南三陸滝見隊

********** 岩手県沿岸南部から宮城県沿岸北部を中心に、滝を探し回るへっぽこ探検隊の自然派ブログ。 **********

小黒滝

oogtr1.jpg
 一関市大東町の滝               フキノトウ 当地ではバッケともいいます。


 滝見隊のオフシーズンも間もなく3カ月になろうとしております。
 そろそろ隊を始動し、皆でどっかに出かけたいなあ、などと考えていた矢先、気仙沼隊員から連絡が。
 「俺の知り合いからの情報。 大東町にまだ見たことのない滝があるってよ。 行がねが?」
 「行ぐ、行ぐ。」 と即答し、他の2名にも連絡。
 しかし釣り師には「他に用事あるから無理。 まだバイク寒いんじゃね?」 と断られ、
 大船渡隊員からも「病み上がりなんで、傷口痛い。 もうちょっと様子みる。 今回はパス。」

 で、気仙沼隊員と2人で出かけることにしました。
 目的地へ直行する前に、顔を出したのが、一関市大東町の鳥海川にある小黒滝。

oogtr2.jpg

 よく知られた滝です。
 長さ100m程に渡っていくつかの滝がかたまって流れています。

oogtr3.jpg

oogtr4.jpg

oogtr5.jpg

 その不動堂がこれ。 絵になる光景。

oogtr12.jpg

 桜の時期には来たことがないのですが、紅葉の時期には相当美しいです。

oogtr6.jpg

 単体の滝としてはこれがもっとも大きい。

oogtr7.jpg

 ここで滝行をする人もいます。
 水はきれいに見えますが、上流には人家があり、田畑もあります。

oogtr8.jpg

oogtr9.jpg

 下流の岩盤を滑るように落ちる滝。

oogtr10.jpg

 樹木が邪魔して見難いですが、下流側の流れ。
 左が上流、右が下流になります。

 最下流にある、枝沢からの滝。
 名前があっても不思議ではない。
 でも全部まとめて小黒滝ってことなんだろうなあ。

oogtr11.jpg

 とても景観の良い場所です。 秋は最高でしょう。
 整備されてから相当時間が経って、あちこち痛みが激しくなっています。
 桜の木も劣化が進んで、ちょっと痛々しい感じ。
 再整備してくれたらなあ。


         岩手県一関市大東町    鳥海川 → 興田川 → 砂鉄川 → 北上川

スポンサーサイト
  1. 2017/03/27(月) 19:24:25|
  2. 一関市大東町の滝

秋宿ノ滝

 aksk1w.jpg
 大船渡市の滝


 大船渡市で名爆といったらこの滝が筆頭じゃないでしょうか。

aksk2w.jpg

 秋宿ノ滝。
 規模・景観ともすばらしい滝です。

aksk3w.jpg

 その割には、いいんだか悪いんだかほとんど知られていない滝でもあります。

aksk5w.jpg

aksk6w.jpg

 渇水期でも水量は十分あるし、深くて広い滝壷も持っています。

aksk7w.jpg

 以前はもっと神秘性の高い滝でしたが、周辺の杉林が伐採され、少し解放感のある滝に変わってしまいました。
 直近の回りはそのまま広葉樹の林が残っているので、どうにか景観は維持されています。
 10年くらい放っといてもらえば、再び2次林が形成されて、神秘性が戻るはずです。


          岩手県大船渡市        大野川 → 盛川 → 大船渡湾

  1. 2017/03/26(日) 16:44:42|
  2. 大船渡市の滝

日根牛の大グリ

oogr1.jpg
 巨樹・古木

 
 その木を初めて目にした時には、あまりにも異彩感が強過ぎててっきり造り物かと思ったほどです。
 しかしそばに寄ってみたらまさしく本物。 腰を抜かしそうに驚いたのが日根牛の大グリ。

