだけ入ってお終いにしました。
 それが今回照明とスイッチが設営されています。
 照明を点け、内部を探検することにしました。
 ちなみに、入坑料はタダ。
 ただし、照明代の寄付希望で、入坑者は長靴を持参したほうがよろしいかと。

 fjt9.jpg

 入るとすぐに坑道が3つに分かれます。
 その交差点にあたる場所がここ。 黄金座 というらしい。

 左手に進むと、いくらも歩かないうちに行き止まり。
 その途中に金を掘る時に使用した道具のようなものが陳列されていました。

 右手に進むと、ここもすぐに行き止まり、と思いきや、突き当たりから左に長々と延びています。

fjt10.jpg

 デジカメにせっかくモノクロ機能があるんだからと、はじめて撮影しました。
 小隊長にはぶつかりそうなほど天井が低い。
 
 行き止まりの壁。
fjt12.jpg
 穴を掘ろうとして中断したのか?

 入口からまっすぐ延びる坑道がいちばん長かった。

fjt11.jpg

 侵入するのを拒むように、コウモリが隊員達の間を飛び回ります。
 恐がりな人は入るのを止めた方がいいかと。(モノクロ)

 釣り師はコウモリが嫌いだし、ニーハオは狭い所が苦手。
 滝バカは暗い所を怖がるし、小隊長は頭がぶつかりそうで気が気でなく。
 坑内にいる間、他に誰もいないのをいいことに、ワーワー・ギャーギャー騒ぎまくり。 中学生の修学旅行か。

fjt13.jpg

 これから鍾乳石が造られるところらしい。
 あと数万年ほど待てば、りっぱな鍾乳洞が完成するでしょうから、それまで楽しみに待つことにしましょうね。

 坑道から出て駐車場に戻ったら、用を足そうとしていたニーハオ隊員が新たな滝を発見しました。
 藤壷の瀧 のすぐ上です。

fjt14.jpg

 滝の姿云々より水質があまりにもひど過ぎて、これでは、な~んもいえねえ。

 この後、隊列を組んで一路帰還の道。
 陸前高田に戻った時には、気温が急激に下がり、辺りは深い霧に包まれていました。
 ヘルメットのバイザーに水滴が付いて前が見難いし、体温は下がるしで、チョー気持ち悪い。
 モノクロに見えますが、カラーです。 濃い霧だとどっちでも同じですね。

fjt15.jpg


                      一関市東山町          不明沢 → 山谷川 → 砂鉄川 → 北上川





  1. 2015/05/04(月) 20:55:42|
  2. 一関市東山地区の滝

猊鼻渓の滝

                                        一関市東山町の滝


 日本百景のひとつ、猊鼻渓の中にある滝です。
 「え? そんな滝あったっけ?」と思われるはず。
 小隊長もこれまで5回ほど猊鼻渓の舟下りを楽しみましたが、今まで見たことがありません。
 今回初めて見ました。
 船頭さんによれば、大雨の降った後でなければ現れないそうです。ラッキー。

PA270005.jpg

 まずは古桃渓と呼ばれる、砂鉄川に流れ込む沢の滝。
 夏場舟下りすると、ここからひんやりした風を感じます。
 通常は、ゴロゴロと大きな石が堆積しているばかりの場所。


 次は、大飛泉なのか小飛泉なのか分からなかった滝。

PA270014.jpg

 これには驚きました。
 落差は50メートル以上あるかも知れません。
 水量は少ないけれど、とにかく高い。仰ぎ見る高さです。

PA270015.jpg

 上部の断崖に洞穴のような窪みがあり、その天井部分の辺りから水が落下しています。
 伏流水だとすれば、これも非常に珍しい。

PA270016.jpg

 もう少し水量があったらとんでもない滝になっていたでしょう。
 他の観光客はどうということもなく眺めていたようですが、小隊長は口アングリ。すごい。

                                   猊鼻渓(砂鉄川)→北上川


  1. 2013/10/30(水) 22:01:57|
  2. 一関市東山地区の滝

紅葉ヶ滝

                                       一関市東山地区の滝


 猊鼻渓を見た観光客がそのついでに来るかといったら、まあ冷静に判断しておそらく来ないだろうけれども、けっして馬鹿にはできない、というか、なかなかいい滝が近くにあります。
 