 宮城県北部にある登米市。
 宮城の明治村といわれるゾーンから北上川に架かる登米大橋を渡ってすぐに、それはあります。

oogr2.jpg

 ほんまかいな?と思わせるほどの大グリです。
 枝に対して幹が太過ぎ。

oogr3.jpg

 保育園との境界線上にあります。

oogr4.jpg

 樹高は10mほどでどうということもありませんが、目通り5.6mもあるという幹周にはただ唖然。
 クリがこんなに太くなるなんて、実際に見ないことには信じられません。

oogr5.jpg

 昔、この場所に神社があった時に植えられた丹波栗だそうで、樹齢およそ350年ほどとか。
 未だに現役で、毎年実を成らせるそうな。

oogr6.jpg

 ねじれて成長して行くその樹皮は、ゴツゴツして岩石を思わせます。
 どうしてこうなるんだろ?

oogr7.jpg

 形状はずん栗むっ栗で びっ栗なデカさの大栗です。
 登米の明治村にお越しの際はちょっとだけ足を延ばしてぜひ!
 間違いなく感動すると思います。


                   宮城県登米市    日根牛の大グリ

  1. 2017/03/25(土) 19:08:22|
  2. 巨樹・古木

内の原川の滝

ucde1.jpg
 石巻市の滝


 内の原川ってどこ? と思う方が大半ではないかと。
 宮城県石巻市内の雄勝峠を源とする小さな川です。
 とてもマイナーな川ですが、渓相はそれほど悪くありません。
 川床に岩盤が多く、水もきれい。
 ただ傾斜がないため落差のない小さな滝ばかりです。

ucde2.jpg

ucde3.jpg

 内の原川ではもっとも大きな滝。 滝壷もあります。 でもコンパクト。 

ucde4.jpg

ucde5.jpg

 横に水神の碑があるので、水神の滝ということでいいのかも。
 こちらはさらにコンパクトです。 

 沢に入る時に発見したオブジェ。

ucde6.jpg

 三陸の海岸線を歩くと、大津波で高い木に引っ掛かった浮玉を時々見ることがあります。
 この場所は海から遠く離れているので、明らかに人の仕業。

ucde7.jpg

 アートとしてぶら下げたのか?
 人の目を引き付けたことは確かです。


         宮城県石巻市    内の原川 → 日向川 → 真野川 → 旧北上川

  1. 2017/03/21(火) 18:22:20|
  2. 石巻市の滝

廿一川 辺辺

njik1.jpg
 道草・寄り道・油売り

 気仙沼の廿一川。
 渓相はそこそこ良くて、これなら滝もあるに違いないと入ったものの、今まで1個も見つけ出せない川です。
 傾斜が緩くて、大きな岩盤もありません。
 バイクでチンタラ走って来ました。

njik3.jpg

njik2.jpg

 川を軸にして、周囲に田畑が広がるのどかな田園地帯、といった風景。

njik4.jpg

 農家の斜面では 福寿草が花開いていました。

njik5.jpg

njik6.jpg

 道路脇にあったツリーハウス。
 子供たちの格好の遊び場といった体ですが、まだ寒いせいか人っ子ひとり見当たりません。

njik7.jpg

njik8.jpg

 いつの間に建てられたのか、熊山周辺に発電用風車が回っていました。

njik9.jpg

 正面に見える徳仙丈山。
 毎年5月になるとヤマツツジの花で真っ赤に染まります。
 これはすばらしいのでお勧め。

njik10.jpg

njik11.jpg

 頂上の平らな山は室根山。
 中学になるまで、気仙沼市の山だと思っていました。
 だれからも教えられず、こちらも聞きもせず。
 実際には一関市室根町にあるんですが、気仙沼市民からすると身近な山です。
 奥の雪を被った山は、東山町の蓬莱山ではないかと。

njik12.jpg

njik13.jpg

 森の中の巨木。
 広葉樹には間違いないけれど、何の木だろう?

njik14.jpg

 廿一川源流域まで登って来ました。
 最初の一滴、つーか、岩の間からドバドバ流れ出てます。


          宮城県気仙沼市  廿一川

  1. 2017/03/20(月) 09:05:30|
  2. 道草・寄り道・油売り

長円寺の巨杉

ccej1.jpg
 巨樹・古木                氷上山   高田市街地から見ると、どこが山頂だか分かりにくい。


 国道45号線。
 陸前高田市から気仙沼市に向かう途中、国道沿いの丘の上に長円寺という寺院があります。

ccej2.jpg

 ほとんど知られていませんが、この寺で我が国自然科学史上の大事件が勃発しました。
 1850年、この寺に隕石が落下したのです。
 135Kgという重さは、現在でも日本最大級。
 今、その現物は東京にあるらしい。

 ちなみに、ここから山ひとつ越えた鹿折という場所からは、これまた日本最大級の金塊が発掘され、これまた現物は東京に持って行かれたらしいっす。

 さらに余計なことをいえば、隣の大船渡市にある五葉山で捕えられたニホンオオカミが、日本最後のオオカミということではく製にされ、現在東京にあるらしい。  ったくもう。 中央に収奪されっぱなしやないかいな。

 話を元に戻して、その長円寺。
 震災復興で裏山が整備され、気が付いたら杉の巨木が立っていました。
 そばの国道を何百回と通過していたにも関わらず、これまでまったく気付かず。
 いや、巨木は遥か昔から立っていたのだろうけど、手前にあった森に邪魔されて見ることができなかったのだろうと考えられます。

ccej3.jpg

 裏側から見ると、孤立しています。
 前は墓地が広がっています。

ccej4.jpg

 広田湾が眺められる位置。

ccej5.jpg

 単独で立っているので、雷大丈夫だろうか?

ccej6.jpg

 大津波で枯れてしまった同じ市内の天神大杉からみると2回りは細いけれど、それでも十分な巨杉です。

ccej7.jpg

ccej8.jpg

 幹に老化は見られません。
 このまま大きくなり続けてほしい。


                  岩手県陸前高田市気仙町  長円寺の巨杉

  1. 2017/03/19(日) 09:10:04|
  2. 巨樹・古木

枡内沢川の滝

uuuj1.jpg
 陸前高田市の滝


 地元の沢です。
 岩手県陸前高田市矢作町。
 これといった滝もなく、おそらく7~8年は入ってなかった場所です。
 滝が無いわけではないんですけど。

 例えば、これ。

uuuj2.jpg

 小滝ですけど、ちゃんとした滝です。
 滝壷が若干濁っているのは、小隊長がゴミを片付けようと中に入ったためです。
 水質は悪くありません。

uuuj3.jpg

 水量もう少し多かったら見られる景観になっていたかも。

uuuj4.jpg

 まあこれといった特徴のない滝で、わざわざ見に来る必要もなく、お暇ならどうぞといったレベル。
 印象度   

 「枡内沢川」というのは、4文字すべてが水がらみです。
 枡 は水を溜めるもの。
 内 はアイヌ語で沢や川を表す言葉。
 沢と川は、そのまま水の流れる場所です。

 もう1個だけ滝を挙げておきます。

uuuj5.jpg

 雰囲気悪くありません。
 穏やかな滝です。

 この滝の前でぼんやり眺めていたら、林道を下流側からものすごい爆音が近付いてきました。
 何事かと立ちあがってみたら、オフロードバイク4台が走り去って行きました。
 2台はマフラーをいじって、わざと爆音を立てるように改造していたような。
 バイクで林道に入る行為は同じでも、我々とはまったく趣味の傾向が違いますな。

uuuj6.jpg

 印象度  

 現在南三陸では、冬としては記録的な渇水が続いています。
 通常でさえ水量が少ない南三陸の川。
 より水の流れがすくないために、せっかく滝を見に行ってもがっかりするばかり。

           岩手県陸前高田市矢作町   枡内沢川



  1. 2017/03/17(金) 17:32:40|
  2. 陸前高田市の滝

撤退 死骨崎

ssze1.jpg
 道草・寄り道・油売り


 釜石市からの帰途、時間があったので死骨崎へ行ってみようと思いつきました。
 死骨崎は釜石市と大船渡市の境界にある半島で、岬巡りの周回道路はありますが、岬先端部までは通じていません。