 それは 紅葉ヶ滝 といいます。

DSC05233.jpg

DSC05230.jpg

 周辺はやや薄暗い山間にあって、紅葉ヶ滝公園としてよく整備されたところ。
 道路から崖下の滝までパイプで階段がちゃんとしつらえてあります。
 地元民の愛情が伝わってくる滝です。

 滝は一見小さいようですが、近くに寄ってみると落差10mくらいはありそうなサイズ。
 水量がないのでほとんど滝音がしません。とても静かで穏やかな滝です。

DSC05238.jpg

DSC05234.jpg

 昔、この付近に大きなモミジの木があり、そこから滝の名が付いたとか。
 その木は倒れて今はありません。
 その代わり、新たなモミジの木が道路脇に何本か植栽されていました。

 水質はまあまあ。上流に何かあるんでしょうか。
 透明ではありますが、飲めそうもありません。
 とにかく、住民が気を配り、日常的に手を入れている感がはっきり分かる、心休まる滝です。
 印象度  
 

 アクセス。
 まずは岩手県一関市東山町を目指してください。
 JR大船渡線の陸中松川駅から、県道を南東に走り、東山病院を過ぎて町裏という地区に入ります。
 道が町の中で90°に曲がってすぐ、松川小学校入口という看板があるので、そこを沢沿いにずっと上がって行けば公園があります。入口がやや狭いので、ここが分かりにくいかも。
 途中からダート道になりますがよく整備されています。普通車で何の問題もありません。
 赤い灯楼が何本か道路脇に立っているので、それが目印です。
 我々はバイクだったので道端に停めましたが、上に駐車場があるようでした。
 地元の方に紅葉ヶ滝公園といえば分かるはず。
 陸中松川駅から現地まで約5Kmです。

                                     中通川⇒砂鉄川⇒北上川


  1. 2013/03/31(日) 18:03:23|
  2. 一関市東山地区の滝
  3. | コメント:0

岩倉沢の滝

                                       一関市東山地区の滝

 岩倉沢は、北上川に注ぎ込むまでに4つの川と合流する山深い場所にあります。
 とはいっても里から遠いわけではなく、ダートながら林道が整備されているため、行き難い訳でもありません。
 普通車でも容易にたどることができる沢です。
 林道沿いに登って行くと、小さなダムがあり、さらに登って行った先にこの滝はあります。

DSC03617.jpg

 水量がかなり少なめでした。その分滝音も小さめ。
 林道横にありながら、存在感はあまり感じません。
 大きな岩盤の上を階段を降りるように流れ下っていきます。
 滝壷は浅目ながらちゃんとあります。
 荒々しい部分はまったくなくて、全体的にはとても穏やかな印象の滝です。
 水質は、決して悪くはないですが、いいともいえず。
 上流に人工物があるようには思えませんでした。でも飲めるような気がしません。
 もう少し岩盤に苔が欲しいです。
 岩盤の大きさからして、もっと水量さえあれば、とちょっと残念でした。

 印象度  

                        岩倉沢⇒夏山川⇒比良石川⇒山谷川⇒砂鉄川⇒北上川




 
 
  1. 2012/10/22(月) 20:36:14|
  2. 一関市東山地区の滝
  3. | コメント:0

藤壷ノ滝

 滝そのものはとりたててどうこういうべき程のもんじゃないです。
 地元の方、ごめんなさい。
 特徴的なのが、滝のすぐ横。滝の飛沫がかかるところに大きな穴があるところ。
 こんな滝、ちょっとないですね。
 なんでも、平泉黄金期を担った金鉱の跡らしいです。
 もしかしたら、ここで掘られた金が金色堂に使われたのかもしれませんね。
 周囲に植えられているというフジの花咲く頃は、景観が美しくなるに違いありません。
 その頃になったらもう一度訪れてみたい滝です。

P5190015.jpg

  印象度     藤花付きならUP確実。       枝沢⇒林川⇒山谷川⇒砂鉄川⇒北上川  (記:釣り師)


  1. 2012/01/25(水) 17:28:28|
  2. 一関市東山地区の滝
  3. | コメント:0

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (141)
巨樹・古木 (71)
野の花々 (34)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (8)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (22)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (72)
遠野市宮守地区の滝 (6)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (79)
住田町の滝 (102)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (121)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (14)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)
東松島市の滝 (1)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する