  この辺りの半島には、死骨崎の他、首崎や脚崎、そして鬼の名が付いた場所が各地にあります。
 アイヌの悲しい伝説に染められた場所です。

ssze2.jpg

 岬の先端部に向かって廃道あり。
 4輪ではつらいというか、無理っぽい道ですが、こちらはバイク。
 行けるとこまで突っ込むことにしましたが。

ssze3.jpg

 途中まではクッションの効いた道。

ssze4.jpg

 次第にガサガサしてきて、

ssze5.jpg

 樹間から僅かに望む対岸の首崎。

ssze6.jpg

 道の両側から樹木が張り出してきて、道路もここで終点となりました。

ssze7.jpg

 これより山道・獣道まったくありません。
 高度的には、海岸から100m以上はゆうにありそう。
 どうしようと一瞬迷ったものの、何とかなるべと急斜面をヤブコギしながら下りて行きました。

 下りる時はひたすら下りていけば、必ず海岸には出るはずです。
 ただし、断崖になって、磯場にはたどり着けない可能性大。
 ところが行けども行けども海岸線にはなかなかたどりつけません。

ssze8.jpg

 水平線が見えてきた辺りで不安感が増してきて、とうとう撤退することにしました。

 しかし本当に大変だったのはそこから。
 なんせ思いつきだけでやって来たので、マーキングテープや地図・磁石など持って来てなかったのです。
 しゃにむに斜面をよじ登って行っても、藪だらけでまっすぐ上がれるはずもなく、バイクを乗り捨てたポイントから大きくはずれる恐れがありました。
 悪戦苦闘しながら廃道まで戻ったら、案の定バイクの位置が分からずウロウロ探すハメに。

 結局、死骨崎先端部には行けず仕舞いだったので、せめて遠くからでも見たいと考えて、南側の首崎に回り込みました。

ssze9.jpg

ssze10.jpg

 海岸部にあったユズの木。

ssze11.jpg

 この辺の磯はどこでもこんな感じ。

ssze12.jpg

 首崎側から眺めた死骨崎。 奥は釜石市の大根崎です。

ssze13.jpg

 無理して死骨崎の先っちょまで行かなくて良かったのかも知れない。
 岬先端部は断崖です。

ssze14.jpg


             岩手県大船渡市  死骨崎


  1. 2017/03/09(木) 19:30:55|
  2. 道草・寄り道・油売り

久保沢の滝

kkbbo1.jpg
 釜石市の滝


 岩手県釜石市。
 甲子町のJR松倉駅のやや東に久保沢という小さな沢があります。
 林道を登って行って、人家が切れると傾斜がきつくなります。
 水質の良い沢ですが、周辺杉林でやや暗い。

kkbbo2.jpg

 三陸沿岸の典型的な滝のスタイルをしています。

kkbbo3.jpg

 取り囲む岩盤。
 深くはないけれどちゃんとした滝壷。
 清浄な水。

kkbbo4.jpg

 渇水状態が長く続く三陸にあって、短い沢なのに これだけの水量がまだあったことに驚き。

kkbbo5.jpg

 おそらく地元民しか知らない滝で、名前もないと思います。
 コンパクトにまとまった滝で、気分がホッとする穏やかな空間がここにあります。
 滝元まで行くには、崖を降りなければならないのがネック。

kkbbo6.jpg

 人家が切れてからそう遠くない場所にあり、行くのも容易。
 斜面に下りる道を削り、ベンチのひとつでもあれば、憩いの場所になりそうな気がするけど。

 印象度  

               岩手県釜石市甲子町   久保沢の滝


 
  1. 2017/03/05(日) 08:36:14|
  2. 釜石市の滝

神々の巨木たち 志津川編

tkio1.jpg
 巨樹・古木


 巨樹・古木ツアー、今回は南三陸町の志津川編です。
 といっても、諸事情により4か所計画して2ヶ所しか回れませんでした。 いずれそのうち。

 まずは、志津川でもっとも有名であろう、普門院という寺院の参道入り口にある、山門の傘松から。

 えっとお、確かここら辺りにあったはずと、眺めると、

tkio2.jpg

 看板は残っていても、肝心の主役が不在です。
 え?、え? なんでなん?

tkio3.jpg

 地面からスッパリ切断されています。

tkio4.jpg

 まだ新しい切り屑(チップ)が周辺に多量にこぼれているので、伐採されてから、あまり日数が経っていないのはあきらか。

tkio5.jpg

 茫然自失、落胆するばかり。
 かっこいい松の巨木だったのに。
 往年の松をご覧になりたければ、「南三陸町、志津川、普門院、山門の傘松」 などで検索してみてください。
 有名な松なのでゴロゴロ出てくるとと思います。
 当ブログの「普門院の山門傘松」でも拾えます。
 
 彼らが生きてきた時間の長さからいえば、ここ数年の長さなんてまばたきするくらいの短時間のはず。
 なのに、震災以後あちこちでドミノ倒しのように巨樹古木が倒れています。
 大震災と巨木の死を関連付けしたものをまだ読んだ訳ではないけれど、必ずや影響があるとにらんでいるのですが。

tkio6.jpg

 同じ普門院のヒノキの巨木。
 とびきり大きい木ではないですが、ヒノキの巨木は珍しい。

tkio7.jpg

 普門院にはもう1本巨木があります。

tkio8.jpg

tkio9.jpg

 箒を逆さまにしたようなイチョウの巨木。

tkio10.jpg

tkio11.jpg

tkio12.jpg


 次は海岸の方へ移動し、荒沢神社へ。

tkio14.jpg

tkio13.jpg

 社殿の奥に巨大な杉の木が見えます。

tkio15.jpg

tkio16.jpg

 太郎坊の杉。
 かつては次郎坊の杉というのも境内にあったらしい。

tkio17.jpg

tkio18.jpg

tkio19.jpg

 次郎坊の杉の痕か?

tkio20.jpg

 この木も大震災によってかなり傷んだらしい。


                  宮城県南三陸町    普門院のヒノキ・イチョウ   荒沢神社 太郎坊の杉



  1. 2017/02/19(日) 17:33:51|
  2. 巨樹・古木
次のページ

自己紹介

小隊長

Author:小隊長

遠くの有名滝より近くの無名滝。 隠れた素晴らしい滝を探すのが楽しみ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
道草・寄り道・油売り (134)
巨樹・古木 (66)
野の花々 (29)
八幡平市の滝 (1)
普代村の滝 (1)
田野畑村の滝 (1)
岩泉の滝 (1)
宮古市内の滝 (10)
宮古市田老地区の滝 (2)
宮古市新里地区の滝 (9)
宮古市川井地区の滝 (20)
花巻市の滝 (6)
花巻市大迫地区の滝 (10)
花巻市 東和町の滝 (5)
北上市の滝 (2)
金ヶ崎町の滝 (1)
奥州市衣川地区の滝 (16)
奥州市水沢地区の滝 (3)
奥州市江刺区の滝 (7)
奥州市胆沢区の滝 (5)
平泉町の滝 (5)
一関市の滝 (24)
一関市花泉地区の滝 (1)
一関市東山地区の滝 (6)
一関市川崎町の滝 (6)
一関市大東町の滝 (21)
一関市藤沢町の滝 (2)
一関市室根地区の滝 (4)
山田町の滝 (15)
遠野市の滝 (69)
遠野市宮守地区の滝 (5)
大槌町の滝 (40)
釜石市の滝 (78)
住田町の滝 (100)
大船渡市の滝 (91)
大船渡市三陸町の滝 (62)
陸前高田市の滝 (119)
気仙沼市の滝 (26)
南三陸町の滝 (13)
女川町の滝 (1)
石巻市の滝 (17)
登米市の滝 (9)
栗原市の滝 (13)
大崎市の滝 (2)
加美町の滝 (1)
色麻町の滝 (1)
秋田県 東成瀬村の滝 (3)
秋田県 湯沢市の滝 (3)

ご来場者数

リンク

このブログをリンクに追加する